かなり簡単、旧FREETEL SIMの解約手続きを画像で概説

2016年1月に契約したFREETELの「使った分だけ安心プラン(データ専用)」。2017年11月に楽天モバイルに吸収されて以降も、メインSIMの通信残量が少なくなった場合のスーパーサブとして、解約しないで継続していたのですが、本日 解約手続きをとりました。

手続き前は「どのサイトで解約手続きをとりのだろう?」と思っていたのですが、FREETELのマイページ経由で2分もかからず解約手続きは完了。今回はその解約手続きについて記載します。

 

関連記事

FREETEL SIM 解約 or 継続か、楽天モバイルへの切替か。私の出した結論

スポンサーリンク

旧FREETEL SIMの解約手続き

他の通信業者の場合、SIMの解約手続きは深い階層にあることが多いのですが、わかりやすい位置に解約の項目があり、かなりあっさりと解約手続きは完了しました。

 

▼まずはFREETELのマイページにアクセスします。マイページ自体が存在しないと思っていたのですが、しっかりと機能しています。

FREETEL マイページ

 

▼登録のメールアドレス・パスワードを入力しログインします。

パスワードを忘れていても、メールアドレスさえ覚えていれば、画像下にある「パスワードを忘れた・変更ご希望の方はこちら」から、1週間有効のワンタイムパスワードを即発行してもらえます(私はこの手続きをとりました)。

 

▼さすがに解約する方が多いのか「ご契約状況」の右のわかりやすいところに「SIM解約」のアイコンがあるのでこれを選択。

 

▼次のステップは画像が縦に長いので2分割にて。

▲▼画像下の緑のアイコン「確認」を選択して、解約の次のステップに進みますが、ここでのポイントは以下。

  • 画像上の下に記載がありますが、解約は毎月25日受付締切、当月末日をもって解約となります。
  • 画像下の上に「SIMカードは貸与品のため、解約時は返却が必要となります」との記載があります。他サイト情報では返却しなくてもよいとのコメントもあり、私は過去の他のSIMで返却したこともないため、ここは様子見です。

 

▼25日までなら「解約キャンセル」も可能との記載があります。また、「翌月になっても3日程度使用できることがある。利用した場合には別途料金が発生」とあり、留意が必要です。

 

▼以上により、簡単に解約完了となりました。

まとめ

旧FREETELの「使った分だけ安心プラン」は、使っていない場合の料金は安く、私と同様に未だに解約せずに継続している方も多いかと思います。冒頭のとおり、メインSIMの通信残量が少なくなった場合のスーパーサブとして継続していたのですが、ソフトバンクの「ギガモンスター+」の利用を始めたために、旧FREETEL SIMは解約の運びとなりました。

解約手続きは煩わしいイメージがあったものの、あまりにも簡単な解約手続きとなったため、拍子抜けしています。

 

▼関連記事

FREETEL SIM 解約 or 継続か、楽天モバイルへの切替か。私の出した結論
2017年11月に楽天モバイルに吸収されたFREETEL。私は2016年1月に、Windows 10スマホであるKATANA02の購入とともにFREETELの「使った分だけ安心プラン(データ専用)」を契約しました。 がしかし、...

 

コメント