Fire TV Stick 4Kと第3世代が揃って 3,480円に(プライム会員限定、10/17まで)。同価格だが 第3世代をおすすめする理由

Amazon プライム会員限定となりますが、2021年10月17日(日) 23:59まで、Fire TV Stick 4Kがクーポンで50%OFFの3,480円、 Fire TV Stickがクーポンで30%OFFの3,480円となるキャンペーンを行っています。メモリ 2GBのFire TV Stick 4K Maxの発売に伴い、従来製品の在庫一掃セールの様相です。

4K版と無印版ともに 3,480円であり、4K版がお得のように思えますが、私としては無印版がおすすめ。

Amazon 公式 キャンペーン情報

価格情報

10月17日 23:59まで有効、プライム会員限定で使用可能なクーポンは、上のAmaznサイトのリンク先にズバリ記載されています。ただし、他のページでは「(クーポン)が表示されている限定」と記載があり、プライム会員でない方は、情報を参照できないようにも思います。

 

▼こちらがプライム会員限定でクーポンセールを行っている「Fire TV Stick(第3世代)」と「Fire TV Stick」。以下は通常価格が表示されていますが、クーポンの利用により双方とも 3,480円となります。

 

▼こちらは Fire TV Stick 第3世代の価格推移。9月末のプライムセールでは 3,980円でしたので、今回の3,480円は最安値。

4K版ではなく、第3世代をおすすめする理由

私は、Fire TV Stick 初代・第2世代・4K、Fire TV 2017モデルの4台、同じメディア端末では Xiaomi Mi TV Stickを所有しているのですが、このうち最も動作が安定しないのが、今回のセール対象となっている 4Kモデル。

4K モデルの購入後、ほとんど使用しないうちに、上の起動時の白い画面のループ(起動ループ)が発生。Amazonにて無料で交換いただいたのですが、その交換品も程なく 起動ループに陥りました。

私が所有する他のFire TV機器では同じ現象はないのですが、4K モデルのAmazon レビューでは、同じ現象の個体が散見さは、基盤などのハードに不具合があるように思います。

このため、私としては、4K モデルが安価で販売されている場合も(今回は在庫一掃的なセールとなり、近々に終売となると思います)、Fire TV Stickの他のモデルをおすすめします。

普段は同主旨の記事を副サイト(Fire TV Stickの記事を多く取り扱う)で投稿しているのですが、今回は注意喚起のため、当サイトでの記事としました。

 

▼4Kモデルの起動ループの状況はこちら。

Fire TV Stick 4Kで起動ループが発生。あらゆる手段で復旧を試みるも絶望的に
我が家では、Fire TV 機器として、初代・第2世代 Fire TV Stick、Fire TV Stick 4K、Fire TV 2017nの4台を家族それぞれ(私は2台)で運用しているのですが、そのうち、購入後 2ヵ月のFire TV

コメント

タイトルとURLをコピーしました