かなり簡単、Fire タブレットにGoogle Play ストアを導入する手順

恥ずかしいことに、この数ヵ月間、Fire タブレットの情報に疎かったために、Fire タブレットにGoogle Play ストアを導入し、Google Play ストアから直接 Google Play アプリをインストールできることを知らずにいた私。Google Play 開発者サービスも同時にインストールして稼働となるため、Gmailなどの開発者サービスを必要とするアプリも普通に動作します。

今回は、今更ながらとなりますが、Fire タブレットにGoogle Play ストアを導入する方法について記載します。

スポンサーリンク

Fire タブレットにGoogle Play ストアを導入する方法

手順としては、Silk ブラウザから Google Play ストアが稼働するための4つのアプリケーションファイルをダウンロードし、順番にインストールするのみ。ルートをとる必要もなければ、設定をあれこれと弄る必要もありません。

 

▼唯一、設定を変更する必要があるのは、「セキュリティとプライバシー」にある「不明ソースからのアプリ」をオンにするのみ。

 

▼外部サイトにアクセスし、必要となるアプリケーションファイルをダウンロードしますが、今回利用したのは「APKMirror」サイト。英語サイトですが、アプリケーションファイルに妙なもの(ウイルス)が混入していないかのチェック機能もあります。

APKMirror

 

▼以下は「APKMirror」サイトにて、私がFire 7にGoogle Play ストアをインストールするためにダウンロードしたファイルです。必ずこの4つのファイルをセットにてインストール、しかもインストールする順番も上から順に行う必要があるようです

Google Account Manager 7.1.2

Google Services Framework 7.1.2

Google Play services 20.1.04

Google Play Store 18.6.33

 

▼ダウンロードする際の留意事項は、以下の画面の①にて、お使いのFire タブレットへの適合を念のために確認し(Fire タブレットのベースとなるAndroidのバージョンをAmazon デベロッパーにて確認し、それに適合するファイルをダウンロード)、②のダウンロードアイコンを押下。

▲▼上の画面から遷移するページで、広告と広告の間に以下のアイコンがあり、これを押下するとダウンロードが始まります。

 

ちなみに、私はPCにてファイルをダウンロード・OneDrive経由でFire 7から実行しました(Fire 7のSilik ブラウザのレスポンスがもどかしかったため)

 

▼ダウンロードしたファイルを押下すると、以下の画面となりますので「インストール」を押下します。

 

▼上記の4つのアプリケーションファイルからインストールを完了すると、以下のとおり Google Play ストアのアイコンが表示され、Fire タブレットで実行できます。

▲私のFire 7では「導入失敗か?」と思えるほどに起動が遅いのですが、そこはメモリが不足しているためだと思われます。Fire HD 10でもカクカクしているようですので、どこかに無理があるのでしょうね。

まとめ

これまで私はアプリ毎にアプリケーションファイルをWebサイトからダウンロードし、Google Playアプリを導入していたのですが、こんなに簡単にGoogle Play ストアが導入できるとは。数ヵ月間、このことを知らずにいた私としては、恥ずかしい限りです。

 

コメント

Banggood サマープライムセール

Banggoodでは 7/3よりサマープライムセールを開催中。7/9までは予告期間、 7/9-7/19までが予熱期間、7/21 午後5時から7/24 午後5時までが正式期間となります。

サマーブランドセール会場

▼関連記事はこちら
約9万円のOneGx1、Teclast F5とBMAX Y11が久々のセールに。Banggoodの最新クーポン情報
タイトルとURLをコピーしました