Fire タブレットでのChromeの使用感。同期や機能は問題ないが、Fire 7とHD 8ではモッサリ気味

Fire 7にGoogle Play ストアからインストールしたGoogle Chrome。Google Play ストアをインストールした際に、開発者サービスも同時に導入したために、アカウントやブックマークの同期も含めて機能的には普通に動作します。今回は、Fire 7とFire HD 8でのGoogle Chromeの使用感について記載します。

スポンサーリンク

Fire タブレットへのGoogle Chromeのインストール

Fire タブレットにGoogle Chromeをインストールする手法としては、大きく以下の2パターン。

  1. Webサイトにて、Google Chromeのアプリケーションファイルをダウンロードしインストール。詳細は「画像で詳説、Fire HDにGoogle ChromeをPC経由でインストールする手順(2019年初 確認版)」を参照。
  2. Fire タブレットにGoogle Play ストアを導入し、Google Play ストアからインストール。詳細は「かなり簡単、Fire タブレットにGoogle Play ストアを導入する手順」を参照。

 

おすすめの手法は上記 2。Google Play ストアの導入過程で、Chromeのブックマークなどの同期に必須な「Google Paly 開発者サービス」も導入するため、Chromeのインストール後、普通にGoogle アカウント・ブックマークと同期できます。

Silk ブラウザの課題

Fire タブレットのSilk ブラウザもレスポンスはわるくないのですが、Fire TV StickのSilk ブラウザとブックマークの同期ができず、また、PCやスマホで使用している他のブラウザのブックマークをインポートできないことが大きな課題。

以下で紹介のアプリ Bookmark Folderにブックマークをインポートし、Bookmark FolderのブックマークからSilk ブラウザやChromeを参照することもできるのですが、ブラウザからダイレクトにアクセスするものではないために不便。

Fire HD、PCのブックマークをインポートしブラウザで見る方法(Bookmark Folder経由)
Fire タブレットのSilk ブラウザでは、Chromeなどのスマホ・パソコンのブックマークをインポートできずに困っている方が多いのではないでしょうか。ここで活躍するのが「Bookmark Folder」アプリ。これを利用すれば、...

Fire タブレットでのChromeの使用感

PC・スマホのChromeとのブックマークの同期はもちろんのこと、PCサイトの閲覧やライトモードなど、全ての機能が動作します。

 

▼以下のとおり、Google アカウント・ブックマークはしっかり同期、パスワードやPCサイトの閲覧なども、スマホと同様に機能します。

 

ここで課題となるのはやはりレスポンス。メモリ搭載量は、Fire 7は1GB、Fire HD 8は1.5GB、Fire HD 10は2GBですが、Android スマホ・タブレットでは3GB超が当然。このメモリ搭載量による影響大と思いますが、Fire 7とFire HD 8でのChromeのレスポンスは以下です。

  1. Chromeに限らずですが、アプリの起動は遅く(対 Android スマホ・タブレット、特にChromeは他のアプリよりも僅かに遅い感覚。
  2. Webページの読み込みに、一般的なスマホやタブレットよりも時間がかかる。CPUが同じとなるFire 7よりFire HD 8が速いように感じるため、やはりメモリ搭載量に起因か。
  3. Fire 7はGoogle Play 開発者サービスをインストール、Fire HD 8はインストールなしですが、Fire 7ではタブの切替時にプチフリーズすることや、アプリが強制終了となることもあり。
  4. 上記3もメモリ搭載量に起因するものか、あるいはGoogle Play ストアの導入時に付随して導入した、Google サービス関連のアプリに負荷がかかっていることによるのものか?

 

全般的には、Webサイト閲覧などではブックマークを有効利用できるChromeがよいのですが、Fire タブレットのWebでの買い物や各種登録などの重要なことは、デフォルトのSilk ブラウザの利用がよいかも。

コメント

OCN モバイル、決算セール

タイトルとURLをコピーしました