Amazonにて Fire HD 10、Fire HD 8 Plusが3/23までタイムセールに。スペック比較でのおすすめは、やはりFire HD 10

Amazonにて 3月23日 23:59まで開催の「新生活セール」。セール対象の商品で、おすすめの一つがFire タブレット。通常価格でも安価な製品ですが、Fire HD 8 Plusが8,980円、Fire HD 10が10,480円で販売されています。Fire HD 8とFire 7を所有している私としては、やはりレスポンスが優位なFire HD 10がおすすめ。

Fire タブレットのスペック比較

 

先に紹介の「Fire HD 8 Plus / 8 2020モデルのSoCはMT8168、現行のFire タブレットとのスペック比較」にて掲載の、現行のFire タブレットのスペック比較表の再掲載です。

 

上記の比較表と私が所有するFire HD 8 2018モデル / Fire 7の使用感から、レスポンス面でのコメントは以下です。

  • Fire 7はFire 8 2018モデルと同じCPUを搭載していますが、Fire 7はメモリ 1GBであるためか、Fire HD 8 2018モデルと比較しても、かなりモッサリしています。
  • そのモッサリ感は、アプリの起動やWebブラウジングにおいても耐え難いほど。Fire 7を購入する場合には、動画視聴やAlexaのお試し用とすべきです。
  • また、Fire 7はディスプレイの解像度が低く、Webサイトの閲覧などでは、文字の粗さが目立ちます。
  • Fire HD 8 Plusは、CPUはFire HD 8と同じ4コアですが、メモリを3GB搭載しているため、8インチならFire HD 8 Plusで決まり。
  • やはりレスポンス面で優位なのは、Fire HD 10。メモリは2GBとなり、安価なAndroidタブレットと比較しても少ないですが、CPUは8コアとなり、以下の記事・記事から抜粋のGeekbench 4のスコアのとおり、1万円台前半のスマホに搭載されることの多いCPU「Helio P60」と同水準となります。CPUのみの評価では、ゲームなどの負荷を要する使い方以外では普通に動作します。

 

Fire HD 10 2019のCPU MT8183のベンチマークスコアを、他のAndorid端末と比較してみた
2019年11月2日現在、レビュー記事やAmazon レビューも出回りはじめた Fire HD 10 2019モデル。レスポンスはよいものの、ディスプレイの黄色みが強いことや周辺減光などのコメントが散見されます。ディスプレイは実機を...

 

▼上の記事から再掲載の、Geekbench 4のCPUベンチマークのスコア比較。Fire HD 10との比較用にエントリークラスのCPUのスコアを掲載しています。

▲▼Fire HD 10の搭載のMT8183は、以下のASUSのChromebookにも搭載されています。

ASUS Detachable CM3、脱着式キーボードの2in1 10.5型 Chromebookの特徴。CPUはFire HD 10と同じMT8183を搭載
ASUSからリリースされた「Chromebook Detachable CM3」。脱着式のキーボードに、縦横に調整可能なスタンドを装備する、新しいスタイルの2 in 1 Chromebookです。驚いたことに、CPUは Fire H...

まとめ

過去記事から抜粋の簡易的な記事ですが、今回の新生活セールでFire タブレットを購入候補としている場合、私のおすすめはレスポンスの優位なFire HD 10、次いでメモリを3GB搭載する Fire HD 8 Plus。特に、Fire HD 10はメモリ 2GBであるものの、ディスプレイの解像度もFHDとなり、テキスト表示などの粗さもありません。

なお、Fire 7はレスポンスとディスプレイの解像度が劣るため、おすすめはしませんが、Fire OSの確認用、動画視聴のサブ機としての購入なら「あり」です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました