Teclast F7 Plus vs Chuwi LapBook SE、実機 比較動画でみる相違事項。セール情報も掲載

2019年1月にリリースされた「Teclast F7 Plus」。14インチのGemini Lake N4100 / メモリ 8GBを搭載するファンレスノートですが、2018年の人気モデル「Chuwi LapBook SE」と同一製造元の製品です。

私が頻繁に参照するTecTabletsより、Teclast F7 PlusとChuwi LapBook SEの比較動画がアップされていますので、類似点とディスプレイ・メモリ搭載量以外の相違を確認してみました。

 

関連記事

Teclast F7 Plus、メモリ 8GBの14型 Gemini Lakeノートが新登場。LapBook SEと同製造元で人気機種となる予感

Teclast F7 Plus vs Chuwi LapBook SE、同製造元であることを画像で比較・確認してみた

スポンサーリンク

Teclast F7 Plus、Chuwi LapBook SEのスペック比較

参考までに、Teclast F7 PlusとChuwi LapBook SEのスペックを比較してみました。

※ 海外通販サイトの仕様では、厚みはChuwi LapBook SEよりもTeclast F7 Plusが薄くなっていますが、後段のTecTabletsの動画ではTeclast F7 Plusが2,3mm厚いとしています。

 

当記事をご覧の方はご存知のとおりですが、大きな相違点はディスプレイとメモリ搭載量となります。その他、スペック表に記載のない事項も含め、共通事項は以下のとおり。

 

  • 同一製造元でもあり、ポート類の配置・サイド(下への絞り込み)とディスプレイ面のエッジの処理(2.5D)は同じ。
  • 天板と底板はアルミ製、キーボード面はプラスチック製。
  • 横幅いっぱいに拡がるキーボード、大きいタッチパッドも同傾向。
  • キーボードはバックライト付き。ただし、明るさは控えめ。
  • 背面にあるスロットより、M.2 SSDの換装が可能。サイズは2280 / 2242に対応。

 

なお、Chuwi LapBook SEにはSSDがデフォルトではない、64GB eMMC版もあります。ちなみに、LapBook SEでは32GB eMMCにWindows 10がインストールされており、Windows 10の更新ファイルを考慮すると、SSDの起動ドライブ化は必須です。

 

▼以下の写真はChuwi LapBook SEとなりますが、サイドの処理とポート類の配置はTeclast F7 Plusも同じです。

▲▼Chuwi LapBook SEの外観・その他の詳細は以下の記事を参照。

Chuwi LapBook SE レビュー、外観編。3万円とは思えない質感に大きなキーボードは格別な使いやすさ
9月19日に注文したChuwi LapBook SEですが、一時的な在庫不足のあおりを受けて11月1日にようやく受領。納期の関係から注文を他の製品にしようかと迷いもあったのですが、待っていて正解でした。大きめのキーボードは入力しやす...
Chuwi LapBook SE レビュー、3万円の価格以上の質感・使い勝手のよさは国内製品を軽く凌駕
Chuwi LapBook SEを使用して10日ほど経過しましたので、全般的な使用感について記載します。概要としては、13.3インチとしてはやや重いものの、高い質感の外観にGemini Lakeのレスポンスのよさ、大きなキーボードに...
Chuwi LapBook SE、使いやすさ抜群のキーボードの特徴と私が絶賛する理由
Chwui LapBook SEを使用して、最も評価できるのはキーボードの使い勝手のよさ。自宅に複数あるノートPC、あるいは通販サイト・メーカーさんからお借りしたPCと比較しても、そのタイピング感のよさはダントツです。今回は、Chu...

比較動画にみる相違事項

TecTablets (実機レビュー記事、および動画)では、「Teclast F7 PlusはChuwi LapBook SEから大きな改良はなく、LapBook SEの価格からすると310~330ドルあたりとなるべき」としています。

「大きな改良はなく」については、Chuwi LapBook SEが重いこと以外に大きな欠点がないように感じるために、これ以上の大幅なは現時点では難しいでしょうね。ちなみに私の要望としては、「より軽く、上下左右のベゼル幅をより狭く」です。

 

さて、上の動画で言及している事項(黄色アンダーライン)と私のコメントは以下です。なお、ディスプレイサイズの相違、メモリ搭載量の相違は除きます。

Teclast F7 Plusが優位な事項

  • ディスプレイの明るさは250ルクスとなり、LapBook SEよりも50ルクス明るい。 私はLapBook SEの明るさを最大にして使用していますが、これでちょうどいい感じです。ということは、一般的には暗め。 F7 Plusでは改善されています。
  • キーボードが僅かに広い。LapBook SEのキーボードも横幅いっぱいに拡がっており、十分に広くタイピングしやすいのですが、さらに大きくなるとは。
  • タッチパッドが大きい。もはや LapBook SEの大きさでも十分です。

 

LapBook SEが優位な事項

  • タッチパッドの色がキーボード面と同色系。確かに、F7 Plusのタッチパッドの色は違和感ありです。些細なことですが、デザインの統一性は重要な要素。
  • F7 Plusのグレア液晶はフィルムによるもの(?)。これは意外ですが、潔くフィルムなしでノングレアがよかったかも。
  • コスパ度はLapBook SEが優位。F7 Plusの価格は310~330ドルが妥当。厳しいコメントです。LapBook SEのセール時には280ドル前後、これにディスプレイサイズとメモリ 8GBを加味すると、2019/2/24時点のGearBest価格 359.99ドルはやや高め。メモリ 4GB分のコスト増は50ドル前後とみています。とすると、やはり330ドルあたりが妥当か。

F7 Plus、LapBook SEのどちらが買いか?

さて、Teclast F7 PlusとChuwi LapBoo SEの購入を迷っている場合、私の認識としてその時々のセールしだいとなります。Teclast F7 Plusが330ドルで販売しているなら「買い」、それ以外ではChuwi LapBook SEの価格によります。

ただし、Chuwi LapBook SEは人気があるだけに納期が遅くなる可能性があること、Teclast F7 PlusのF7 Plusのグレア液晶はフィルムによるもの(上記動画あるいは他サイトのレビューで要確認)であることに、留意する必要があります。

 

▼GearBestでの2019年2月24日時点の価格情報。

下のChuwi LapBook SEは 64GB eMMC版です(32GB eMMC + 128GB SSD版は入荷待ち)。

Gearbest Teclast F7 Plus
Teclast F7 Plus

 

Gearbest Chuwi LapBook SE
Chuwi LapBook SE

 

GearBest 関連記事

コメント

AliExpress 11周年記念セール

AliExpressの11周年記念セールが、日本時間 3月29日 16時から開催。Xiaomi, POCO, CHUWなど、多くの公式ストアで多くの製品がセール対象に

11周年セール、メイン会場

▼関連記事はこちら
AliExpress、11周年 大セール情報。Xiaomi,POCO,CHUWIなど、多くの公式ストアで開催
タイトルとURLをコピーしました