Jumper EZpad 6 Pro、Celeron N3450搭載の2 in 1が26,606円のセール中(キーボード付価格、期間限定)

2 in 1のWindows タブレットとしては、ASUS T90ChiとChuwi Hi10 Proを所有しているのですが、Hi10 Proの購入時に候補としていたのが、Jumper EZpad 6と6 Pro。11.6インチの2 in 1 タブレットですが、2018年2月5日時点 双方ともキーボード付でセール中です。

EZpad 6 Proと同じくCeleron N3450を搭載しキックスタンド式のEZpad 6 Plusも発売されていますが、私がそうであるように「キックスタンド式はちょっとね」という方には、今回のセールはお買得。

スポンサーリンク

EZpad 6 / 6 Proのスペックと価格

Jumper EZpad 6 / 6 Pro / 6Plusと、私が所有するChuwi Hi10 Proのスペック比較です。

  • 通販サイトにより記載のサイズが異なっているため、サイズは掲載しておりません。

 

期間限定セールのため(じっくり推敲している余裕もないため)、詳細は割愛しポイントのみ記載します。

  • Gearbestの場合、秋までは継続してセールを行っていたChuwi Hi10 Proが価格上昇気味(元の価格に戻った)である一方、Jumper の2 in 1の価格が下がってきています。
  • 2 in 1としては大きめの11.6インチのディスプレイを搭載。私の家族で共用するChuwi Hi10 Proは10.1インチですが、家族共用としてはやや小さく感じます。私が同じく11.6インチであるMacBook Air 11の使用感では、11.6インチなら視認性も十分。
  • EZpad 6のZ8350、EZpad 6 ProのCeleron N3450は、Web閲覧、データ量の大きくないオフィスソフトの操作、動画視聴などのライトユースではレスポンスに大きな差を感じることはありません。ただし、僅かな差でもより快適さを求めるなら、Celeron N350のEZpad 6 Proが無難。
  • EZpad 6のメモリが4GBなのに対して、EZpad 6 Proは6GB。私のようにWebサイト閲覧・テキスト入力をメインとした使い方なら、4GBでも十分。メモリ不足に陥ることもなく、Windowsの挙動にも影響ありません。
  • デュアルOSタブレットであるChuwi Hi10 Proとの比較では、EZpad 6 / 6 ProともにWindowsのシングルOSであるため、ストレージの64GBをフルに活かせます。

 

▼所有するCeleron N3450 (画像上、Jumper EZBook 3 Pro)とZ8350 (画像下、Chuwi Hi10 Pro)のドラクエベンチマーク。スコア的にはそれなりの差がありますが、ライトユースの体感では、レスポンスに大きな差はありません。

 

▼こちらはEZpad 6 ProのGeekbuingの価格。Celeron N3450搭載の2 in 1・キーボード付で26,606円とはお得です。

Jumper EZpad 6 Pro (キーボード付、Geekbuying)
icon

▼こちらはEZbook 6のGearbestの価格。同じくZ8350を搭載し比較対象となるChuwi Hi10 Proは大幅なセールから元の価格に戻り28,829円(キーボード付)に。キーボード付のEZbook 6が22,630円とは、私がウォッチしてきた1年弱ではかなりの安値です。

Jumper EZpad 6(キーボード付、Gearbest)

 

取り急ぎの記事となり、必要に応じて後日 追記しますが、EZpad 6とProの価格差は約4,000円。この程度の差であれば、よりスペックの充実しているEZpad 6 Proがおすすめ。

双方とも期間限定の価格となりますが、EZpad 6 / EZpad 6 Proを購入候補としている場合には、今後も価格をウォッチすることをおすすめします。Gearbest / Geekbuingともに、発売から一定期間経過した端末の場合、引き続きセールを行う傾向が強いです。

 

▼Celeron N3450、Atom Z8350を搭載した機種の関連記事

EZBook 3 Pro 2ヵ月使用後の再レビュー、その質感とレスポンスになおも満足
2017年8月初旬にJumper EZBook 3 Proを使い始めてから約2カ月経過。それまでは液晶テレビに接続したCore 2 Duo機をメインPCとして使用していましたが、今やEZBook 3 ProがメインPCとして、ブログ...
Chuwi Hi10 Pro 実機レビュー、国内格安ノート 辛口ランキング1位の製品よりもコスパ度は圧倒的
ついに到着したChuwi Hi10 Pro。多くの方のレビューから1年以上遅れての投稿となりますが、何回かに分けてレビューします。 Chuwi Hi10 Proの一つの特徴としては、WindowsとAndroidとのデュアルO...

 

Win 10 製品情報セール情報
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
コスパの高いノートPC
Chuwi LapBook SE

・13.3インチ IPSパネル、Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・通常のセール価格は279.99ドル
・アルミを主体としたボディにシックな色調で質感高い
・13.3インチとしては大きめのキーボードのタイピング感が快適

Jumper EZBook 3 Pro

・13.3インチ Apollo Lake N3450、メモリ 4GB搭載で2万円台。私のメインPCとして活躍中
・ストレージは64GB eMMCですが、SSDに換装可能
・2017年度のファンレスPCでは定番の製品であり、国内外ともに評価は高くユーザーも多いです
・価格はセールにより流動的ですが、セール中には210ドル前後になることも

Jumper EZBook X4 IPSパネル版

・EZBook 3 Proの後継となるEZBook X4。注目度も抜群
・14インチ Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・TNパネル版も併売していますが、おすすめはもちろんIPSパネル版
・IPSパネル版の価格は279.99ドルが基準に(セールにより変動あり)
・詳細ページに実機レビューあり

Win And I net

コメント