Jumper EZBook X4、ブラックのキーボード単体がAliExpressで販売に

 

2017年度に派生モデルが複数登場したJumper EZBook 3シリーズ。2018年度に販売されたJumper EZBook X4も同様に複数モデルが展開されると期待していたのですが、2019年1月4日時点では、海外の各通販サイトのラインナップから外れている、あるいは入庫待ちとなっています(※)。

ところが、AmazonとAliExpressでは、Jumper EBook X4のキーボード単体が販売されています。中国メーカー製のPCで、キーボード単体のみ販売されているのはかなり珍しい状況。

今回はこのキーボード単体販売を短編にてお伝えします。

 

(※)2019年1月4日時点では、GearBestでは販売なし、Geekbuyingは入荷待ち、AliExpressでは個数僅か。

スポンサーリンク

AliExpressでは3色展開のキーボード

▼こちらがAliExpressで販売の、Jumper EZBook X4のキーボード単体

AliExpress販売サイト (ラインナップから外れる可能性もあり、EZBook X4での検索結果です)

 

ロシア版のキーボードもあるようですが、2019年1月4日時点で在庫があるのは英語キーボードのみです。1月4日時点での色と在庫は以下となっています。

  • シルバー(デフォルトの色と微妙に違うような)は10個
  • ブラックは99個
  • ローズゴールドは11個

 

ブラックの場合、価格は2,738円で日本への送料は最安で807円となっています。当製品に対する個人的な感想は以下。

  • デフォルトのシルバーのキーボードは、バックライトを点灯しないと、あるいは点灯しても照明の当たり具合ではキーの視認性がわるいため、ブラックのキーボードがいいかも。

 

  • ただし、キーボードの取付にはマザーボードを外す必要があり、難易度が高い、あるいは面倒のように思える。

 

  • ブラックのキーボードの在庫が99個となっていることから、売れたのは1個のみ?

 

  • シルバーとローズゴールドの在庫は少ないが、それほど売れるような商品には思えない。各通販サイトのラインナップから外れていることから、もしや本体が製造中止となりキーボードのみ流れてきたものか。

 

  • サードパーティーで採算があうほど、X4は極端に売れているとは思えないので、(キーの印字も純正同様と思えるので)やはり純正パーツから流れてきたものか。

 

  • なぜか、Amazonのほうが安くなっているが、どうしたことか。

 

▼一般的には、Amazonと海外通販サイトを比較するとAmazonが割高なのですが、本製品はAmazonが安くなっています。これでブラックがあると突撃してもよいのですが。

 

▼こちらのローズピンクのキーボードは販売されていないようです。

T-bao Tbook 5はEZBook X4と同じOEM元の製品ですが、Tbook 5も通販サイトのラインナップから外れています。

T-bao Tbook 5、EZBook X4と同ODMのメモリ 8GB搭載版が新規リリース
T-baoからJumper EZBook X4 IPSパネル版と同じODM製品の、メモリ 8GB搭載機となる「Tbook 5」がリリースされています。Banggoodでは「Tbook K5」と表現されていますが、驚くことにローズピン...

まとめ

完全に個人的興味の記事でしたが、今回のキーボードの単体販売と関連してか、Jumper EZBook X4が各通販サイトのラインナップから外れていることが気がかりです。

端末自体はかなりよい出来であり、人気がなかったわけではないのですが、ODM元に何か起こっているような予感です。

 

関連記事

EZBook X4、使用5日間で再認識の上質で打鍵感のよいキーボード
Jumper EZBook X4 IPS版を使い始めて5日ほどになりますが、当初以上に良い出来に感じているのがキーボードのタイピング感。角度・照明の当たり具合によってはキーの文字の視認性がよくないのですが、それを補って余りあるタイピ...

 

コメント