Jumper EZBook X1が239.99ドル、期間・個数限定で安値更新(2018/11/22時点、GearBestにて)

11.6インチのGemini Lake ノート「Jumper EZBook X1」が最安価格を更新し、239.99ドルで販売されています(2018年11月26日時点、GearBestのブラックフライデーセールにて)。

この数日、同機の価格が高止まりしていたのですが、セールでガツンと割り引く予定だったのですね。過去記事で何度か掲載していますが、あらためてJumper EZBook X1のスペックと特徴を記載します。

 

関連記事

Lenovo Tablet 10 vs Jumper EZBook X1、Gemini Lake搭載ノートのスペック・コスパ比較

 

Jumper EZBook X1のスペックと特徴

人気のTeclast F5とJumper EZBook X1は同じOEM元の製品となるのですが(Teclast F5とJumper EZBook X1は同じOEM元? デザイン・スペックの類似性を確認してみた)、スペックの相違は以下のとおり、メモリ搭載量・SSD容量が異なります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 上表では、Teclast F5のインターフェースはmicro USBなしとしていますが、EZBook X1と同様です。

 

両製品の相違についてはさておき、ここではJumper EZBook X1の特徴をTeclast F5にも共通する事項を含め記載します。

 

  • CPUはGemini Lake N4100を搭載し、メモリは4GBと控えめであるものの、普段使いには十分なレスポンス。
  • ストレージは64GB eMMCと64GB SSDのデュアル構成ですが、SSDは底面のスロットより大容量のものに換装可能。
  • ディスプレイはタッチパネルとなり、360度の回転機構付。Windows 10の小さなアイコンをタッチすることは、iPadやAndroidタブレットほどに容易ではないのですが、電車内でのスクロールなど何かと便利です。
  • USBはフルサイズのUSBではなく、micro USBであることがマイナスポイント。
  • ボディの天板と底面はアルミ製、キーボード面はプラスチック。Apollo Lake機では全面アルミ製であることが多いのですが、Gemini Lake機ではコストの関係か、キーボード面のみプラスチックの端末が多くなっています(Teclast F5も同様)。
  • 11.6インチのディスプレイであることもあり、1.03kgと軽量であることも魅力的。MacBook Air 11とほぼ同じ重量となりますが、私の感覚では通常のPCとして不便なく扱えるディスプレイサイズは11.6インチから。私は10.1インチのChuwi Hi10、ASUS C101PAを所有していますが、10インチクラスでは視認性を犠牲にしています。

 

▼こちらは、海外のレビューサイト「Tectablets」の実機レビューです。シルバーの天板・底版にキーボード面のブラックの配色もよいものがあります。

今回のセール情報

これまでのGearBestの販売価格は、279.99ドル、もしくは259.99ドルの期間が長かったのですが、今回のフラッシュセールでは239.99ドルで送料無料。11/29あたりまでの300個限定です。勝手な想像ですが、これまでの販売価格やTeclast F5との価格差(50~60ドル)を考慮すると、このあたりが限界の価格と思われます。

 

▼GearBestでの価格情報(2018/11/22時点)

Gearbest Jumper EZbook X1
Jumper EZbook X1

 

▼関連記事

Jumper EZBook X1、Gemini Lake N4100搭載の11.6型 回転機構付タッチスクリーン IPSパネルなど、魅力満載の端末が出荷間近に(2018年5月13日現在)
先日の記事にて、Gemini Lake N4100搭載のJumper EZBook X4の概要をお伝えしましたが、同様に気になるのが、同じくN4100搭載のJumeper EZBook X1です。X4が14インチのTNパネル搭載なの...

 

セール情報
kenkenをフォローする
コスパの高いノートPC
Chuwi LapBook SE

・13.3インチ IPSパネル、Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・通常のセール価格は279.99ドル
・アルミを主体としたボディにシックな色調で質感高い
・13.3インチとしては大きめのキーボードのタイピング感が快適

Jumper EZBook 3 Pro

・13.3インチ Apollo Lake N3450、メモリ 4GB搭載で2万円台。私のメインPCとして活躍中
・ストレージは64GB eMMCですが、SSDに換装可能
・2017年度のファンレスPCでは定番の製品であり、国内外ともに評価は高くユーザーも多いです
・価格はセールにより流動的ですが、セール中には210ドル前後になることも

Jumper EZBook X4 IPSパネル版

・EZBook 3 Proの後継となるEZBook X4。注目度も抜群
・14インチ Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・TNパネル版も併売していますが、おすすめはもちろんIPSパネル版
・IPSパネル版の価格は279.99ドルが基準に(セールにより変動あり)
・詳細ページに実機レビューあり

Win And I net

コメント

  1. 匿名 より:

    私も、Jumper EZBook X1使ってます。確かに良い製品だと思います。が、gearbestで、11月28日時点で、出荷予定日が、21.Dec-23.Decです。年内入手は不可と思われます。長期戦を覚悟した方が良いかと思います。

    • kenken より:

      情報ありがとうございます。Jumper EZBook X1も人気製品ですので、出荷が遅くなっているようですね。
      私はJumper EZBook X1が239.99ドルに値下がりする直前に、古い機種ですがOnda Xiaoma 21を予約済でしたので、購入は見送っています。Onda Xiaoma 21も12/1の入荷予定だったところが、やや遅延気味になっています。
      Chuwi LapBook SE、Jumper EZBook X1にせよ、主だった製品の出荷予定がいつの間にか変更となっていたり、最近 出荷遅延傾向が増えているようにも感じます。入荷を見越してセールを行っているのか、予想以上に注文が入っているのか定かではないのですが。