USB ハブに7.1ch サウンド出力を装備のヘッドホンスタンド「EURPMASK NU1」の特徴

昨日、PCデスクを幅 120cmの製品から 160cmのものに変更したのですが、27インチと24インチのモニターを設置したうえに、15,6インチのノートPCも置くスペースがあり、快適に作業できています。スペースが広がると他のガジェットもスマートに設置したくなるのですが、そこで目に留まったのが上の画像のヘッドホンスタンド「EURPMASK NU1」。

2021年12月5日時点では、「Makuake」サイトにて クラウドファンディングを行なっていますが、USB ハブ機能を備えるうえに、スマホスタンド・7.1ch サラウンドサウンド出力ポートも装備しています。

参照元

「EURPMASK」、Makuake サイト

「EURPMASK NU1」の特徴

上の写真のとおり、USB ハブ機能を備えることが最大の特徴となる本製品ですが、上記のMakuakeサイトから引用の特徴を記載します。

  1. ヘッドホンを2台収納可能、さらには逆さにして棚などにも設置可能。
  2. USB-A 3.0 x 2、Type-Cの3つのUSB ポートを装備し、出力は18W。スマホやタブレットの充電も可能。
  3. 6つの点灯パターンを選ぶことができるRGBライトを搭載。
  4. メモリやイヤホン、USB ドングルなどを収納できる スペースあり。
  5. スマホ、タブレットスタンドとしても利用可能。
  6. 7.1chサラウンドサウンド出力ポート付き(3.5mm AUXポート)

 

▼私の現在のヘッドホン置き場はこちら。何の工夫もなく、モニタースタンドの空きスペースに置いているのみで、その他 マウスのUSB ドングルが散らばりがちになり、行方不明になることもしばしば。また、複数の機器を使用しているために配線が乱雑になっています。このため、上記の1、2、4の機能は私にとって大きなメリットです。

 

▼ヘッドホン 2台をかけることもできます。

 

▼ケーブルの取り回しから、USB ハブの機能は使いづらくなりますが、棚に逆さにかけて使用することもできます。

 

▲▼台座の部分は 100mm x 135mmと省スペース。省スペースながらも、スマホスタンドや小物入れを装備しています。小物入れは、USBメモリや USB ドングルを置くには十分なスペースです。

 

▼ケーブルを収納することもできます。

まとめ

ごく簡単にですが、2021年12月5日時点でクラウドファンディング中(早割で税込 8,480円)のヘッドホンスタンド「EURPMASK NU1」の紹介でした。以下の製品に、USB ハブ機能・7.1chサラウンドサウンド出力ポートが装備、数パターンの設置方法などの付加価値をつけた製品の位置付けと言えそうです。

参照元

「EURPMASK」、Makuake サイト

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました