海外通販 マレーシアから日本への配送期間、国際eパケットライトでの事例

海外通販サイトで注文の商品が、珍しくマレーシアからの配送となりましたので、「国際eパケットライト」での日本までの配送期間の事例を記載します。マレーシアから羽田経由 千葉までの配送期間は 13日。私の場合には、中国 深センから配送となる事例が多いのですが、概ね中国からの期間と同じです。

スポンサーリンク

マレーシアから千葉への配送履歴

以下は日本郵便と海外のトラッキングサイト「17 Track」から抽出の配送履歴です。

 

▼こちらは日本郵便での履歴。

追跡番号が海外・国内で切り替わるため、最初から日本郵便での追跡はできないのですが、国内での追跡番号が分かった時点で確認しました。なお、今回は 国際eパケットライトでの配送でしたが、DHLなどで配送の場合には、国内の配送業者の確認は、国内の追跡番号がわかった時点で番号体系で業者確認の検索(追跡番号の頭文字で検索。私の場合は概ね佐川急便)して行うことになります。

▲▼今回は国内での配送期間は2日(通関を含む)と速かったのですが、海外での配送よりも日本国内の配送に期間を要することもあります。

海外通販、OCS 中国深圳からの配送日数。中国よりも日本での配送が遅い事例
中国系の海外通販サイトに製品を発注した場合に気になるのが、注文から受領までの納期。今回、Banggoodに注文のPCの、中国・深圳から千葉市内の自宅まで、OCN・佐川急便の配送による具体データがとれましたので、到着までの経過・日数を...

 

▼こちらは海外のトラッキングサイト「17 Track」での経緯。

上の日本郵政と同じ履歴ですが、海外での経緯はより詳細に確認することができます(詳細画面は割愛)。malaysia

 

以上、ごく簡単な記事ですが、マレーシアから国際eパケットライトによる日本までの配送期間の事例でした。

 

▼ちなみに、海外通販サイトからの配送で、私が最も困ってしまった事例が以下の「輸出取り止め」。商品の料金を返金いただきました。

海外通販利用で二回連続の「輸出取止め」に。状況の確認方法と販売元との通信事例
AliExpressにて 旧型 iMacのパーツを注文したのですが、同一製品が二回連続で中国税関での「輸出取止め」となりました。商品を早期に受領できるよう、約15ドル負担したにもかかわらず、注文から約1ヶ月経過しても手元に届かず、再...

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました