EMEET M3 スピーカーフォンの実機レビュー。金属製ボディで高品質、Bluetooth マルチペアリングにも対応

今回 レビューする製品は「EMEET」のスピーカーフォン「M3」。同社のスピーカーフォンとしては上位機となり、高品質な金属製ボディに5200mAhの充電式バッテリーを内蔵し、最大18時間の通話に対応。さらには、ノイズキャンセリング機能を搭載し、Bluetoothのマルチペアリング機能にも対応しています。

レビューする製品はこちら

EMEET M3、Amazon

スポンサーリンク

EMEET M3の特徴

Amazonの製品紹介から抜粋の「EMEET M3」の特徴を記載します。ちなみに、従来の同社のロゴ(表記)は「eMeet」だったのですが、いつの間にか「EMEET」と全て大文字に変わっています。

  1. 4つの全指向性集音マイクを搭載し、360度全方位の音声をピックアップ
  2. EMEET独自研究の音声信号処理技術 VoiceIAによる、エコーキャンセリング機能およびノイズキャンセリング機能を搭載。コピー機、マウスノイズ、キーボードの打鍵音などの雑音を抑制。
  3. 5Wの高出力スピーカーを搭載し、聞き取りやすい音質を実現。
  4. 1台で6~12人の会議に対応し、本体を2台連結することにより 最大20人の会議に対応。
  5. Bluetooth マルチペアリング機能を搭載し、2台の機器を切り替えての接続が可能。
  6. 接続方式は Bluetooth、USB Type-C 有線。
  7. 5200mAhの充電式バッテリーを内蔵し、最大18時間の通話に対応。

 

▼複数の機器で利用する場合、Bluetoothのペアリング切替が面倒になりますが、マルチペアリングに対応しています。また、USB 有線の接続に対応しているため、Bluetoothのマルチペアリング・ USB 有線と、機器間で切り替えることができます。

 

▼1台で6~12人の会議に対応し、本製品を2台連結することにより 最大20人の会議に対応可能です。

EMEET M3の外観

これまで同社の複数のスピーカーフォンをレビューしており、いづれも質感の高い製品となりますが、本製品ではその質感がさらに高まったように感じます。

 

▼これまでレビューした同社の製品(事例としては eMeet Luna スピーカーフォンの実機レビュー。マイクの感度よく、スピーカーの音質もクリア。金属製ボディで重厚感もありを参照)は、サイドが鮮やかなブルーの外箱だったのですが、本製品はシンプルな外箱です。

 

▼本体はハードケースに収納されていることもあり、内側の保護材なしです。

 

▼ケースに収納された本体と説明書。説明書は9ヵ国語構成で、うち日本語は7ページ分。接続とボタン類の操作がメインとなります。

 

▼ケース表面のEMEETのロゴがわかるよう、明るくしての撮影です。ケースはハードな素材となり、本体をしっかりと保護できます。

 

▼手前のボタン類は左から、VoiceIA(ノイズキャンセリング)のオンオフ、音量小、マイクのオンオフ、音量大、通話開始・終了。

 

▼反対側のボタンは、電源ボタン、Bluetooth (長押しでペアリング、短く押すとBluetoothのオンオフ)。端子は、USB Type-C(充電、機器との接続)、イヤホン、本体をもう一台接続用のチェーンポート、ロックポート。

▲電源ボタン・Bluetooth ボタンの左右と、少し離れた場所にある小さな穴はマイクです。

 

▲▼こちらの「Luna」では、大きな電源ボタンとBluetooth ボタンが上にあるのですが、電源ボタンの使用頻度が高い場合には、Lunaの配置が便利なように思います。

eMeet Luna スピーカーフォンの実機レビュー。マイクの感度よく、スピーカーの音質もクリア。金属製ボディで重厚感もあり
在宅勤務や会社でオンライン会議を行っている際に困ってしまうのが、SkypeやMicrosoft Teamsなどのアプリや、パソコンの環境によって、相手、あるいはこちらの音声が小さく聞き取りづらいこと。私が在宅勤務を行っている際に、普...

 

▼全体をあらためて掲載。金属製であり、ずっしりと重みを感じます。

▲質感の高さは、こちらの写真から何となく伝わるかと思います。

 

▼USB-AのBluetooth アダプタ(Bluetoothを装備しない機器で使用)は、裏面に収納できます。

 

▼先述の「Luna」との比較すると本製品は一回り大きく、ボタン類が小さいのがわかります。また、電源ボタンとBluetooth ボタンの配置が異なります。

 

▼スチールグレイのMacBook 12と並べて撮影。Macを意識したかのように、色合いはマッチしています。

 

▼周囲には状態を示すインジケーターが組み込まれています。上の写真のレッドは マイクをオフにした状況、下の写真は音量調整時に一時的に点灯している状況。

 

▼ケース、本体、USB アダプターを並べて撮影。

機器との接続

Windows PCとMacにおける、Bluetoothと有線接続について記載します。EMEETの他のスピーカーフォンと同様に、Bluetoothのペアリング、有線での認識ともに速いです。

Windows PCとの接続

Windows PCでは、付属のBluetooth アダプターを利用して Bluetooth 接続してみました。上の写真では、13.3インチのPCにアダプターを挿入していますが、アダプターは少し大きめです。

 

▼USB ポートにアダプターを挿入すると、以下の画像のとおり「eMeet Adapter A300(アダプターの製品名)」と表示されます。

 

▼Bluetoothのペアリングは即完了。

 

▼Macの場合には、出力とマイクの入力ともに、手動で本製品に切り替える必要があるのですが、Windowsでは自動で選択となります。

Macとの接続

続いて Macとの接続について記載します。Macも Windows PCと同様に、Bluetooth / 有線ともに即認識します。

 

▼Bluetooth 接続した状況。機器名は「EMEET Office Core M3」とあり、これが正式名称です。

 

▼USB 有線、Bluetoothの双方で接続している状況。出力先を切り替えて使用できます。

 

▼こちらは入力(マイク)側。

マルチペアリング

本製品は、Bluetoothのマルチペアリングに対応しています。マルチペアリングに未対応の場合、例えば、Windowsで使用後にMacで接続する際には、Windowsでの接続を解除して Macに接続する必要がありますが、双方でペアリングした後に切り替えて使用できました。

WindowsとMacを切り替えて使用する方は少ないと思いますが、在宅勤務中はPCでメイン利用し、夜間はFire TV Stick などのスピーカーとして利用しする場合などに便利です。

使用感

使用感については、スピーカー単体、スピーカーフォンとしての使用感に分けて記載します。なお、大容量のバッテリーを搭載していますが、私はバッテリーを使い切るほどに、長時間連続してオンライン会議をすることはないため、コメントは割愛しています。製品紹介では「最大18時間の通話に対応」とあり、通常の使い方では バッテリーを使い切ることはないでしょう。

スピーカー単体としての使用感

MacとWindows PCに接続し、YouTubeを視聴してみましたが、マイクをオフとした スピーカー単体としての音質は想像以上によいものです。

  • MacBook Pro 15インチ 2012モデル、M1 MacBook Airとの比較ですが、さすがに本製品は5Wの出力でもあり、音量としては本製品が格段に大きいです。最初に切り替えた際には、あまりにも音量が大きく驚いたほど。
  • 内蔵スピーカーを特徴の一つとする 40インチのモニターに付属のスピーカーと比較しても、本製品がより大音量でクリアに聞こえます。
  • 音質としては特定の音域を強調することなく、フラットな印象。
  • ステレオではないために迫力には欠けますか、音量が大きくクリアなために、YouTubeのニュース関連の出力先としては十分です。

スピーカーフォンとしての使用感

自宅と会社に持ち込んで、オンライン会議で使用してみましたので、その使用感を記載します。

  • 対面での参加者5名+オンライン参加者で使用したところ、対面での参加者側でのスピーカーの音量、音質は十分。
  • 音量調節、マイクのオンオフの反応も適切です。
  • オンライン参加者側に確認したところ、マイクでの音の拾い方、聞こえ方も課題はなく、クリアに聞こえているとのこと。
  • 他の同サイズクラスのスピーカーフォンでは、話者の近くにスピーカーフォンを移動することも多いのですが、5名程度では移動させなくとも十分です。
  • ノイズリダクションも試したみましたが、周囲がそれほど喧しい状況でなかったため、効果を十分に確認するに至らず。ただし、オンライン会議後に、オンライン参加者に残ってもらい、キーボードの打鍵音を大きくしてタイピングしたところ、それほど気にならないとのことです。

まとめ

EMEET社のスピーカーフォンでは上位機となる「M3」の実機レビューでした。本文でのコメント以外では、私の会社の部署では EMEET M3よりも大きな他社製のスピーカーフォンを利用していますが、EMEET M3がよりコンパクトで高品質、さらにはスピーカーの音量も大きく、よりよい製品との認識です。

また、ハードケースが付属していることも メリットの一つです。よりコンパクトな製品ではケース付きのものも多いのですが、M3のクラスでは ハードケース付属は珍しいです。

 

▼7月12〜13日のAmazon プライムデーでは プライム割引とクーポン利用により 16,899円での販売です。

 

▼その他、EMEETの多くの製品が Amazon プライムデーセールの対象となっています。

Amazon、EMMET社 ページ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました