Edgeの広告の「EdgeはChromeとFirefoxのどちらよりも高速」とは本当か、ベンチマークにより検証してみた

Microsoft Edgeで時々 表示される宣伝が上の画像の「Microsoftへようこそ、ChromeとFirefoxのどちらよりも高速」との記載。

私がメイン利用のGoogle ChromeはEdgeよりも23%低速とあり、「ほんとかよ」と疑いたくなります。

そこで、実際のところはどうなのか、この宣伝の元になっているベンチマーク「JetStream」をEdge、Chrome、Firefoxで走らせ、スコアを比較してみました。

結果としては、Edgeの宣伝どおりにEdgeはChrome、Firefoxよりもスコアがよい結果に。今回はこのベンチマークスコアについて記載します。

スポンサーリンク

JetStream ベンチマークとは

見出しとは裏腹に私も理解できていないのですが(明確に記載しているサイトは、JetStreamサイトのみ)、JetStream はごく簡潔には以下のベンチマークとなります。

  • Webのベンチマークとしては「Octane」はGoogleが開発したものであるのに対し、「JetStream」はAppleが開発したJavaScriptのベンチマーク。
  • 私の抄訳が正しければ、JetStreamはSunSpider 1.0.2とOctane 2 JavaScriptのベンチマーク(項目?)も内包しているとあります。
  • ベンチマークの項目は、大まかなカウントで38項目。これを3回繰り返します。

 

JetStream ベンチマーク結果

使用するパソコンによってもスコアは異なるはずでので、Edge、Chrome、Firefoxともに以下の統一パソコンにて計測しました。

 

 

また、それぞれのブラウザのバージョンは以下です。いづれも64ビット。

  • Edge、42.17134.1.0
  • Chrome、71.0.3578.98
  • Firefox、64.0

 

▼計測サイトはこちら。アプリではないので、サイトを開いて即計測できます(計測時間は5分程度)

JetStream

 

▼ベンチマーク結果は以下。上から順に、Edge、Chrome、Firefoxとなり、数値が大きいほど高スコアになります。

 

▲▼結果について、Edgeの広告と同様に、Edgeを基準としてChromeとFirefoxがどれほど低速か示した表は以下。「サイト掲載値」はEdge広告に記載の数値です。

FireFoxのスコアの低さが気になるのですが、EdgeとChromeとの比較では概ね Edgeの宣伝と同じく、ChromeはEdgeよりも25%低い結果に

まとめ

Edgeの広告にある、「EdgeはChromeとFirefoxのどちらよりも高速」「ChromeはEdgeよりも23% 低速」を(疑いを持って)確認してみると、確かにChromeはEdgeよりも25% スコアがわるい結果となりました。

ただし、パソコン・スマホにしても、ベンチマークスコアの開きほどの差を体感できないように、25%もの差を体感できるものではなく、また、やはりChromeの各デバイスなどとの連携など利便性から私はChrome 推しです。

 

コメント