iPhone / MacBook Airの分解に。ドライバー他 38個のセットを千円ほどで購入

起動しないMacBook Airの分解のために特殊な工具が必要となり、Amazonで千円ちょっとで購入したのが、「38 in 1 特殊ドライバーセット」。その名のとおり、30種類の特殊ドライバーの他、ピンセット、スマホの分解に欠かせない吸盤・ヘラまで、合計38種類の工具が付属しています。安いからといって、すぐに先端が潰れてしまうこともなく、品質も確かなものです。今回は、この工具セットのレビューです。

 

▼今回 レビューするのは、こちらの工具セット。2017年12月10日現在の価格は 1,189円。

スポンサーリンク

38 in 1 特殊ドライバーセットのレビュー

▼価格にそぐわず、しっかりとしたパッケージ。私が頻繁に閲覧しているデジギア他の海外通販サイト「GeekBuying」の商品のようです。

 

▼右のビットが全て上を向いていますが、一つのビットを横から上に持ち上げると全てのビットが垂直になります。取り出しやすさ・使いやすさも考慮されています。

 

Amazonサイトからの引用ですが、38種類の工具は以下のとおり。【】のビットが28種類、その他が10種類です。

  • 【トルクス】 T3 /T4 /T5 /T6/ T7
  • 【六角ソケット】H2.5/H3/H3.5/H4/H4.5/H5/H5.5
  • 【六角ドライバー】0.9/1.5/2.0/3.0
  • 【プラス】+1.2/+1.5/+2.0/+3.0
  • 【マイナス】1.5/2.0
  • 【三角/トライアングル】▲2.3
  • 【Appleデバイス専用のPentalobeサイズ】(星型★)0.8/1.2
  • 【U型】U2.6
  • 【Y型】Y2.0【PH】2.0
  • ピンセット
  • ヘラ × 2
  • フレキシブルシャフト
  • 吸盤
  • iPhone用ピン
  • ドライバー × 2
  • ビット取付用シャフト
  • その他(延長用シャフト?)

 

私が取り急ぎ必要な工具は、MacBook Airの分解用に黄色マーカーの「ペンタローブ1.2mmドライバー(星形)、ヘクスローブT5ドライバー」のみなのですが、単体で必要な2本を購入するよりもやや高い程度で、お買い得感の高いもの。

この2本を使用する限りでは(他のものは試していないので)、ネジ・本体ともにつぶれることもなく、複数回の使用にも十分耐えることができそうです。

 

手持ちの、iPhone 4S / iPhone5  / iPhone6ので試してみたところ、本体下側(電源横)にある2つのネジは、当セットに付属の星型 0.8mmにて対応できました。

 

▼上にあるのが、ビットを取り付けて使用するアタッチメント。取付はネジ式です。

 

▲▼ピンセット、吸盤、ヘラ、iPhone / iPadのSIM取り出し用のピンも付属しており、スマホ・パソコンの分解工具セットと言ってもよいでしょう。

 

▼「ペンタローブ1.2mmドライバー(星形)、ヘクスローブT5ドライバー」を使用し、MacBook Air 11の底版を開け、SSDを外してみました。

Amazonで販売の安い商品の場合には、「1,2回ドライバーを使うと先端がつぶれてダメになる」とコメントも散見されるなか、本製品は問題なく使用できています。

 

まとめ

iPhone / MacBook Airの分解に、頻繁に使用する状況に陥りたくないものの、いざという時には便利な特殊ドライバーセット。ビットが28種類、ドライバー他が10種類も入っており、1,000円ちょっととはお買得。

私はこの製品を購入する前に、MacBook Airの分解用に僅か数円のドライバーを購入する寸前だったのですが、Amazon レビューのコメントに否定的なものが多数あり、このセットを購入して正解でした。

 

▲▼上の製品は、2018年9月1日時点では品切れ中のため、同製品のリンクです。

コメント