広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

DOOGEE T30 Ultra、約36千円で販売のクーポン情報。Helio G99、物理メモリ 12GB、Netflix L1対応とスペック充実の11インチタブ

Helio G99を搭載する11インチのAndroid タブレットは複数のブランドから販売されていますが、スペック・機能充実の点において、「DOOGEE T30 Ultra」もおすすめ製品の一つです。

メモリは 物理メモリ 12GB + 拡張 20GBと他製品よりも多く搭載し、2.5K 解像度の液晶も他社製品よりも優位なポイントです。また、NetflixのWidevine L1にも対応し、4スピーカーを搭載と、全般的にバランスのよいスペックです。

Amazonにてクーポンセールを行っていることから(文末を参照)、あらためて「DOOGEE T30 Ultra」のスペックと、以下の記事にて掲載の実機レビューのポイントを掲載します。

関連記事

DOOGEE T30 Ultra 実機レビュー、Helio G99 / RAM 12GBでキビキビ動作、11型 2.5K 解像度 / NetflixでのWidvine L1にも対応

 

スポンサーリンク

DOOGEE T30 Ultraのスペック

「DOOGEE T30 Ultra」のスペックは以下となります。

CPUMediaTek Helio G99、6nm プロセス、最大 2.2GHz
GPUMali-G58 MC2
メモリ12GB LPDDR4 + 拡張メモリ 最大 20GB
ストレージ256GB UFS 2.2
ディスプレイ11インチ、解像度 2560 x 1600、IPSパネル、明るさ 250nits
WiFi11a/b/g/n/ac
Bluetooth / GPSBluetooth 5.2、GPS搭載
LTEFDD: B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28A/28B/66

TDD: B34/38/39/40/41

カメラリア 16百万画素、フロント 8百万画素
バッテリー容量8580mAh、18W 急速充電
サイズ256.5 x 168.0 x 7.6mm、539g
OSAndroid 13
その他4スピーカー(Hi-Res対応)、アルミ製ユニボディ、Widevine L1 サポート(Netflixにも対応)

 

 

実機レビューからポイントを抜粋

以下の記事にて実機レビューしていますが、ポイントとなる事項を画像と写真をメインに記載します。

DOOGEE T30 Ultra 実機レビュー、Helio G99 / RAM 12GBでキビキビ動作、11型 2.5K 解像度 / NetflixでのWidvine L1にも対応

 

▼物理メモリ 12GBも このクラスのタブレットとしては多いのですが、さらにはストレージから仮想的にメモリとして割り当てる仮想メモリは最大20GBと、こちらも最大級です。

 

▼以下の画像は、T30 Ultraにインストールした Netflixアプリの再生仕様ですが、Android タブレットでNetflixでのWidevine L1に対応する製品は多くないなか(最近 増えつつあります)、本製品はNetflixにおいても L1に対応し、FHDでの再生が可能です。

 

▼アプリ「Device Infor HW」にて抽出のセンサーの搭載状況です。安価なタブレットの場合、搭載するセンサーが限定されることもありますが、本製品ではスマホと同様のセンサーを搭載しています。

 

▼Helio G99を搭載の本製品ですが、AnTuTu ベンチマーク v10のスコアは 393,047。10インチクラスのAndroid タブレットにおける、従来のメインストリームであった UNISOC T618と比較すると、ワンランク上の動作です。Web サイトのブラウジング、買い物・SNS関連のアプリなどの普段使いでは、サクサクと動作します。

 

▼UFS 2.2のストレージは「Write 397MB/s、Read 430MB/s」と、PCのSATA SSDに近い速度となり、大容量アプリのインストールなどで速さを実感できます。

 

▼アルミ製ユニボディ(アルミ削り出し)の背面は、シックなグレイの配色。左側のツートンの部分の面積は大きいのですが、大きな違和感はありません。

なお、下の両サイドのスピーカーがありますが、逆サイドと合わせて 4スピーカーを搭載しています。

 

▼ケースも付属しています。Android タブレットのケースは種類が多くないため、純正ケースが付属しているのは有難いです。

▲表面はしっとりとした触り心地で上質です。

 

▼スペック上の輝度は250nitsと それ程 明るくないのですが、実機は十分に明るい液晶です。

▲白を背景とした場合、単体で見ると違和感がないのですが、他のタブレットと並べてみると、若干 赤みを帯びた色合いです。

 

DOOGEE T20 Ultra 実機レビュー、Helio G99、迫力の12インチと4スピーカー搭載でNetflixの高画質再生にも対応

▲▼こちらは上の記事にて実機レビューの「DOOGEE T20 Ultra」を並べています。上記のとおり、赤味を帯びた色合いとなります。ただし、比較しない限りは違和感はありません。

 

クーポン価格情報

Amazonにて、クーポンコード「IVT5HFUP」の利用により 36,053円での販売です。Amazonの販売ページに上記クーポンの情報は記載されていませんが、2024年2月7日現在、上記のクーポンにて、記載の価格となることを確認済です。