広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

DOOGEE T30 Ultra 実機レビュー、Helio G99 / RAM 12GBでキビキビ動作、11型 2.5K 解像度 / NetflixでのWidvine L1にも対応

今回レビューする製品は、CPU(SoC)にHelio G99を搭載する11インチ Android 13タブレットの「DOOGEE T30 Ultra」。先行して「DOOGEE T30 Pro」が販売されていますが、メモリを8GBから12GBに増量し、その他 急速充電などの一部の機能を抑えたうえでの販売です。

AnTuTu ベンチマークスコア 約40万となる Helio G99はサクサクと動作し、2.5K 解像度の液晶は、文字などを拡大しても滑らかな表示です。

また、動画配信サイトの動画を高画質再生可能な Widevine L1において、Netflixにも対応していることも大きなポイントです。

レビューする製品はこちら

DOOGEE T30 Ultra、Amazon

DOOGEE T30 Ultra、AliExpress

 

スポンサーリンク

DOOGEE T30 Ultraのスペック

概要については以下の記事にて掲載していますが、あらためてスペックを掲載します。下表では、T30 Pro / Ultraに共通して特徴となる事項を赤文字、先行販売のT30 Proから抑えた事項をピンク網掛け、スペックアップとなった事項に黄色網掛しています。

DOOGEE T30 Ultra、Helio G99搭載の2.5K 解像度 11インチタブがリリース。人気のT30 ProからRAM容量アップ

 

CPUMediaTek Helio G99、6nm プロセス、最大 2.2GHz
GPUMali-G58 MC2
メモリ12GB LPDDR4 + 拡張メモリ 最大 20GB
ストレージ256GB
ディスプレイ11インチ、解像度 2560 x 1600、IPSパネル、明るさ 250nits
WiFi11a/b/g/n/ac
Bluetooth / GPSBluetooth 5.2、GPS搭載
LTEFDD: B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/25/26/28A/28B/66

TDD: B34/38/39/40/41

カメラリア 16百万画素、フロント 8百万画素
バッテリー容量8580mAh、18W 急速充電
サイズ256.5 x 168.0 x 7.6mm、539g
OSAndroid 13
その他4スピーカー(Hi-Res対応)、アルミ製ユニボディ、Widevine L1 サポート

 

実機を確認したうえで、スペックの特徴となる事項について補足します。

  • T30 Ultra / T30 Proともに、他の同スペック帯の端末よりも優位な2.5K 解像度の液晶を搭載しています。11インチと大きな液晶ですが、文字を拡大した場合にも、文字のドットを確認できず、滑らかな表示です。
  • 液晶の明るさは250nitと控えめですが、暗さを感じません。
  • 急速充電は、T30 Proの33Wから18Wへと変更になっています。
  • 一方、冒頭に記載のとおり、物理メモリ(拡張メモリの機能もあり)は、T30 Proの8GBからT30 Ultraは12GBと増量されています。
  • 動画配信サイトの動画の高画質再生可能な「Widevine L1」に対応しており、Netflixにも対応していることを特徴としてます。Widevine L1対応を謳うタブレットにおいて、Netflixに対応する端末は少なく、希少な存在です。

 

実機のシステム情報

続いて、以下の記事で紹介のアプリ「Device Infor HW」から抽出のシステム情報を掲載します。

Android 端末のシステム情報抽出なら「Device Info HW」。無料アプリながらも広告なし、多くの情報を抽出可能

 

▼最下段に「フラッシュ=UFS」と記載のとおり、ストレージはeMMCより高速なUFS。実測の速度は後述していますが、PCでのSATA SSDに近い速度です。メモリは12GB LPDDR4X

 

▼Helio G99は Cortex-A76 x 2 / Cortex-A55 x 6の8コア、GPUはMali-G57 MC2

 

▼11インチ 2560 x 1600の高解像度であることも、「DOOGEE T30 Ultra」の特徴の一つです。「Modes」に60Hzとありますが、リフレッシュレートは60Hzの固定です。90Hz / 120Hzに対応する場合、この項目に複数のパターンが掲載されています。

 

▼物理メモリ 12GBを搭載していますので、複数のアプリを起動している状態でも、Fee領域は約8GBと余裕です。ストレージはベンチマークアプリを複数インストールしていますが、空き容量 約216GBとこちらも余裕です。

 

▼センサーの搭載・有効な情報は、左のグリーン(有効)・レッド(無効)で確認することができます。「バロメーター」以外は有効であり、タブレットとして優秀(一般的なスマホと同等)です。

 

Widevine L1の対応状況

動画配信サイトの動画を高画質再生可能な「Widevine L1」の対応状況について、以下のアプリで確認してみました。

購入した Android タブレットのWidevine L1対応の確認なら「DRM Check」アプリが便利。起動後に即視認可能

 

▼アプリ「DRM Check」にて、L1対応であることを確認しました。また、hulu、Amazon プライムビデオのアプリにおいても確認済です。

 

▼以下の画像はNetflix アプリでの再生の仕様です。多くのタブレットは、Widevine L1対応の場合も Netflixには対応していないことが多いのですが、Netflix アプリにて、L1対応、FHDでの再生可能であることを確認しています

 

メモリ拡張の手順

本製品は、最大 20GBまでの拡張メモリ(ストレージの空き容量のうち、仮想的にメモリに割り当てる)に対応しています。以下の記事に記載のとおり、Android タブレットの製品に応じて、拡張メモリの設定項目は異なりますが、本製品は「設定」の大項目の「Hybrid Memory」にあり、わかりやすいです。

Android タブレットのメモリ拡張機能、複数パターンの設定項目と設定方法のまとめ

 

▼画面はクリックで拡大できます。「設定」にある「Hybrid Memory」の項目をタッチすると、右の画面が表示されますので、水平のバーを拡張メモリとして割り当てたい容量にスライドします。スライドすると再起動を求められますので、再起動して設定完了です。なお、「実機のシステム情報」にて記載していますが、拡張メモリはシステム情報メモリに表示されません。

 

▼システムの仕様どおり、拡張可能な最大メモリは20GBです(Hybrid memory size : 20GBとあります)。拡張メモリはストレージの空き容量を割り当てるものであり、物理メモリほどに高速ではありませんが、安心感に繋がります。

 

外観

付属品と外観について掲載します。他の中国ブランドの製品も含め、金属製の背面とする製品が多いですが、本製品も同様にアルミ製の背面となり、質感はかなり高いです。

なお、当初販売版の特典である可能性もありますが、上質なケース(マグネットでの画面オンオフに対応)と、ガラスフィルムが付属していました(今回のレビューにおいては、ガラスフィルムを使用していません)。

 

DOOGEE T20S 実機レビュー、アルミ製ユニボディの高品質な10.4型 Android 13タブレット。RAM 8GB、UFS ストレージと基本スペックも充実

DOOGEE T10S 実機レビュー、UNISOC T606 / RAM 6GB / UFS 128GBを搭載のAndroid 13 タブ。Widevine L1にも対応し2万円未満

DOOGEE T20 Ultra 実機レビュー、Helio G99、迫力の12インチと4スピーカー搭載でNetflixの高画質再生にも対応

 

▲▼DOOGEEのタブレットは、上の記事で実機レビューの「T20S」「T10S」「T20 Ultra」に続いて 4製品目となりますが、白地に製品のイメージ画像といった 同様の外箱です。

 

▼ガラスフィルムも付属していました。Android タブレットにて あとからガラスフィルムを購入する場合、その選択が難しいため、付属しているのはありがたいです。なお、本体にはPET フィルムも貼り付けられています。

 

▼本体は上質なケースに収められています。

 

▲▼タブレットを収める枠はTPUですが、それほど硬くもなく(どちらかと言えば、柔らかい部類)、また、枠の厚みは、他のタブレットのケースと比較すると細いほうです。

 

▼ガラスフィルムが付属していますが、予めPET フィルムが貼り付けられています。貼付済のフィルムは、気泡や埃の混入もなく、他のスマホやタブレットのフィルムと比較すると、引っ掛かりもなく滑らかです。ただし、指紋や油脂の付着は、多くの他のフィルムと同様に やや目立ちます。

 

▲▼純正ですので、スピーカーやカメラの位置、電源ボタン・音量調節ボタンの操作に課題はありません。

 

▼ケースのスタンドを利用した様子。角度の調整はできません。

 

▼ツートンの背面。大きな面積を占める右側はアルミ製、左側は樹脂製のはずですが、質感的には左側もアルミ製のように見えます。また、左側の部分は明らかに色とデザインが異なるものの、大きな違和感はなく、むしろ よいアクセントになっています。

 

▼イヤホンジャック、スピーカー、SIMトレイ、USB Type-Cポートを拡大。拡大すると、ツートンの隙間が多少目立ちますが、実機では気になりません。

 

▼右側のスピーカーを拡大。スピーカーは縦持ちでの上下に2個づつ配置の4スピーカーです。

 

▲▼横持ちでの下側にキーボード端子があります。中央のDOOGEEのロゴは目立たず好感が持てます。

▲▼キーボードケースはおそらく、AliExpressのこちらで販売のT30 Proと共通かと思います。ディスプレイが大きく高解像度 、かつレスポンスもよいタブレットであり、私はキーボードケースの購入を検討中です。

 

▼逆サイドからの撮影。下側にスピーカーが2つありますね。

 

▲▼カメラ周り、電源ボタン・音量調節ボタンを拡大。このあたりのデザインもよく、作り込みも丁寧です。

 

ディスプレイ

2.5K 解像度を特徴の一つとする製品ですが、さすがに Web サイトの文字を拡大してもドットは目につかず、滑らかです。当初、250nitと明るさ控えめの液晶を気にしていましたが、明るさ最大にして使用することがないために、心配無用でした。私としては、他のタブレットでは 明るさ70〜75%あたりにするところを、本製品では80%にすると程よい明るさです。

一方、Web サイトなどの原色系の色に多少のギラつきがあることが、多少気になります(一般的には、気にならないレベルかと思います)。

なお、写真の壁紙は、鮮やかさがわかるよう、壁紙アプリからダウンロードしたものに変更しています。

 

▼他のタブレットと同様に、周囲の物の映り込みはありますが、鮮やかな液晶です。左右上下のベゼル幅の太さは標準的です。

 

▼写真の角度から見ると色相が変化しますが(実機は写真よりも鮮やかですが、他のタブレットと比較すると、色相の変化が多少大きい)、この角度から見ることもないために許容範囲です。

 

▼当サイトのトップページの表示です。原色系の色に、多少のギラギラさを感じますが許容範囲です。色合いとしては、寒色系・暖色系にも寄らず、自然な色合いです。なお、色合いは、設定画面の「ディスプレイ」「カラー」の項目から変更できます。

 

DOOGEE T20 Ultra 実機レビュー、Helio G99、迫力の12インチと4スピーカー搭載でNetflixの高画質再生にも対応
今回レビューする製品は、CPU(SoC)に Helio G99を搭載するAndroid タブレット「DOOGEE T20 Ultra」です。同社の、Helio G99搭載のタブレットとしては「T30 Pro」「T30 Ultra」が販売...

▲▼左は上の記事で実機レビューの、12インチの「T20 Ultra」です。1インチのサイズ差以上の大きさの相違を感じます。

 

▼「T30 Ultra」単体での確認では気が付かなかったのですが、液晶は多少の赤みを帯びています。

 

ベンチマークスコア

続いて、実機で計測のAnTuTu ベンチマーク、Geekbench 6のスコア、ストレージの速度を掲載します。

 

▼AnTuTu ベンチマーク v10のスコアは 393,047と、他のHelio G99を搭載する製品と比較すると1~2万ほど低いスコアですが、体感レスポンスは他の製品と同じです。

従来の中国ブランドのメインストリームのCPU(SoC)は、UNISOC T616 / T618あたりでしたが、これらと比較すると、AnTuTu ベンチスコアは約10万ほどアップし、後述の体感レスポンスにも効果があります。

 

▼Geekbench 6のスコアは「シングルコア 728、マルチコア 2000」

 

Androidでストレージの速度計測なら「CPDT Benchmark」、メモリの速度も計測可能で、機種により大きな相違も

▲▼上の記事で掲載の「CPDT」で計測のストレージの速度は「Write 397MB/S、Read 430MB/s」。PCのSATA SSDよりも少し遅い速度ですが、Android タブレットでの大容量アプリのインストールなどは快適です。

 

体感レスポンス

これまで、Helio G99を搭載するスマホ・タブレットは、本製品以外も含めて 6製品目となります。他のHelio G99を搭載する製品と同様に、キビキビと動作します。

  • これまで、中国ブランドのタブレットは、AnTuTu ベンチスコアが約25万〜30万となる UNISOC T616 / T618あたりがメインストリームでしたが、これらと比較すると、スリープから復帰時の挙動など、よりキビキビと動作していることを実感できます。
  • AnTuTu ベンチスコアが約80万クラスのスマホと比較すると、さすがにアプリの切替やChromeのスクロール時の表示、その他においてキビキビ感は欠けますが、普段使いでは十分にサクサクと感じるレスポンスです。
  • iPad 2017モデルの古い製品との比較では、iPad OSとAndroidのアニメーション効果、基本スペックの相違とあいまって、本製品がよりキビキビと動作します。
  • 体感レスポンスとは異なりますが、ワイヤレスアップデートが多いことも安心感につながります。
  • ストレージはUFSであるため、AnTuTu などの大容量アプリのインストール時にも 待たされ感が少なく快適です。

 

LTE接続

サブ回線として運用している、ドコモ回線のOCN モバイル ONEのSIMを挿入し、LTEの回線速度を計測してみました。千葉市郊外の自宅での計測ですが、他のスマホ・タブレットと同様の速度が出ています。なお、APNはプリセットされておらず、手動で設定する必要があります。

 

 

カメラ

10~11インチクラスのAndroid タブレットは、8百万画素 あるいは13百万画素のリアカメラを搭載することが多いですが、本製品は16百万画素のカメラを搭載しています。

ただし、スマホと比較すると低画素なため、あくまでメモ書き代替の機能と捉えるべきです。室内のみで撮影しましていますが、メモ書き代替として十分です。気づきとしては、色合いは自然ですが、保存が多少遅い(遅いと言っても2秒ほどですが)ように感じます。

 

サウンド

上の写真のように、横持ちでの左右両サイドに2個づつ、4スピーカーの本製品ですが、音量・音質ともに良好です。

  • 音量は大きすぎず、小さすぎず、標準的な調整幅です。
  • 4スピーカーですので、当然ながらも2スピーカー以上の音の広がりを感じます。
  • 音質としては、中高音重視のように感じ、もう少し低音のインパクトが欲しいところ。スマホと同様に、多少 シャカシャカした音質であることも気になります。これは、私がスマホの音質が好みでないことが大きく、一般的には気にならない程度です。

 

まとめ

国内外通販で人気の「DOOGEE T30 Pro」の派生モデルとなる「DOOGEE T30 Ultra」のレビュー記事でした。Proと比較すると急速充電(Proは33W、Ultraは18W)など 抑えられた機能もありますが、物理メモリは8GBから12GBへと増量となっています。

Web サイトなどの原色系の色合いに多少の派手さも感じますが(気にならない方も多いと思います)、以下の事項など、このクラスとしては充実したスペックであり、それぞれの使用感も良好です。このため、スペック・機能が充実したタブレットをお探しの方には、筆頭候補の一つとなる製品です。

  • 2.5K 解像度の液晶は、文字などを拡大しても滑らかな表示。
  • 11インチの大型液晶、NetflixのWidevine L1にも対応、4スピーカー搭載で、動画再生には特に適しています。
  • Helio G99、物理メモリ 12GB(拡張メモリも含めると合計 32GB)、高速なUFS ストレージの搭載で、普段使いではサクサクと動作。
  • アルミ製の背面も上質で、細部の作り込みも丁寧。

 

▼2024年2月7日現在、Amazonにて クーポンコード「IVT5HFUP」の利用により 36,053円での販売です。