Crucial BX500、240GBで約3,500円の2.5インチ SSDの実機ベンチマークスコア

SSDもかなり安くなったものです。M.2 SSDを購入することの多い私ですが、今回は2.5インチのSATA 240GB SSD 「Crucial クルーシャル BX500 (CT240BX500)」を約3,500円で購入。ミニPCとノートPCの各種検証用・増設用に利用する予定ですが、ミニPCに接続しベンチマークスコアを計測しましたので、レポートします。

スポンサーリンク

Crucial BX500の外観など

外観・デザインなどは他のSSDと異なることはないのですが、参考までに外箱・外観などの写真を掲載します。

 

▼表面とサイドに日本向けのシールが貼られていましたが、それを剥がして撮影。

 

▼私は納期を考慮し、240GBの製品をAmazonにて3,556円で購入したのですが、楽天市場では 3,360円で販売しています。楽天市場の場合にも、平日の指定時刻までの購入なら、(地域によりますが)翌日に受領することもできます。

 

▼参考までに、2.5インチ HDDと重ねて撮影。CT240BX500の厚みは約7mmとHDDよりも薄く、おそろしく軽いです。

 

▲▼ノートPCなど、増設用ポートを持たない場合、このようなSATA USB 変換アダプターによるUSB接続が便利です。700円ほどで販売されています。

 

▼SSDと変換アダプターを拡大。

▲▼OSをクローンする場合には、以下のフリーのクローンソフト「MiniTool Partition Wizard」の記事を参照。Crucialサイトにもクローンソフトが用意されているようですが、Amazonレビューではマイナス要素のコメントが散見されるため、私は「MiniTool Partition Wizard」を使用しました。

Windows 10、SSDへのOSクローンを画像で詳説。フリーソフト MiniTool Partition Wizardの利用事例
eMMCからSSD、HDDからSSDへのWindows 起動ドライブのコピー・クローン化を何度も経験している私ですが、今回あらためてフリーソフト「MiniTool Partition Wizard」を使用してクローン化してみましたの...

 

▲▼取り付けたPCは以下のChuwi GT Box

Chuwi GT Box 実機レビュー、外観編。Higameと同一ボディで質感高くChuwiらしいデザインに。内部の構成は意外な面も
Chuwiのハイエンド ミニPCであるHigameのボディを流用しつつも、CPUを第五世代のCore i3-5005Uとすることで、約3万円と価格を抑えたChuwi GT Box。ミニPCとしては大柄で質感の高い外観も特徴の一つです...

Crucial BX500のベンチマークスコア

 

▲▼Crucial BX500の場合、あらかじめ初期化されており、Windows 10のデバイスマネージャーとHWiNFOであっさりと認識。

▲▼各種デバイス情報やCPUなどの内部温度も管理できるフリーソフト「HWiNFO」。私は複数ああるWindows 10 PCの全てにインストールしています。

HWiNFO、Win 10のデバイス詳細情報やCPU温度など、導入必須のフリーソフトの概要。投稿数15,000越えのフォーラムも充実
Windows 10 PCのレビューを行うことの多い私ですが、その際に必ずインストールしているフリーソフトがHWinfoです。システム情報はもとより、メモリやストレージの製造元やCPUの温度も参照・動態管理可能な優れもの。これが無料...

 

▼CrystalDiskMark 6のベンチマークスコア。上はCrucial BX500、下はChuwi GT BoxのデフォルトのM.2 SSDとなりますが、ほぼ同水準のスコアです。

AmazonのCrucial BX500の製品情報では「シーケンシャル読み取り: 540MB/秒 , シーケンシャル書き込み: 500MB/秒」とありますが、概ね公表値どおりのスコアとなっています。約3,500円でこのスコアであれば十分以上(SATA 3ではこのあたりが限界値)。

まとめ、価格情報

240GBで約3,500円のCrucial BX500。やや高めのマウスやキーボードと同価格帯で240GBのSSDが購入できるとは恐るべし。デスクトップやノートPCなど、起動ドライブに2.5インチのHDDを使用している方は是非お試しください。Windows 10やアプリの起動など、その速さに間違いなく驚くことでしょう。

 

▼起動ドライブをHDDからSSDへと換装したPCの関連記事

Core 2 Duo機、SSDへの交換で悪戦苦闘も、苦労が吹き飛ぶ爆速仕様に
私のメインパソコンは今さらながらの2010年製のCore 2 Duo機であるNEC Mate、MY29RA-9(Windows 10へアップデート済)。他にもWindows tablet・Stick PCを持っていますが、それらと比...
2012年製のLenovo IdeaPadがSSDへの換装で快速仕様に。もっと早く交換すべきだったと激しく後悔
約6年前の2012年に購入したLenovo IdeaPad Z575。家族のメイン機として使用しているのですが、Windows・各種アプリの起動・挙動が遅く、家族からの不満が続出。私もその遅さのために、ほとんど利用しなかったのですが...

 

コメント