CHUWI CoreBook Pro、Core i3-6157U,NVMe SSD搭載の13型ノートが クーポン価格 379.99ドルの販売情報

先日、速報ベースでお知らせした「CHUWI CoreBook Pro」。アスペクト比 3:2の13インチディスプレイに、第6世代のCore i3-6157U、NVMe対応の256GB SSDを搭載していますが、その価格は私の想像よりも安く、Banggoodの11/14時点のクーポン価格は 379.99ドル。CHUWIの直近のノートPCではGemiBookあるいはGemiBook Pro推しでしたが、この価格なら CoreBook ProがCHUWIのイチオシ製品。

関連記事

CHUWI CoreBoook Pro、13型 アスペクト比 3:2、Core i3搭載のWin 10ノートが発売に

スポンサーリンク

CHUWI CoreBook Proのスペック

GemiBook / GemiBook Proと同様に、通常の16:9のアスペクト比ではなく、縦長で情報量の多い 3:2の13インチディスプレイであることも特徴の1つ。GemiBook / GemiBook ProのCPUがGemini Lakeであるのに対して、CPUは旧世代ながらも Core i3-6157Uにスペックアップしています。

 

CHUWI CoreBook Proのスペックは以下となります。

CPUCore i3-6157U、2コア4スレッド
GPUIntel HD Graphics 550
メモリ8GB DDR4
ストレージ256GB NVMe 対応 M.2 SSD、SATA M.2 SSDの空きスロットあり
ディスプレイ13インチ解像度 2160 x 1440、アスペクト比 3:2、IPS
WiFi11a/ac/b/g/n
Bluetooth4.2
フロントカメラ1百万画素
ポート類USB 3.0、USB Type-C(フル機能)
バッテリー容量46.2Wh(11.55V/4000mAh)
サイズ28.90 x 21.90 x 1.775 cm、1.34kg
OSWindows 10 Home

 

第5世代もしくは第6世代の旧世代のCPUを搭載することにより、価格を抑えたモデルを販売することが中国ブランドのPCによくある手法。CoreBook / CoreBoxなど、「Core」を冠した製品はCHUWIでは上位のシリーズです。

  • 第6世代のCore i3-6157UとNVMe 対応のSSDの組み合わせにより、エントリーPCに多いGemini Lake搭載機よりもワンランク上のレスポンス。
  • Gemini Lake N4100 / J4125でも、Webブラウジングや軽いオフィスソフトは普通に動作しましが、Core i3-6157Uではより機敏に動作。
  • 標準装備のNVMe対応のSSDはSATAと比べて、大きく体感できる速さではありませんが、Windows 10の起動や終了、大量ファイルの並び替え、同容量アプリのインストールなどで、SATAよりも速いことを体感できます。
  • SATA M.2 SSDの空きスロットを装備しているため、データ保存用として活用できます。挫折することが多くおすすめしませんが、私ならHackintoshによるmacOSの導入にチャレンジします。
  • メモリは、GemiBookの12GB、GemiBook Proの16GBに対し、CoreBook Proは8GB。(スロット形式との記載がなく、CHUWIの製品の傾向から)オンボードで増設できず。ただし、一般的には8GBで十分。

 

▼第6世代のCore iは、ThinkPad X1 Carbon 2016モデルなどで搭載されています。悩ましいのは、CoreBox Proの価格以下で、ThinkPad X1 Carbon 2016モデルの中古が購入できること。

中古購入 ThinkPad X1 Carbon 2016の実機レビュー。Celeronクラスの新品PCよりも安価で実用的
中古のThinkPad X1 Carbon 2016モデルをヤフオクで落札しました。サイト記事編集用あるいは在宅勤務でのサブ機としての使用が目的ですが、以前に同じく中古で購入のX220のトラックポイントとキーボードの使い勝手がよいた...

 

▼Banggoodの製品紹介では、M.2 SSDは2280サイズと2242サイズとあるものの、イメージ画像では NVMe対応のPCIe接続(標準装備)、SATA 接続の空きスロットともに2280サイズ。

CHUWI CoreBook Proの外観と機能

2018年あたりから、CHUWIのノートPCは一貫して同一製造元と思われ(CHUWIは製造元ではありません)、どの製品も概ね同じデザインとなっています。CoreBook Proにおいては、GemiBook / GemiBook Proとほぼ同じデザインです。

ボディは金属製とありますが、おそらくは(傾向から)天板と底板はアルミ製、キーボード面は樹脂製でしょう。CHUWIに限らず、中国ブランドの2017年までの製品で金属製とする場合には、全面アルミ製が多かったのですが、2018年以降はキーボード面は樹脂製の製品が多くなっています。

 

▼13インチのディスプレイの解像度は2160 x 1440、IPSのグレアパネル。ベゼル幅の記載はありませんが、左右は5~7mmと推定。

 

▼2280サイズのM.2 SATA SSD 空きスロットには、底板を外すことなくアクセスできます。

 

▼電源ボタンは右上(赤い部分)に配置されているものの、通常レイアウトの英語キーボード。Enterキーの横1列がないことに好感。同製造元のキーボードのタイピング感は良好であり、CoreBook Proも期待できます。

 

▼私としては、フルサイズのUSB 3.0ポートがもう一つ欲しいのですが、USB Type-Cは映像出力・充電に対応しています。PD 2.0のFast Chargeに対応し、1時間で60分の充電が可能。

まとめ、クーポン価格

GemiBook / GemiBook ProのGemini Lakeよりも快適動作のCore i3-6157Uを搭載する「CoreBook Pro」。ディスプレイは13インチと大きくありませんが、在宅勤務での大量データ・関数のExcelやAccessも遅さを感じることなく動作する水準。

私としては450~500ドルあたりの価格を想像していたのですが、Banggoodの通常販売価格は429.99ドルと想像より安く、個数限定ながらもクーポン価格は 379.99ドル。この価格なら、メモリ 12GBのGemiBook、16GBのGemiBook Proよりもおすすめです。

 

▼Banggoodではクーポン「BGJPCWCP5」の利用により、379.99ドルで販売中。ただし、5個限定・11/18まで

CHUWI CoreBook Pro

 

▼こちらは引用した GemiBook / GemiBook Proの記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました