CHUWI UBook X、12インチ 2K解像度の2in1が新発売。アスペクト比 3:2となり、Gemini Lake搭載は維持

CHUWIより「UBook X」が発売となりました。先行して Core m2-8100Y あるいはGemini Lake N4100を搭載するUBook Pro、Gemini Lake N4100を搭載するUBookが販売されていますが、このUBookシリーズの第3段。N4100、メモリ 8GB、SSD 256GBは同様ですが、アスペクト比 3:2 / 解像度 2160×1440と通常の16:9よりも縦長の12インチディスプレイであることが大きな特徴。

参照元

CHUWI 公式 製品情報ページ

CHUWI 日本公式サイト

関連記事

UBook ProとUBookがAmazonで販売開始、Core m3 vs Gemini Lakeなど、スペックを比較してみた

スポンサーリンク

CHUWI UBook Xのスペック

ディスプレイ以外は現行のUBook Pro Gemini Lake版(Core m3-8100Y版もあり)とUBookと同スペックのUBook X。ただし、先ほどAmazonやAliExpress、Banggoodを確認すると、従来は多数あったUBook Proが少なくなっていることから(Core m3-8100Y版は見当たらず)、今後 UBook Xに置き換わる可能性もあります。

UBook Xのスペック詳細は以下となります。

CPUGemini Lake N4100
GPUIntel Iris Graphics 600
メモリ8GB LPDDR4
ストレージ256GG SATA SSD
ディスプレイ12インチ、IPS、解像度 2160×1440(アスペクト比 3:2)
WiFi11a/ac/b/g/n
Bluetooth5.0
ポート類USB Type-C (フル機能)、USB 3.0、Micro HDMI、カードスロット
バッテリー容量未確認
サイズ(本体)292.19 x 207.89 x 9mm、780g
OSWindows 10 Home
その他筆圧4096レベルのスタイラスペン(HiPen H6)に対応

 

▲やはり大きなポイントは、通常の16:9のアスペクト比よりも縦長の3:2のディスプレイ。私が所有の10インチクラスでは、以下のSurface Goが3:2のアスペクト比ですが、通常のディスプレイと比較して著しい相違ではないものの、ExcelやWebサイトの閲覧で縦長の情報量の多さを活かすことができます。

ちなみに、12.3インチのUBook Proの解像度は 1920 x 1280。UBook Xは 解像度 2160×1440と纔かにアップしています。

写真多数、Surface Go 実機の外観レビュー。キックスタンド・タイプカバーの造り・実用性も十分
外出時・通勤時の携帯用端末として購入したSurface Go。そのコンパクトさとタイプカバーの使い勝手のよさによるメリットが大きく、これまで外出先でのサイト記事編集で使用していたASUS T90Chi、iPadに替わる機種として購入...

 

CPUのGemini Lake N4100は、Wordやデータ量の多くないExcelなどのライトユースではサクサクと動作しますが、Core m3-8100Y版のUBook Proの流通が復活しない場合には(7/30時点では海外通販サイトとAmazonで見つからず)、ぜひワンランク上のCPUを搭載するバージョンもリリースしていただきたいものです。

外観と機能

UBookのネーミングの由来は、上の画像のとおりにキックスタンドがU字型となっていること。軽量化に貢献しています。色合いとしては、CHUWIの他製品に共通するシックなグレイですが、おそらく背面はアルミ製と思われます。

 

▼上の画像はUBook X、下の画像はUBook Pro。UBook Xのイメージ画像は背景が黒でわかりにくいのですが、UBook Proよりも上のベゼル幅が気がつかない程度に狭いものと推定します。

また、UBook Proではブラックのキーボードから何故か(在庫不足?)ブルーのキーボードに変更となりましたが、UBook Xはブラックのキーボードとなり、私としてはベゼルのブラックと統一感がありホッとしました。

 

▲UBook X(上)とUBook Pro(下)のポート類は右側が異なっています。私としてはUSBポートの多いProが好み。

まとめ

11.6インチのUBookと12.3インチのUBook Proの中間となる、12インチのUBook X。なぜここで 12インチかと疑問だったのですが、(繰り返しますが)UBook Proは在庫のみの流通であり、UBook Xに置き換わるものと推測します。この場合には、やはり上位のCPUを搭載するバージョンのリリースに期待。

参照元

CHUWI 公式 製品情報ページ

CHUWI 日本公式サイト

関連記事

UBook ProとUBookがAmazonで販売開始、Core m3 vs Gemini Lakeなど、スペックを比較してみた

コメント

CHUWI HiPad X

Helio P60、eMMCより3倍高速なUFSを搭載の10型タブレット「CHUWI HiPad X」。Banggoodでは 179.99ドルで予約販売中(キーボードは別売り)

Banggood 販売ページ

▼詳細記事はこちら
CHUWI HiPad X、eMMCより3倍高速なUFS、Helio P60搭載の10型 Androidタブレットがリリース
タイトルとURLをコピーしました