CHUWI UBook Pro、公式のバッテリーテスト動画が公開。Web閲覧やゲームなど、使用状況別のバッテリー消費が明らかに

明日(11/8)、Indiegogoサイトでのクラウドファンディング終了となる、Core m3-8100Yを搭載するCHUWI UBook Pro。12.3インチのSurface風 2 in 1ですが、CHUWIよりバッテリー消費のテスト動画がリリースされています。上の画像にオフィスワークでは8時間持続などの指標が掲載されていますが、実際のバッテリー消費はいかがなものか。公式動画からポイントを整理してみました。

スポンサーリンク

CHUWI UBook Proのバッテリーテスト

▲YouTubeで公開のCHUWI公式のバッテリーテストの動画はこちら。動画内に記載がありますが、バッテリーテストの条件は以下となります。

  • 明るさ 50%、WiFi接続
  • 記載はないものの、テストの製品はCore m3-8100Yモデルでしょう。まさか、Gemni Lake N4100モデルではないと思います。

 

▼動画にも表形式で記載がありますが、あらためて整理したのがこちら。100%換算と時間表記は、単純にテスト時間と消費%から逆算した数値となりますが、ご参考まで。

使用状況テスト時間消費%100%換算時間表記
Web閲覧30分7%428分7.1時間
オフィスワーク30分5%600分10時間
オンラインミュージック45分13%346分5.7時間
4K 動画視聴45分20%225分3.7時間
ゲーム30分22%136分2.2時間

 

冒頭の画像には、ビデオで4時間、音楽で13時間、オフィスワークで8時間とありますが、概ね同様の結果です。私はWindows 10 ノートはバッテリーがそれほど持たないとの既成概念もあり(実際そうなのですが)、複数あるWindows 10 ノートでバッテリー消費を実測したことはありません。ただし、Web閲覧で7時間、オフィスワークで10時間もバッテリーが持つ感覚はないものの、テストを見る限りではUBook Proのバッテリー消費は健闘しているような感覚です。

一般的に、製品紹介や仕様上ではバッテリー消費を推し量れないものですが、このようにバッテリーテストを公式情報として公開していただけると安心感があります。もっとも、バッテリー搭載量を別にすると、Androidと異なりWindowsで同一スペックの場合には、バッテリー消費の差が出にくいとの見解もありますが。

なお、今回の動画ではディスプレイの品質も何となく感じ取ることができます。FHDのディスプレイとなりますが、明るさ%としては明るく、また、他のIPSパネルと同様に視野角も十分。

 

▼UBook Proの一般サイトでの販売前のはずなのですが、AliExpressとBanggoodでは、早くもGemni Lake N4100版が販売されています。

CHUWI MiniBook Core m3版が469.99ドル、UBook Pro N4100版 キーボード付が334.99ドルのセール情報。AliExpressにて期間限定
AliExpressで日本時間の11月11日 午後5時にスタートとなる「いい買い物の日」セールにて、なんと CHUWI MiniBookのCore m3-8100Yモデルが469.99ドル、CHUWI UBook ProのGemin...
Chuwi UBook Pro、早くもBanggoodでプレセールに。Gemini Lake N4100版本体のクーポン価格は369.99ドル
12.3インチにU型のキックスタンドが特徴の、Surface風 Windows 10 2 in 1タブレットのChuwi UBook Pro。CPUにCore m3-8100Yを搭載するバージョンと、Gemini Lake N410...

 

▼UBook Proの公式サイトはこちら。また、UBook Proの仕様などは以下の記事他で多数投稿していますので、ご参考。

コメント