CHUWI、新規ミニPCのスペック投票企画を8/25まで開催、抽選で10名にデモ機をプレゼント

CHUWI 公式サイトにて、「2021年9月よりクラウドファンディングを開始するミニPCのスペックを、投票結果によって決める催し」を8月25日まで行っています。投票期間の終了後、投票に参加の方から抽選で10名にデモ機がプレゼントとなるようです(発送は11月)。

▼投票サイトはこちら

CHUWI ミニPC投票、特設サイト

ミニPC投票企画の項目など

投票・応募は、ミニPCのスペック・構想を文書で記載するのではなく、以下の項目について、設定された選択肢から選択する簡単なもの。メアドを登録(メルマガ配信の登録)となりますが、4つの項目の投票により「10名にデモ機プレゼント」の権利を得ることができます。

  1. 筐体の素材
  2. プロセッサ
  3. メモリ容量
  4. ストレージ容量

 

私も実際に投票しましたが、CPUの選択などのスペックに応じて、合計価格が変動します。

 

▼CPUは8コア16スレッドの Core i7-10870Hも選択できますが、私は価格とのバランスを考慮し、Core i7-1165G7を選択。上記のいづれのCPUを選択した場合にも、心地よいほど快適に動作します。CHUWIのミニPCとしては、従来製品以上のハイエンド機であることに間違いはありません。

 

▼私が投票したミニPCの構成では 860ドル(目安、参考価格です)。メモリの選択肢に12GBもあることから、メモリはオンボードの可能性もあるように思います。

 

ミニPCやUMPC、ノートPCなど、CHUWI以外でも多くの製品がクラウドファンディングを通じてリリースされていますが、今回のスペックの投票企画は新鮮なものです。1分もかからず投票できますので、デモ機プレゼントの運試しに投票してみるとよいと思います。

▼投票サイトはこちら

CHUWI ミニPC投票、特設サイト

 

▼CHUWIの現行のハイエンド寄りのミニPCの事例はこちら。おそらく、ボディは刷新されることと思いますが、投票の選択肢から、こちらのCoreBox Proよりもハイスペックであることは確実です。

CHUWI CoreBox Pro 実機レビュー、Core i3-1005G1 / PCIe SSDで快速レスポンス、想定外の静音仕様
多くのミニPCやノートPCをラインナップに揃えるCHUWIですが、ミニPCの上位となるのが「CoreBox」シリーズ。うち、ハイエンドとなるのが インテル 第10世代のCPU Core i3-1005G1を搭載する「CoreBox ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました