Chuwi Minibookのファンディング価格、日本語キーボードの新情報。Core m3とGemini Lakeの併売も

Chuwi MiniBookのクラウドファンディングがIndiegogoサイトにて開始されていますが、新しい動画と価格情報の公開とともに、日本語キーボードに変更可能との情報もあります。また、CPUはCore m3-8100Yのみと思っていたのですが、Core m3-8100Y版と当初の情報にあったGemini Lake N4100版が併売されるようです。

出荷は2019年9月となりますが、Indiegogo サイトにて新たに確認できた情報をメインにお伝えします。

スポンサーリンク

Chuwi MiniBookのスペック

以下は他の記事でも掲載の、GPD Pocket 2 Max、One-Netbook One Mix 3、Falcon 2のスペックを比較したものですが、Chuwi MiniBookはCore m3-8100Y版を表示しています。

スペックのみをみると、画面サイズは別にしても、ディスプレイの解像度・デフォルトのSSDやスタイラスペンの対応状況ともに、GPD Pocket 2 Max、One Mix 3 / 3Sが優位ですが、価格面ではMiniBookが魅力的となり、利便性でもMiniBookが優位な事項もあります(詳細は後段)。

One Mix 3Sが販売開始に。Chuwi MiniBook,One Mix 3,3S Platinum Editionとのスペック比較
One-netbookにGPD、ChuwiにTopjoyと、GPD Pocket 初代のクローンとなる8インチ UMPCが同時期にリリースとなり混沌とした状況に。このうち、One-netbook One Mix 3SとOne Mix...
Chuwi MiniBook vs One Mix 3S、スペック・キーボード他の詳細を画像で比較
One-netbook One Mix 3Sが販売開始となったのに伴い、私の興味はOne Mix 3シリーズとChuwi MiniBookのスペックと機能性の相違点。双方ともにCPUはCore m3-8100Yで同一であるものの、P...

 

▼デフォルトのストレージをeMMCとし、ユーザーでM.2 SSDを増設、起動ドライブ化できることはメリットの一つ。PCIe対応ですが、2242サイズでありSSDを探しにくいかも。

実機写真で見るデザインと機能

デザインとしては、7インチのOen Mix 初代と2シリーズをそのまま大きくしたイメージです。ただし、日本語キーボードの設定があるのは大きな特徴。

 


▲英語キーボードと日本語キーボードの設定があり、日本市場を意識していることがわかります。

ちなみに、私としては英語キーボードが好み。一般的にはキーのサイズ・配置は日本語キーボードよりも余裕があり、英数・かな切替は以下のフリーソフト「Alt IME」により効率的にできるため、英語キーボードで不自由することはありません。

英語キーボードの「かな」「英数」をAlt空打ちで瞬時に切替。alt-ime-ahk.exeで快適な入力環境
日本の店頭に並んでいない、海外通販にて購入したパソコンのキーボードは英語キーボード。私が先日購入した「Jumper EZBook 3 Pro」も英語キーボードです。iPad、iPad miniでは英語キーボードを利用し、慣れたつもり...

 

▼これまで明らかではなかったポート類の配置も判明。左右の両サイドにUSBポートがあり、電源となるUSB Type-Cは左サイドにあります。マウスを利用することを前提とすると、私には理想のレイアウトです。

 

▼大きなポイントとなるのはキーボードのキーの配置。One Mix 2シリーズと同様にLキー下のキーなどが変則的なサイズとなり、左右に分割されたスペースキーの下に左右クリックボタンがあります。
7インチのOne Mix 2シリーズでは快適とは言えないタイピング感と使い勝手ですが、8インチとなり どの程度向上しているかがポイント。

 

▼Chuwi MiniBookとキーボードレイアウトが同様の、One Mix 2Sの実機レビュー記事はこちら。

One Mix 2S 実機の外観レビュー。精巧・精緻な造りも、キーボードはサイズ的に難あり
2月5日に注文し出荷督促のうえに2月27日に受領したOne Mix 2Sですが、約5時間使用の後にまさかの起動しない事態に。返品修理となること濃厚ですが、そうなるとおそらくは最短2週間ほどは手元にない状況になるため、起動しないままに...

 

▲▼シックな配色は、LapBook SE / AeroBookなどの傾向を踏まえたものですが、右上の電源ボタンの赤枠は、AeroBookと同様にデザイン的に違和感あり。赤枠がないほうがすっきりすると思うのですが。

待望のChuwi AeroBook、スリムなCore m3搭載機が正式販売に。魅力の4万円台でセール中
待望のChuwi AeroBookとLapBook Proが、AliExpressのChuwi オフィシャルストアにて同時に販売開始となっています。しかも、Chuwi もしくはAliExpressのAnniversary Saleと...

 

▼女性のバッグにもすっぽりと収まることを強調する写真ですが、さすがにChuwiの製品は、その配色とロゴのさりげなさでより質感高く見えます。

 

▼こちらはChuwiの公式動画 第2弾。

▲▼第1弾の動画はこちらの記事を参照ください。

Chuwi MiniBook、Core m3-8100Y搭載 8型UMPCの公式動画が公開に
GPD Pocketの8インチクローンとしてリリース予定のChuwi MiniBook。8インチクラスとしては、GPD Pocket 2 Max、One-netbook One Mix 3 / 3S、Topjoy Falcon 2と...

 

まとめ、価格情報

One Mixをそのまま8インチ化した感覚もあるChuwi MiniBookですが、左右両サイドのUSBポートや、ユーザーで簡単にM.2 SSDを増設・換装できることなど、使い勝手や利便性がより高いように思います。

気になるポイントは変則的なキー配置によるタイピング感(7インチのOne Mixのタイピング感から向上しているか)と、出荷は2019年9月となること。3ヵ月もあれば、GPDやOne-netbookが新規端末をリリースしている可能性もあります。

なお、ファンディング価格として、Indiegogoサイトに記載のとおり、2019年6月21日時点では以下の価格で販売しており、この価格は大いに魅力的。

  • Core m3-8100Y版は530ドル
  • Gemini Lake N4100版は430ドル

上記の価格は一例です。私はメルマガ登録しているのですが、さらに安価な価格情報もあり、気になる方は登録してみてください。なお、集まった出資額に応じて、指紋認証などの機能が追加となります。

 

▼スペック的には、MiniBookのGemini Lake版とOne Mix 1Sが競合します。

One Mix 1S、7型UMPCが新登場。2Sと同ボディ,CPUを3965Yとし約5万円に。RAM 8GB/SSD 128GBなど機能は充実
One-Netbookの勢いが止まらず、今度はOne Mix 1Sのリリースです。One Mix 2Sの7インチのボディに、CPUをCore m3-8100YからCeleron 3965Yと抑えつつも、メモリ 8GB / PCIe ...

▼古い情報もありますが、Chuwi MiniBookの関連記事はこちら。

Chuwi MiniBook 詳細が公式サイトで明らかに。GPD Pocke 2 Max対抗でCPUはCore m3 8100Yに仕様変更
4月に速報ベースでお伝えしたChuwi MiniBookですが、Chuwi Officialサイトに正式にアップされています。驚きなのが、CPUは当初 Gemini Lake N4000/N4100としていたのですが、GPD Poc...
Chuwi MiniBook、Core m3-8100Y搭載 8型UMPCの公式動画が公開に
GPD Pocketの8インチクローンとしてリリース予定のChuwi MiniBook。8インチクラスとしては、GPD Pocket 2 Max、One-netbook One Mix 3 / 3S、Topjoy Falcon 2と...

 

One Mix, GPD
スポンサーリンク
kenkenをフォロー。Twitterでも記事更新を配信しています。
スポンサーリンク
Win And I net

コメント