CHUWI MiniBookでHackintosh、海外での成功事例。CPUファンのリスクはあるが概ね動作(私も導入成功)

現在、複数のノートPCでHackintoshを夢見ている私ですが、そのうちの一つがCHUWI MiniBook。他のPCでHackintoshに成功した High Sierraのインストールディスクで導入を試みているのですが、別のPCIe SSDを搭載するPCと同様に、PCIeの認識でエラーとなってしまいます。そこで海外サイトを探ってみると、CatalinaとMojaveでの成功事例がありました。CPUファンが正常に動作しないなどのリスクを伴うものの、近々に試してみる予定ですが、まずは私の備忘録替わりとして記載します。

トップ画像のとおり、私もCatalinaを導入し、ディスプレイの明るさ調整、キーボード、トラックポイントなども含め、概ね動作しています。詳細は以下の記事を参照。
CHUWI MiniBook、macOSとWindowsのデュアルブートが実現。Hackintoshの夢を見る手順
海外の有志のおかげで、CHUWI MiniBookのHackintoshにあっさりと成功し、macOS CatalineとWindows 10のデュアルブートのUMPCの出来上がりです。CPUファンが低速回転、指紋認証は動作せず、C...

参照元

CHUWI Minibook Hackintosh

スポンサーリンク

CHUWI MiniBookでHackintoshの前提とリスク(7/5時点)

Hackintoshを行う際の通常の権利面でのリスク以外に、上記のリンク先記事に以下の記載があります。

  1. macOSはeMMCを認識しないため、SSDにインストールする必要あり
  2. 以下の英文に、「Windowsからのwarm bootをしない限りは、ファンは低速で回転する」とあります。warm boot / cold bootにはこちらの記事「ウォームスタート、コールドスタート、シャットダウンの違い」を参照。これでは常用は困難で、お試し版の位置づけとなりそうです。
  3. キーボード、トラックポイント、タッチパネルなど概ね機能するようですが(Bluetoothも)、動作しないものは指紋認証、eMMC、カードリーダー。この程度ならほぼ完璧に近いのですが、上記2が大きなネック。
  4. Core m3-8100Yモデルのみが対象です。Gemini LakeはMacの搭載事例がないため、動作しません。

 

fan only works on low speed unless you do a warm boot from either linux or windows…if u dont want to worry about your device over heating then only enter macos after restarting from either of those operating systems until the problem is fixed!!!

 

CPUファン以外のリスク・不便さとして、PCIe SSDをWindows、eMMCをMacとしたいところですが、確かにMacでeMMCは認識しない(搭載事例がない)ため、SSDをMac、eMMCをWindowsでやむなし。ただし、メインのWindowsが低速なeMMCとなるのは嫌ですね。SSDのパーティションを作成し、WinodwsとMacの同居も避けたいもの。

現在、PCIe SSDをWindowsのドライブとしていますが、これを一旦外して、別途用意するSATA SSDにMacをインストールして試してみるつもりでいます。また、確実にwarm bootする手段の検討も必要です。

実機レビュー、CHUWI MiniBookにPCIe SSDを増設、OSクローンにより起動ドライブ化。Win 10起動は体感できるほど高速に
UMPCのなかでも特にコスパに優れた CHUWI MiniBook Core m3-8100Y版の楽しみの一つは、より快適なPCIe SSDを増設(換装)すること。早速、256GBのPCIe SSDを購入し、OSをクローン・起動ドライブ化しました。これにより、Windowsやアプリ起動もより速く快適仕様に。

CHUWI MiniBookでHackintoshの手順

当記事を参照している方は、Hackintoshの駆け出しの私よりは詳しいと思いますので詳細は海外サイト「CHUWI Minibook Hackintosh」を参照ですが、チュートリアルに従う、あるいはUniBeastで汎用のインストールディスクを作成し、上記サイトで提供されているEFIフォルダなどのコピペ(置換)で対応できそうな気配です。実際に試してみないとわかりませんが、以下のThinkPad X220のように自分であれこれと確認することなく対応できそうな感覚もあります。

ThinkPad X220でHackintosh、macOS High Sierraをインストール。ほぼ完璧動作も起動が不安定に(対応済)
HackintoshによるmacOSとWindows 10のデュアルブートを夢見て、中古で購入したLenovo ThinkPad X220。国内外でのHackintoshの事例も多く、ツールも用意されているX220ですが、私の場合は...
Hackintosh、「UniBeast」によるmacOS インストールディスクの作成手順
Windows 10 PCでmacOSを動かす「Hackintosh」の夢を見て試行錯誤している私。中国製のCore i3-5005U ノートではあと一歩のところで頓挫、Lenovo Thinkpad X220では先人の方々のツール...

まとめ

warm bootしない限りはCPUファンが低速回転、eMMCを有効利用できないなどの条件はありますが、UMPCであるCHUWI MiniBookで(常用は無理そうですが)Hackintoshの夢が見れそうな気配です。本日のところは手元にある2242サイズのM.2 SSDが全て使用中のため、試すことはできませんが、近々に試してみる予定です。

 

私もCatalinaを導入し、ディスプレイの明るさ調整、キーボード、トラックポイントなども含め、概ね動作しています。細かい調整はまだですが、詳細記事は後日投稿します。
CHUWI MiniBook、macOSとWindowsのデュアルブートが実現。Hackintoshの夢を見る手順
海外の有志のおかげで、CHUWI MiniBookのHackintoshにあっさりと成功し、macOS CatalineとWindows 10のデュアルブートのUMPCの出来上がりです。CPUファンが低速回転、指紋認証は動作せず、C...

 

▼ThinkPad X220以外のHackintosh 事例。以下と同スペックの14インチノート「Jumper EZBook X4 Pro」でも奮闘中ですが、ディスプレイの光度・キーボードの認識(kextを正しくインストールできない)などで難航。

ミニPC「CHUWI GT Box」のHackintoshの夢が実現、macOS High Sierraが安定動作
私がこれまで試行錯誤していた Core i3-5005U / Intel HD Graphics 5500を搭載するPCのHackintoshですが、昨日 UniBeast / MultiBeast / Clover Configu...

 

▼私が他のPCで使用している 2242サイズのM.2 SSD。240GBで4,000円台。

コメント

タイトルとURLをコピーしました