Chuwi LapBook SE、Gemini Lakeノートの本命がついにリリース。クーポン適用で期間・個数限定 279.99ドル

ついに(意外と早く)Gemini Lake ノートの本命「Chuwi LapBook SE」がリリースされました。Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、ストレージはeMMC 32GBプラスSSD 128GB、13.3インチのIPSディスプレイと無難なスペックであるものの、特筆すべきかはそのデザイン。Chuwiの製品は新規リリース毎により洗練されている感覚ですが、イメージ写真を見る限りは従来以上にMacBookと勝負できそうな質感です。

このLapBook SEが期間・個数限定となり、出荷は9月17日以降となりますが、文末のクーポン適用にて279.99ドル。Jumper EZBook X4のIPSパネル機(出荷待ち。329.99ドル)よりも安くなってます。今回はあらためて、このChuwi LapBook SEの概要を確認してみました。

 

関連記事

Gemini Lake搭載ノート、Teclast F5、Chuwi LapBook SEがリリース予定

質感の高いボディはさすがにChuwi

本来ならばスペックから紹介するところですが、私はこのChuwi LapBook SEのデザインに心惹かれているために、今回はデザインより掲載します。

個人的なことではXiaomi Mi Notebook Proの購入に向けて検討していたのですが、このLapBook SEを衝動買いしてしまいそうな勢いです。

 

▲画像にある文章も魅力いっぱい。ポイントを記載すると以下となります。

  • 12インチクラスのボディサイズに、13.3インチのディスプレイをおさめている。
  • (ちょっと大袈裟ですが)航空機でも使用されるアルミ製のボディにA4サイズの大きさ。

 

以下で紹介の11.6インチのGemini Lake ノート「Teclast F5」もA4サイズですが、LapBokk SEの言葉どおりにとると13.3インチでA4サイズとは遅るべしです(以降のスペックに記載しましたが、A4サイズと言うにはやや無理がありそう)。

Teclast F5、Gemini Lake,メモリ8GB,SSD 128GBに11.6型タッチパネルと魅力満載の概要をあらためて確認してみた
Gemini Lake N4100を搭載する出荷待ちのノートPCとして、先日 Teclast F5、Chuwi Lapbook SEを紹介しました。気が付いてみると、いつの間にかTeclast 公式サイトにてイメージ画像を多数そろえ...

 

▲▼サイドぎりぎりまでキーボードがあり、タッチパッドはやや大きめで、使い勝手もいいように感じ取れます。なお、キーボードのバックライトの有無は未確認です(海外サイト情報ではバックライト付き)Chuwi 公式サイトで確認したところ、バックライト付きのキーボードです。

 

▲シックな色調に黒いベゼル、横幅いっぱいのキーボードとデザインのよさもさることながら、極力 無駄なスペースをそぎ落としたデザインも秀逸。Laptop Airと同様にChuwiのロゴは光るものか否かは未確認。

実機でみる、Chuwi Lapbook Air、MacBook Airの外観・質感の比較
Chuwi Laptop Air、Jumper EZBook、T-bao Tbook Airなど、デザインのみならずネーミングまでMacBook Airを意識している中国製のノートPC。その意気込みのとおり、本家本元のMacBook...

 

▲HDMIポートにUSB 3.0 × 2と拡張性も十分。キーボード面の角は多くの端末と異なり、クローム調処理をされていない(と思われる)ことも、私としては好みのデザインです。

LapBook SEのスペック

順番が逆となりましたが、Chuwi LapBook SEのスペックです。

 

  • CPU: Gemini Lake N4100
  • GPU: Intel UHD Graphics 600
  • メモリ: DDR4 4GB
  • ストレージ: 32GB eMMC + 128GB SSD
  • ディスプレイ: 13.3インチ、1920 x 1080 (FHD) 、IPS
  • WIFI: 11b/g/n/ac
  • インターフェース: HDMI、USB 3.0 × 2
  • バッテリー: 5000mAh
  • サイズ: 31.70 x 21.50 x 1.59 cm
  • 全面アルミ製のボディ

 

サイズとしてはやはり「A4」というには無理があり、並みの13.3インチクラスのサイズのようです。

ストレージはeMMCとM.2 SSDのデュアル構成ですが、普通に考えるとeMMCが起動ドライブ、SSDがデータ保存用なのでしょう。

Gemini Lakeのレスポンスについては、ゲームなどの過度に負荷のかかること以外の普段使いならサクサクと稼働します。詳細は以下の記事を参照ください。

Gemini Lake vs Apollo Lake、実機のベンチマークと体感レスポンスの比較
Gemini Lake N4100のミニPC「Alfawise T1」をメインPCとして使用し約20日が経過しましたが、これまでの使用実績を踏まえ、あらためて Apollo Lake N3450とベンチマーク、レスポンスの体感差を整...

 

▼Jumper EZBook X4 IPSパネル版とのスペック比較です。

Gemini Lake ノート、Chuwi LapBook SE vs Jumper EZBook X4 IPSパネル版。スペック・外観比較
13~14インチクラスの中国メーカーのGemini Lake ノートにおいて、比較検討することが多くなると思われるのが「Chuwi LapBook SE」と「Jumper EZBook X4」。2017年度のApollo Lake ...

まとめ

取り急ぎの、Chuwi LapBook SEのリリース情報でした。LapBook SEのイメージ写真のみでの判断ですが、13・14インチのGemini Lake ノートとしては、先行リリースのJumper EZBook X4(Jumper EZbook X4、Gemini Lake N4100搭載の14型アルミ製PCの概要を確認してみた)よりもデザインはよく、またコスパは高いような感覚です。

Gemini Lake ノートの売れ筋となることに間違いなく、海外ユーザーサイトを賑わせてくれることでしょう。LapBook SEのリリースで、Jumperがどうでてくるか(X4 IPSパネル版の価格を下げる、メモリ・SSD増量の派生モデルをリリースするなど)楽しみです。

 

▼GearBestの販売情報。8月6日までの100個限定となりますが、売れ行き好調なため、8月31日まで200個限定の期間延長となりましたが、クーポンコード「GB&TACWlapbookse」の適用で279.99ドル(31,673 円)となります。

Gearbest Chuwi Lapbook SE
Chuwi Lapbook SE

GearBest 関連記事

GearBestでの購入手続き実践編。実際の購入にあわせ 画像で概説

GearBest 海外通販、DHL 香港から日本まで配送期間・経緯を公開

GearBest、実例による中国から日本まで配送期間・経緯を公開

GearBestへの出荷督促手順を事例で紹介、督促は簡単・回答も即受領

コメント