Chuwi LapBook SE 実機のベンチマーク、CPU温度などを計測。概ね他のGemini Lake並みなれどSSDのスコアは良好

Gemini Lake N4100、128GBのSSDを搭載しつつも3万円ほどの13.3インチのファンレスノートPCであるChuwi LapBook SE。先日の外観レビューに続き、フリーソフトなどから抽出したシステム情報、ベンチマークスコアを掲載します。なお、本日で使用を始めて3日目であり、実際の使用感については、もう少し使い込んでからとしますので、今回は情報とスコアの記載に留めています。

 

関連記事

Chuwi LapBook SE 実機外観レビュー、3万円とは思えない質感に大きなキーボードは格別な使いやすさ

スポンサーリンク

システム情報

仕様上のスペックによらず、フリーソフト・デバイスマネージャーから抽出のシステム情報です。

 

▼CPUはGemini Lake N4100、メモリ 4GB、GPUはIntel UHD Graphics 600と、他のGenemi Lake N4100 搭載機と同じですが、HWiNFOより抽出したシステム情報です。参照する場合には、クリックで拡大ください。

▲▼CPU温度のモニターもできるHWiNFOの記事はこちら。

CPU温度、ドライブの動作などをモニターできるフリーソフト「HWiNFO」の概要
ミニPCのファン音が激しいために、他のPCでも使用している、CPUの温度を参照出可能なソフト(OpenHardwareMonitor)をインストールしたところ、エラーのために起動できず。 そこで探してきたのが、フリーソフト「H...

 

▼同じくHWiNFOで抽出したSSDの情報。日本では馴染みのないFORESEE製のM.2 SSDですが、後段のベンチマークスコアのとおり、性能はなかなかのもの。

FORESEE 公式 M.2 SSD ラインナップ

▲公式サイト上に同じ型番のものが見当たらないのですが、128GBは1種類しかないようですので、左端に記載の製品が該当すると思います。

 

▼32GBのeMMCはSan Disk DF4032。Inspiron 11 3000のエントリーモデルにも搭載されているeMMCのようです。中国メーカーのPCのなかには、コストカットのために安価なeMMCを搭載する機種もありますが、Chuwi LapBook SEはSan Disk製のため安心。

ベンチマークスコア、各種指標

手元にある、以下の他のGemini Lake N4100搭載機と大きく変わることはないのですが、参考までにベンチマークの実測スコアを掲載します。

Jumper EZBook X4 IPS版、実機のベンチマークスコア、使用感のレビュー
Gemini Lake N4100を搭載する、ファンレスの14インチノートのJumper EZBook X4。前回の記事「Jumper EZBook X4 IPS版、実機の外観レビュー。EZBook 3シリーズから正当進化でより高い...
Gemini Lake Win 10ミニPC Alfawise T1の実機レビュー、ベンチマークスコアも
Gemini Lake Celeron N4100を搭載するWindows 10 ミニPC「Alfawise T1」。DDR4のメモリ 4GB、ストレージは64GB eMMCとなる本製品ですが、拡張性の高いミニPCらしく、M.2 S...
Win 10 ミニPC Beelink Gemini X45の実機レビュー、Gemini Lake/RAM 6GB搭載でサクサク動き、静けさも特筆もの
多くのミニPCをリリースするBeelink。Gemini LakeのミニPCとしては、Beelink S2とGemini Xシリーズをリリースしていますが、うち Gemini X45 PremiumをGeekbuyingさんよりサン...

 

▼ドラクエベンチマークのスコアは「1541の重い」。Apollo Lake N3450 (Intel UHD Graphics 500)のスコアは2000台前半となるのですが、Gemini Lake N4100 (Intel UHD Graphics 600)のスコアはこの程度です。

ただし、同スペックのJumper EZBook X4が1800前後のスコアのため、LapBook SEはより低スコアとなっています。これは、Jumper EZBook X4のメモリクロックが1200MHzであるのに対し、Chuwi LapBook SEは1066.7MHzであることも一要因かと思われます。

Apollo Lake N3450のChuwi LapBook Airもメモリクロックが他よりも低く、スコアが伸びずにいました(Chuwi Lapbook Airのベンチマークを実測し、EZBook 3 Proと比較してみた)。

 

▼Geekbench 4を何度か試してみたものの、完走後のスコア表示のところで何故かエラーに。

 

▼CINEBENCH R15のOpen GL、CPUのベンチマークスコアは以下。比較対象が上位のCPU、GPUであるため低位となっています。

 

▼Gemini Lake N4100とApollo Lake N3450の体感レスポンスは以下の記事を参照。

Gemini Lake vs Apollo Lake、実機のベンチマークと体感レスポンスの比較
Gemini Lake N4100のミニPC「Alfawise T1」をメインPCとして使用し約20日が経過しましたが、これまでの使用実績を踏まえ、あらためて Apollo Lake N3450とベンチマーク、レスポンスの体感差を整...

 

▼上記ベンチマークで負荷をかけた状況でのCPU温度は最大83度。ボディの一部に熱を持つこともなく排熱処理は良好のようです。なお、ブログ記事編集・軽めの画像編集でのCPU温度は最大でも66度となり、全く問題ありません。

 

▼CrystalDiskMark 6.0.2のスコアです。上は32GB eMMC、下は128GB SSDです。

▲SSDは前述のとおりFORESEE製ですが、以下のJumper EZBook X4のSSDよりWrite側は断然よいスコアです。

ただし、EZBook X4の海外のユーザーレビューを参照すると、これほどわるいスコアのものはなく個体差かと思います。

 

▼自宅のWi-Fi環境下(Nuro 光)での回線速度は89Mbps。他の端末での最高記録は100Mbps、時間帯にもよりますが他の端末では概ね70から90Mbpsのため、Wi-Fi感度ともに良好。

▲ただし、今は復旧していますが、Wi-Fiの設定項目・アイコンがない現象もありました。

Windows 10、Wi-Fi設定・アイコンがない時に復旧した対応事例
Windows 10 PCを購入あるいは新規インストールの都度、新たな不具合が生じるもので、今回発生した現象はWi-Fiの設定が見つからない、Wi-Fiアイコン自体がない現象。ハード的なものやWi-Fiドライバーは正常なのですが、最...

まとめ

今回はシステム情報とベンチマークスコアに限定しお届けしました。ドラクエベンチマークスコアは他のGemini Lake N4100搭載機より僅かに劣る一方、SSDのスコアは良好と、概ね一般的なN4100・SSD搭載機の水準です。

実際の使用感は別記事としますが、2日使用した範囲では、Gemini Lake N4100を搭載することによりライトユースでさサクサクなレスポンスと、大きなキーボードで使い勝手は良好です。

 

▼GearBestでの価格情報はこちら。画像では279.99ドルとなっていますが、2018年11月11日時点では 264.99ドルです。なお、人気製品であるため納期に留意ください。以下の画像では表示していませんが、「Shipping」の項目が出荷予定日に該当します。

Gearbest Chuwi LapBook SE (GearBest)
Chuwi LapBook SE (GearBest)

 

GearBest 関連記事

GearBestでの購入手続き実践編。実際の購入にあわせ 画像で概説

GearBest 海外通販、DHL 香港から日本まで配送期間・経緯を公開

GearBest、実例による中国から日本まで配送期間・経緯を公開

GearBestへの出荷督促手順を事例で紹介、督促は簡単・回答も即受領

コメント