Chuwi LapBook SE、使いやすさ抜群のキーボードの特徴と私が絶賛する理由

Chwui LapBook SEを使用して、最も評価できるのはキーボードの使い勝手のよさ。自宅に複数あるノートPC、あるいは通販サイト・メーカーさんからお借りしたPCと比較しても、そのタイピング感のよさはダントツです。今回は、Chuwi LapBook SEのキーボードに特化して、私が評価・絶賛する理由を記載します。

 

関連記事

Chuwi LapBook SE レビュー、外観編。3万円とは思えない質感に大きなキーボードは格別な使いやすさ

Chuwi LapBook SE レビュー、3万円の価格以上の質感・使い勝手のよさは国内製品を軽く凌駕

スポンサーリンク

キーボードの特徴と使いやすさのポイント

Chwui LapBook SEのキーボードの特徴は以下となります。

  1. 13.3インチの横幅いっぱいにひろがったキーボード。横幅は実測 305mm
  2. 主要キーは約18mm、キーピッチ 約20mmとゆったりめのサイズ
  3. 指になじむよう、キーの中央に向けてわずかにくぼみあり
  4. ストロークはどちらかといえば浅めだが、MacBook Airのようなペタペタ感はなし
  5. タイピング時に「あそび」の部分が少なく、左右にブレることもなく、ぬめっと沈み込むイメージ
  6. キーは硬すぎず柔らかすぎず、ほどよい感覚
  7. 上記 5と6の点では、ロジクールのキーボードやiPad向けのキーボードケースに近いものがあります。
  8. 打鍵音は、カチャカチャ系でもなく、パタパタ系でもなく、低めの音質で静かな部類
  9. 質感としては3万円前後のPCとしてはわるくはないものの、指の油脂はやや付着しやすいかも
  10. バックライト付きですが、光度は暗め。おまけ程度と思ったほうが無難

 

最後の9、10を除き、ややほめすぎ感があるかもしれませんが、1~8、特に「やや浅めのストロークに、ほどほどの硬さ・柔らかさ、沈み込むようなタイピング、低めの音質」は私の理想とするところ。

自宅に複数あるノートPC、あるいは通販サイト・メーカーさんからお借りしたPCのうち、私がタイピング感がよいと感じる(感じた)PCは以下がありますが、これらよりもよくできたキーボードのような感覚です。

 

  • Xioami Mi Notebook Pro
  • Apple MacBook Air 11
  • ロジクール K380、iPad向けキーボードケース 全般
  • ASUS T90Chi
  • Jumper EZBook X4

 

また、会社のノートPCは同僚の機種も含めて、富士通のPCが数種類とIBMがあるのですが、これらと比較してもタイピング感のよさは、Chuwi LapBook SEのキーボードがかなり優位です。

ただし、私は日本語キーボードよりも英語キーボードが好み・使いやすいと感じていることの影響もあります。

 

▼私が英語キーボードが好みとしているのは、以下のソフトにより「かな、英数を瞬時に切替できる」ことも貢献。

日本語キーボードでも使えた、かな・英数をAltキーで切り替えるalt-ime-ahk
私はWindowsで英語キーボードを使用することが多いのですが、デフォルト設定で困るのが「英数・かな変換」。そこで、Altキーの空打ちで英数・かな変換が可能なソフト「alt-ime-ahk」を利用してみると快適に英数・かな変換ができ...

▼Xioami Mi Notebook Proのキーボードのタイピング感もよいのですが、キーの柔らかさと「あそび」の少なさではChuwi LapBook SEが優位。

Xiaomi Mi Notebook Pro、1週間使用後のまとめレビュー。つい微笑んでしまう快適なレスポンスと操作性
Xiaomiのフラッグシップ機となるXiaomi Mi Notebook Proを、1週間ほどGeekbuying様よりお借りしていましたが、今回は1週間使用したなかでのまとめレビューです。私がお借りしたのは、Core i5、メモリ...

▼ややペタペタ感の強いキーボードですが、モバイル用途ではASUS T90Chiのキーボードもかなりの入力のしやすさがあります。

T90Chi、サイズ感絶妙で手放せないWin 10端末。1年使用後の総括レビュー
2017年5月に、遅ればせながらヒンジを加工しディスプレイ角度をより拡げて以降、電車内、自宅でますます使用する頻度が増えた ASUS T90Chi。今となっては、ASUS T90Chiのレビュー記事のニーズもないでしょうけど、T90...

 

▼キーが中央に向けてくぼんでいるのは、気のせいではないと思いますが。

まとめ

Chuwi LapBook SEのキーボードの特徴と、私が絶賛・高評価とする理由を記載しました。ほめすぎのように感じ取れるかもしれませんが、サイト記事編集で大量のテキスト入力を行っている私には、実に快適に使用できています。

実際に記事編集時には、あまりにも高速タイピングできることにより、PCのレスポンスが追い付かないこともあります。

 

▼GearBestの販売情報。大規模セールがない限りは、279.99ドルで定着しています。質感も含め、人気がでるのも納得の端末ですが、納期が遅いのが課題。12/29時点では受領まで約1ヵ月かかります。

Gearbest Chuwi Lapbook SE
Chuwi Lapbook SE

 

関連記事

Chuwi LapBook SE レビュー、3万円の価格以上の質感・使い勝手のよさは国内製品を軽く凌駕
Chuwi LapBook SEを使用して10日ほど経過しましたので、全般的な使用感について記載します。概要としては、13.3インチとしてはやや重いものの、高い質感の外観にGemini Lakeのレスポンスのよさ、大きなキーボードに...

 

コメント

日本HP タイムセール

iconicon