Chuwi LapBook SE 64GB eMMC版が販売開始に。SSD後付けならeMMC版の選択もあり

2018年度の中国メーカー製PCのヒット作「Chuwi LapBook SE」。メモリは4GBですが、13.3インチのIPSパネルに、使いやすい大きなキーボードとタッチパッド、そして天板と底板にアルミを使用した高い質感と、人気が出るのも納得。

現在、私はLapBook SEをメイン機として使用していますが、タイピングしやすいキーボードのおかげで記事編集がかなりはかどっています。

LapBook SEのストレージは、これまで32GB eMMC + 128GB SSDの構成でしたが、64GB eMMC版(SSDはユーザーでの取付)も販売されています。

スポンサーリンク

LapBook SE 64GB eMMC版の価格情報

いつもと順番を変えて、今回は価格情報から。

 

▼こちらはGearBestの価格情報。2019年2月2日時点で279.99ドル、日本円では30,911円です。

GearBest

 

▼こちらはGeekbuying。GearBestとほぼ同価格です。

Geekbuying

 

▼こちらはAmazon。GearBest / Geekbuyingより割高ですが、海外では特に絶大の人気となるLapBook SE。納期を考慮すると Amazonでの購入も選択肢となります。

LapBook SEの特徴

私が使用するLapBook SEは、ストレージ 32GB eMMC + 128GB SSDのバージョンですが、今回紹介のバージョンはストレージ構成以外は全く同じですので、私のバージョンに基づき、私のレビュー記事へのリンクを主として、その特徴を記載します。

スペック

基本スペックとしては以下となります。

  • CPU: Gemini Lake N4100
  • メモリ: 4GB DDR4
  • ストレージ: 64GB eMMC、M.2 SSDを増設可能
  • ディスプレイ: 13.3インチ、IPS、グレアパネル、解像度1920 × 1080
  • WIFI: 802.11 a/b/g/n/ac
  • バッテリー: 5000mAh
  • ポート類: USB 3.0 × 2、Mini HDMI
  • キーボードはバックライト付
  • 天板と底板はアルミ製(キーボード面はプラスチック製)
  • サイズ: 31.70 x 21.50 x 1.59 cm、重さ1.4380 kg

 

32GB eMMC版は、SSDではなくeMMCにWindowsがプレインストールされているのですが、その容量の少なさからWindowsのアップデートに対応できず、SSDへOSコピー・起動ドライブ化が必須でした。今回の64GB eMMC版では、Windowsの更新で容量が不足することもありません。

 

▼LapBook SEのベンチマークは以下の記事を参照。

Chuwi LapBook SE レビュー、ベンチマーク編。他のGemini Lake並みなれどSSDのスコアは良好
Gemini Lake N4100、128GBのSSDを搭載しつつも3万円ほどの13.3インチのファンレスノートPCであるChuwi LapBook SE。先日の外観レビューに続き、フリーソフトなどから抽出したシステム情報、ベンチマ...

 

▼重量は約1.4kgとなり、13.3インチとしてはやや重めですが、裏蓋を開け内部を確認してみて納得。内部のフレームなどもしっかりとしています。

Chuwi LapBook SEの底板を外し内部の構成を確認。重い一要因は内部剛性の高さにあり
Gemini Lake N4100のレスポンスのよさと、横幅いっぱいに拡がったキーボードの恩恵で快適に使用しているChuwi LapBook SEですが、気になるのは約1.4kgの重量感。そこで内部の構成はどのようになっているのだろ...

 

使いやすさ抜群のキーボード

横幅いっぱいに拡がるキーボードの恩恵によりキーサイズ・キーピッチともにゆとりがあり、また、適度なストロークとほどよい硬さ、パチパチ系でもカチャカチャ系でもない打鍵音により、快適にタイピングすることができます。

 

▼キーボードの使用感の詳細は以下の記事を参照ください。

Chuwi LapBook SE、使いやすさ抜群のキーボードの特徴と私が絶賛する理由
Chwui LapBook SEを使用して、最も評価できるのはキーボードの使い勝手のよさ。自宅に複数あるノートPC、あるいは通販サイト・メーカーさんからお借りしたPCと比較しても、そのタイピング感のよさはダントツです。今回は、Chu...

 

3万円クラスとは思えない質感の高さ

質感が高いことは中国メーカーのPC全般に言えることですが、ChuwiのPCは特に質感高く仕上がっています。

2017年度にリリースされたChuwi製品の多くが全面アルミ製であるのに対し、このChuwi LapBook SEにおいてはキーボード面のみプラスチック製。それでもアルミ調の塗装と、同色のタッチパッドにより、全面アルミ製と遜色ない質感です。

また、以下の写真のとおり、サイドが下に向かって絞り込まれており、これも全体のスマートさに貢献しています。

 

▼外観の詳細は以下の記事を参照ください。

Chuwi LapBook SE レビュー、外観編。3万円とは思えない質感に大きなキーボードは格別な使いやすさ
9月19日に注文したChuwi LapBook SEですが、一時的な在庫不足のあおりを受けて11月1日にようやく受領。納期の関係から注文を他の製品にしようかと迷いもあったのですが、待っていて正解でした。大きめのキーボードは入力しやす...

 

まとめ

メリットばかりを強調したような文面ですが、このChuwi LapBook SEのデメリットらしきものは下記の事項程度。かなり使いやすい機種となっており、迷っているなら「買い」です。

  • 最大の難点はその納期。当機種はODM提供のはずですが、製造元での製造が追いついていないと思われます。
  • 上下のベゼルがやや太め。艶ありブラックのベゼルとグレア液晶がマッチしており、ベゼルの太さも気にならない程度ですが、海外ユーザーレビューでは「太すぎる」とのコメントもあります。

 

コメント