Chuwi LapBook Pro、14型 Gemini Lake PCが衝撃の3万円台半ばで販売に。マグネシウムボディも大きな魅力

Chuwi LapBook Proが正式リリース。Gemini Lake N4100、メモリ 4GBを搭載する本機ですが、こちらは同一製造元となるTeclast F7 Plusの対抗品。デフォルトのメモリ・ストレージ搭載量こそTeclast F7 Plusより少ないものの、マグネシウムのボディを採用するなど、Teclast F7 Plusにはない魅力があります。そして、LapBook Proの価格は特別セールとなるものの、33,440円と破格ともいえる価格です(2019年3月25日時点、AliExpressにて)。

 

関連記事

Chuwi LapBook Pro、Gemini Lake搭載の14インチがマグネシウムボディで新規リリース

Teclast F7 Plus、メモリ 8GBの14型 Gemini Lakeノートが新登場。LapBook SEと同製造元で人気機種となる予感

スポンサーリンク

Chuwi LapBook Proのスペック

Teclast F7 Plusとの詳細比較はさておき、Chuwi LapBook Proのスペックは以下です。

  • OS : Windows 10 Home
  • CPU : Gemini Lake  N4100
  • GPU: Intel UHD Graphics 600
  • メモリ : 4GB DDR4
  • ストレージ : 64GB eMMC、2280/2242サイズのM.2 SSDを増設可能
  • ディスプレイ : 14.1インチ IPS、解像度 1920 x 1080
  • WiFi : 11a/ac/b/g/n
  • Bluetooth : 4.0
  • ポート類 : USB 3.0、USB Type-C(電源兼用)、Micro HDMI
  • サイズ : 324.2 x 209 x 13.4mm、1.43kg
  • ボディはマグネシウムを採用。内部のみか、どの面に使用しているのかは確認できず。
  • キーボードはバックライト付き

 

海外サイトではメモリが8GBではなく4GBであることを嘆く声もあるのですが、私が複数のメモリ 4GB機をライトユースで使用している範囲では、メモリ 4GBでも十分。仮にストレージにスワップしたとしても、高速なeMMCあるいはSSDへのスワップのため、ボトルネックになることはないとの判断です。

ストレージはeMMCとなり、もちろんSSD搭載が望ましいものの、ユーザーにて増設・換装可能であるため、SSD未搭載であることが価格に反映していれば大きな問題ではありません。

Chuwi LapBook Proの外観・デザイン

以下で紹介のChuwi AeroBookと同様、デザインのよさもLapBook Proの大きな特徴です。

待望のChuwi AeroBook、スリムなCore m3搭載機が正式販売に。魅力の4万円台でセール中
待望のChuwi AeroBookとLapBook Proが、AliExpressのChuwi オフィシャルストアにて同時に販売開始となっています。しかも、Chuwi もしくはAliExpressのAnniversary Saleと...

 

▲イメージ画像のために誇張しているにしても、「こちらがAeroBook?」と思えるほどにスリムでシャープな外観です。画面占有率が90%とありますが、AeroBookの80%以上。

 

▲Magnesium Alloyと明記がありますが、英文を読むとアルミとマグネシウムで構成されているようです。

なお、アルミとマグネシウムを使用している割には1.43kgと重いのですが、Chuwi LapBook SEと同様に(同一製造元のため)、内部の剛性を高くしているためだと思われます。

Chuwi LapBook SEの底板を外し内部の構成を確認。重い一要因は内部剛性の高さにあり
Gemini Lake N4100のレスポンスのよさと、横幅いっぱいに拡がったキーボードの恩恵で快適に使用しているChuwi LapBook SEですが、気になるのは約1.4kgの重量感。そこで内部の構成はどのようになっているのだろ...

 

▲14.1インチのLapBook Pro(上)と13.3インチのAeroBook(下)のキーボード。LapBook Proはキーボード面とキーボードの端の間隔が広いのですが、LapBook SEも含め、キーボードは同じ可能性があります。

 

▲14インチクラスで電源がUSB Type-Cとは珍しい。USB 3.0の機器も多いため、左サイドにもUSB 3.0があるとよいのですが。

なお、Chuwi LapBook SE / AeroBook、Teclast F7 Plusなど、LapBook Proと同一製造元の製品では、サイドを下に向けて絞り込んだデザインとしているのですが、LapBook Proでは直角になっています。

▲▼こちらはLapBook SEのサイド。画像下はJumper EZBook 3 Pro

Chuwi LapBook SE レビュー、外観編。3万円とは思えない質感に大きなキーボードは格別な使いやすさ
9月19日に注文したChuwi LapBook SEですが、一時的な在庫不足のあおりを受けて11月1日にようやく受領。納期の関係から注文を他の製品にしようかと迷いもあったのですが、待っていて正解でした。大きめのキーボードは入力しやす...

まとめ

多くの方にとってはメモリが8GBではなく、4GBになることが惜しいのですが、アルミとマグネシウムを使用したボディに、Chuwi LapBook SE / AeroBookと同一製造元の製品なだけに、質感の高さとキーボードの使い勝手のよさにも大いにに期待できます。

 

▼ChuwiもしくはAliExpressaのAnniversary Sale 価格は33,400円とかなり安めの価格となっています。

AliExpress, Chuwi LapBook Pro

 

▼こちらのChuwi AeroBookも必見です。

待望のChuwi AeroBook、スリムなCore m3搭載機が正式販売に。魅力の4万円台でセール中
待望のChuwi AeroBookとLapBook Proが、AliExpressのChuwi オフィシャルストアにて同時に販売開始となっています。しかも、Chuwi もしくはAliExpressのAnniversary Saleと...

 

コメント

  1. nao より:

    日本のアマゾンでメモリは8㎇、SSDは256㎇にスペックアップして36,500円で販売中です。
    セールで安くなるまで待とうと思っていましたが買ってしまいました。
    重量は重く感じるが(約1.4kg)、質感もアップルのようで満足度は高いです。
    ゲームもやらないので動作スピードも不満ありません。
    購入を迷っている方は多いと思いますが今購入しても損はないと思います。

    • kenken より:

      いい情報をありがとうございます。近々に記事にさせていただきます。私もほぼ同デザインで13.3インチのChuwi LapBook SEを使用していますが、確かに質感はMacBookに近く満足度が高いうえに、ライトユースならこれで十分です。
      記載のとおり、Chuwiのこのシリーズは重いことが気になるのですが、裏蓋を開けてみると、マザーボードの取付部分などが他社製よりもしっかりしており、このあたりが重量増につながっているようです。

日本HP タイムセール

iconicon