Chuwi LapBook Air、質感高めのApollo Lakeノートの再評価とクーポン価格情報

今年期待のGemini Lakeノートの製品数が増えないなか、私があらためてその評価を見直しつつあるのが2017年度の人気のApollo Lakeノート。そのApollo Lakeノートのなかでも、特に際立つのがJumper EZBook 3 ProとChuwi LapBook Air。双方とも質感の高い製品ですが、キーボードも含めた総合的な質感ではLapBook Airが優位。今回はこのLapBook Airの魅力をあらためて整理してみました。

スポンサーリンク

Chuwi LapBook Airのスペック

Chuwi LapBook Airはスペックよりもその質感の高さが特徴なのですが、スペックを他の代表的なApollo Lakeノートと簡易的に比較してみました。

比較対象機種は2017年度に販売の機種を代表して、Jumper EZBook 3 ProとTeclast F7。そして、最近リリースされたばかりのTeclast F6です。

Chuwi LapBook Airを他のApollo Lake ノートと比較した場合のスペック上の特徴は以下となります。

  • メモリは8GB。中国メーカー製のApollo Lake ノートの場合の一般的なメモリ搭載量は6GB、Gemini Lake ノートは4GBとなりますが、LapBook Airのメモリ 8GB搭載は貴重。
  • 大きなメリットではないのですが、ストレージは128GBのeMMCを搭載。Apollo Lake ノートの場合、デフォルトでSSD搭載は稀(Teclast F6 / F7はこれに該当)であり多くは64GB eMMCとなりますが、倍の容量となる128GB eMMCは珍しい存在。
  • 多くのApollo Lake ノートと同様ですが、M.2 SSDを増設可能。Windows 10のクローン作成により起動ドライブ化できます。
  • キーボードはバックライト機能あり。Gemini Lake ノートでは、Chuwi LapBook SE、Jumper EZBook X4など、バックライト機能付きのキーボードを搭載した機種がありますが、Apollo Lake ノートでは珍しい存在。

 

▲▼Chuwi LapBook Airの実機におけるeMMCのベンチマーク。SSDと比較すると遅いのですが、SSDと比較した場合、通常利用において大きく体感できるほどのレスポンス差はありません。

 

▼Apollo LakeとGemini Lakeの体感差はこちら。レスポンスに大きく体感できるほどの差はなく、GPUベンチマークではむしろApollo Lakeが優位です。

Gemini Lake vs Apollo Lake、実機のベンチマークと体感レスポンスの比較
Gemini Lake N4100のミニPC「Alfawise T1」をメインPCとして使用し約20日が経過しましたが、これまでの使用実績を踏まえ、あらためて Apollo Lake N3450とベンチマーク、レスポンスの体感差を整...

 

▼比較対象機の記事はこちら。

Teclast F6、意表を突いたApollo Lake 13.3インチノートが新登場
Teclastから意表を突いた13.3インチノート「Teclast F6」が新規リリースされました。今年の流れとしてはGemini Lakeノートなのですが、なんと昨年度主流であったApollo Lake N3450を搭載。スペック...
Teclast F7、14型 Apollo Lake SSD搭載機が277.99ドルで販売中(2018/8/18現在)
11.6インチのGemini Lake ノート「F5」に注目がいきがちのTeclastのファンレスノートですが、まだまだ 先に販売されたTeclast F6 Pro、そしてTeclast F7も見逃せません。 このうち、14イ...
Jumper EZBook 3 Pro、1年使用後の総括レビュー。質感とレスポンスには今なお満足
2017年8月に、Apollo Lakeの13.3インチ ファンレスノートPCであるJumper EZBook 3 Proを購入して1年が経過。最近ではGemini LakeのミニPを使用することが多くなったのですが、この1年間で最...

Chuwi LapBook Airの外観

Chuwi LapBook Airの最大の特徴はその質感の高さ。外観は手元にあるMacBook Air 11より質感は高く、人気のJumper EZBook 3 Proと比較すると価格が高いこともあり、キーボード・タッチパッドの質感もかなり高くなっています。なお、EZBook 3 Proのキーボードの質感もわるくないのですが、価格を抑えるためにテキストの印字などにコストカットの形跡があります。

 

▼外観においては、以下の記事にて詳述していますが、当記事では一部の写真を再掲しポイントのみを記載します。

質感はMac超え? Chuwi Lapbook Air 実機の外観レビュー
高品質でコスパの高い中国製のノートPCとして、発売前から注目していたChuwi Lapbook Air。私が頻繁に参照している、中国製のPCなどをメインとする海外レビューサイト「TechTablets」では、 「2017年に販売され...
実機でみる、Chuwi Lapbook Air、MacBook Airの外観・質感の比較
Chuwi Laptop Air、Jumper EZBook、T-bao Tbook Airなど、デザインのみならずネーミングまでMacBook Airを意識している中国製のノートPC。その意気込みのとおり、本家本元のMacBook...

 

▼グレア液晶にブラックベゼル、グレイの色調とシックに見える外観。

▲同じようなたたずまいのChuwi LapBook SEはキーボード面がプラスチック製のようですが、LapBook Airは前面ともアルミ製。

Chuwi LapBook SE、Gemini Lakeノートの本命がついにリリース。クーポン適用で期間・個数限定 279.99ドル
ついに(意外と早く)Gemini Lake ノートの本命「Chuwi LapBook SE」がリリースされました。Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、ストレージはeMMC 32GBプラスSSD 128GB、13.3イ...

 

▼グレア液晶のため周囲の画面に周囲が映り込んでいますが、明るさも十分、IPSパネルにより視野角も良好。

 

▼MacBookと同様に天板のロゴは光ります。下2つの画像はMacBook Airとの比較ですが、Chuwiのロゴが主張しすぎないことにも好感がもてます。

 

▲▼MacBookのようにペタペタ系の浅めのキーストロークではなく、しっかりとした打鍵感のあるキーボード。英語キーボードですが、キーレイアウトに変則的な箇所もなく、購入直後から難なくブラインドできます。また、キーボードの質感も、MacBook Airや量販店で販売している10万円クラスのPCよりも優位。

Gemini Lake機のJumper EZBook X4と似たタイピング感であり、Jumper EZBook X4のキーボードは照明の当たり具合によってはキーのテキストが見づらくなるのですが、LapBook Airはそのようなことはありません。

EZBook X4、使用5日間で再認識の上質で打鍵感のよいキーボード
Jumper EZBook X4 IPS版を使い始めて5日ほどになりますが、当初以上に良い出来に感じているのがキーボードのタイピング感。角度・照明の当たり具合によってはキーの文字の視認性がよくないのですが、それを補って余りあるタイピ...

 

▼蛍光灯下での撮影のためわかりづらいですが、キーボードのバックライトを点灯し、MacBook Airと比較してみました。LapBook Airのキーの質感の高さが感じ取れるかと思います。

 

▼右サイドをMacBook Air 11と比較。質感の高さはやはりLapBook Airが優位。エッジの処理など、かなり丁寧な造り込みです。

▼実機動画で質感の高さが十分に伝わってきます。

まとめ

2018年1月に1週間ほど操作したChuwi LapBook Air(今は手元にありません)をあらためて振り返ってみました。Gemini Lake ノートも満足のいくものですが、Gemini LakeとApollo Lakeの体感レスポンスは大きく変わらず、製品によってはApollo Lake機の質感がより高いことも。その質感の高い代表的な機種がChuwi LapBook Airです。Chuwi LapBook Airのポイントは以下となり、中国メーカーのPCとしてはやや高価ですが、価格以上の質感があります。

 

  • Apollo Lake ノートとしては珍しく、メモリ 8GB、128GBのeMMCを搭載し、キーボードはバックライト付き。
  • 他のApollo Lake ノートと同様に、M.2 SSDの増設、起動ドライブ化可能。
  • 最も大きな特徴はその質感の高さ。質感はMacBook Air以上です。

 

▼GearBestの販売情報。画像では449.20ドルと高めになっていますが、頻繁にセールを行っており狙いは300ドル台半ば。現時点では10月16日まで100個限定となりますが、クーポンコード「GBCW01JP」の利用により 359.99ドル/41399円となります。この360ドル前後が購入の基準値です。

Gearbest Chuwi Lapbook Air
Chuwi Lapbook Air

Win 10 製品情報
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
コスパの高いノートPC
Jumper EZBook 3 Pro

・13.3インチ Apollo Lake N3450、メモリ 4GB搭載で2万円台。私のメインPCとして活躍中
・ストレージは64GB eMMCですが、SSDに換装可能
・2017年度のファンレスPCでは定番の製品であり、国内外ともに評価は高くユーザーも多いです
・価格はセールにより流動的ですが、セール中には210ドル前後になることも

Jumper EZBook X4 IPSパネル版

・EZBook 3 Proの後継となるEZBook X4。注目度も抜群
・14インチ Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・TNパネル版も併売していますが、おすすめはもちろんIPSパネル版
・IPSパネル版の価格は279.99ドルが基準に(セールにより変動あり)
・詳細ページに実機レビューあり

Chuwi LapBook SE

・13.3インチ IPSパネル、Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・通常のセール価格は279.99ドル
・アルミを主体としたボディにシックな色調で質感高い
・Gemini Lake ノートの定番となりそうな予感

Win And I net

コメント