CHUWI HiPad X Pro、UNISOC T616を搭載し AnTuTu スコア 約24万、Widevine L1に対応の10.5型タブレットがリリース

CHUWIより、CPUにUNISOC T616を搭載する10.5インチ Android 12 タブレット「HiPad X Pro」がリリースされました。UNISOC T616のAnTuTu ベンチスコアは約24万となり T618と同水準です。メモリ 6GB、ストレージ 128GB、さらには Widevine L1に対応し、Netflixや Amazon プライムビデオなどを高画質で楽しむことができます。また、外観では 金属製のユニボディであることも特徴です。

引用元

CHUWI 公式 製品情報

スポンサーリンク

CHUWI HiPad X Proのスペック

従来機種の「HiPad X」の詳細は以下の記事に掲載していますが、2020年秋の発売の製品でもあり、「HiPad X Pro」はCPUをはじめとして、多くの項目でスペックアップしています。

CHUWI HiPad X、eMMCより3倍高速なUFS、Helio P60搭載の10型 Androidタブレットがリリース

 

CPUUNISOC T616、8コア、 Cortex-A75 x 2, Cortex-A55 x 6
GPUMali G57 MP1
メモリ6GB LPDDR4
ストレージ128GB
ディスプレイ10.51インチ、IPSパネル、解像度 1920 x 1200、明るさ 360cd
WiFi、Bluetooth11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0
LTE対応
カメラフロント 8百万画素、リア 13百万画素+0.3百万画素 深度計測
バッテリー容量7000mAh
サイズ(本体)246.4×161.51×7.3mm、500g
OSAndroid 12
その他4スピーカー、GPS搭載、Google Widevine L1 サポート、金属製

 

CHUWI HiPad Max 実機レビュー、スナドラ 680/ RAM 8GBにより快速、明るい液晶 / 4スピーカーにより 動画視聴も快適なAndroid 12 タブレット
今回レビューする製品は、10.36インチのAndroid タブレット「CHUWI HiPad Max」。CPUに Snapdragon 680、メモリ 8GB、ストレージは128GBのUFS 2.2、4スピーカーにLTE対応と豪華な...

▲上の記事にて「HiPad Max 」の実機レビューを掲載していますが、上表はHiPad Maxのスペック表に基づき編集しています。4スピーカー、Widevine L1 サポートなどの共通事項も多いのですが、大きな相違とスペックの補足は以下です。

  • HiPad MaxのCPUが Snapdragon 680(AnTuTu ベンチスコアは約26万)に対して、HiPad X Proは UNISOC T616(AnTuTu ベンチスコアは約24万)。
  • HiPad Maxのメモリ 8GBに対して、HiPad X Proは6GB。メモリの相違はあるものの、AnTuTu ベンチスコアからも パフォーマンスは同水準。普段使いでは遅さを感じないレベルです。
  • HiPad Maxの背面は樹脂製ですが、HiPad X Proは金属製。
  • 惜しいのは双方ともに、急速充電に対応していないこと。このクラスでは急速充電に対応していない製品が多いのですが、タブレットの大容量バッテリーにおいては、充電に待たされ感があります。
  • 128GBのストレージにeMMC or UFSの記載はありませんが、おそらくは高速なUFS 2.2だと思われます。

 

▼CHUWI 公式の製品情報にて、AnTuTu ベンチスコアは約24万と公開されています。2021年から2022年の このクラスの主流のCPUは UNISOC T618でしたが、T616は同水準のパフォーマンス、かつコスパがより高いと思われ(製品の価格より判断)、T616が2023年の主流になりそうな予感です。

 

▼インセル型 10.51インチのディスプレイの輝度は360cd。最近のタブレットでは 輝度を明記する製品も増えてきました。

 

▼「HiPad Max」と同様に、Googleの提供する著作権保護技術のWidevine DRM(Digital Rights Management)の最高位である「Widevine L1をサポート」しています。これにより、Netflix、YouTube、Disney+、Huluなどの高画質での再生に対応しています。

CHUWI HiPad X Proの外観

外観においては 金属製のユニボディ(1枚の金属を削り出して加工し、美しい見た目と薄さに貢献)であることも大きなポイントです。ユニボディであることを明記している Android タブレットは以下の「Xiaomi Redmi Pad」がありますが それほど多くなく、「HiPad X Pro」とともに貴重な存在です。

Xiaomi Redmi Pad、Helio G99搭載の10.61インチタブ。ユニボディの美しいデザインに4スピーカーを搭載
Xiaomiから、CPUに6nm プロセスの「MediaTek Helio G99」を搭載する 10.61インチタブレット「Xiaomi Redmi Pad」がリリースされています。8000mAhの大容量バッテリーを搭載しつつも、約...

 

▼金属製のグレイの背面は剛性も高く(一部の樹脂製の製品では、ホールドすると軋む音がする製品もあります)、質感も高いことでしょう。なお、画像のとおり、4スピーカーは横持ちでの左右に配置されています。サイドは最近多くなった、フラットな作りとなっています。

まとめ、価格情報

2023年1月5日時点では、CHUWI 公式ストア・Amazonともにラインナップされていませんが、1月に149ドルで販売予定です。CPUにUNISOC T616を搭載し AnTuTu ベンチスコア 約24万、4スピーカーに Google Widevine L1 サポートと、動画視聴にも適した コスパに優れた製品です。

引用元

CHUWI 公式 販売情報

公式サイト

CHUWI 公式ストア

CHUWI 公式サイト

 

コメント

楽天市場 人気製品

タイトルとURLをコピーしました