CHUWI HiPad Pro、スナドラ 662、10.8型 2.5K Android 11タブが8/3に発売予定。4.5mmベゼルに 480gと軽量

2021年8月3日、AliExpressのCHUWI オフィシャルストアにて「CHUWI HiPad Pro」が発売となります。HiPad シリーズの最近の製品としては、CPUにHelio P60を搭載の「HIPad X」、Fire HD 10と同じくMT8183を搭載する 11インチの「HiPad Plus」があります。これらはエントリークラスとなりますが、「HiPad Pro」は、CPUにSnapdragon 662、10.8インチ 2.5K 解像度、メモリ 8GB / UFS 2.1 128GB、4スピーカーのミドルレンジの製品となり、Android 11を搭載しています。

バランスのとれた基本スペック以外では、4.5mmの狭いベゼル幅、6.9mmの薄さに480gと軽量、専用のBluetooth キーボードを用意し、金属製ボディとなり、スペックとあわせて CHUWIのタブレットとしては、最も充実した製品です。

引用元

AliExpress、販売ページ

関連記事

CHUWI HiPad X、eMMCより3倍高速なUFS、Helio P60搭載の10型 Androidタブレットがリリース。179.99ドルで予約販売中

CHUWI HiPad Plus、11型タブが2/22に発売予定。CPUはFire HD 10と同じMT8183を搭載

スポンサーリンク

CHUWI HiPad Proのスペックと特徴

上の画像では、ストレージは「SSD」とありますが、高速なUFS2.1に対応した eMMC。その他の詳細スペックは以下となります。

CPUSnapdragon 662 8コア、Cortex-A73 x 4 / Cortex-A53 x 4
GPUAdreno 610
メモリ8GB
ストレージ128GB UFS
ディスプレイ10.8インチ、IPSパネル、解像度 2560×1600
WiFi、Bluetooth2.4G/5G、Bluetooth 5.0
LTEB1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/17/B20/B38/B39/B40/B41
カメラフロント 5百万画素、リア 8百万画素
バッテリー容量3.8V/7000mAh、充電は USB Type-C
サイズ(本体)245 × 157.7 × 6.9 – 7.2mm480g
OSAndroid 11
その他金属製、筆圧 4096レベルのスタイラスペンに対応、ドッキングボード(キーボード)に対応

 

▲CHUWIのAndroid タブレットとしては初となる Snapdragonを搭載。Snapdragon 662は、以下のLenovo Tabなどに搭載されています。やや古いCPUですが、AnTuTu ベンチマークのスコアは 17万ほど(CHUWIの公表スコアは約20万)。格別に速くはありませんが、動画視聴やWeb ブラウジングでは十分。

Lenovo Tab P11、スナドラ 662を搭載する11型タブレット。キーボードセットで上位版より約2万円安くコスパ高
5月1日時点、国内のLenovo オンラインストアには掲載されていませんが(公式の製品情報はこちら)、11インチのAndroid タブレット「Lenovo Tab P11 (別名 Xiaoxin Pad 11)」が魅力的に感じます。...

 

▼AliExpressでのLenovo Tab P11の販売情報。こちらは メモリ 6GB、2K 解像度となり、スペックとしては「HiPad Pro」がやや優位。

AliExpress

 

▼ベゼル幅が太いことの多い Android タブレットですが、ベゼル幅が4.5mmと狭いことも大きな特徴。画面占有率は90%とスマホ並みであることからも、ベゼル幅が狭いことがわかります。

 

▼10.1インチの「HiPad X」の厚みは 9.5mm、重量 550gですが、「HiPad Pro」は厚みは6.9mmと薄く、10.8インチにして 480gと軽いことも特徴とします。

 

▼高速なUFS 2.1のストレージにより、読み書きのスピードは800MB/sとあります。私の他端末のUFS 2.1の使用では、これほどのスコアは期待薄であるものの、SATA SSDと同水準の400〜500MB/sあたりはあるかと思います。

 

▼フロントカメラは8百万画素、リアカメラは5百万画素と画素数は高くなく、また、一般的に Android タブレットのカメラは多くを期待できないですが、フロントカメラはディスプレイ端にあるパンチホールであることが大きなポイント。上述の4.5mmと狭いベゼル幅に貢献しています。

 

▼タブレットのイメージ画像では、ベゼル幅を実機よりも狭く見せる傾向があるのですが、本製品はイメージ画像どおりのベゼルかと思います。

HiPad Xのキーボードはタッチパッド付きですが、本製品の別売キーボードはタッチパッドなし。右サイドにあるUSBポートの存在が気になります。

まとめ

CPUのSnapdragon 662はミドルレンジとなりますが、10.8インチにして 480gの軽量級、4.5mmの狭いベゼル幅、2.5Kの高解像度、Bluetooth 接続の専用キーボードを用意、Android 11を搭載、4スピーカーと、Lenovoなどの大手ブランドのAndroid タブレットの2番手クラスの製品に準じる バランスのよい製品です。

私的には CHUWIのAndroid タブレットとしては最もおすすめの製品。AliExpressでは 8月3日の発売となり、以下の画像のとおり 価格は未定。同じく Snapdragon 662を搭載し、メモリ 6GBのLenovo Tab P11が約240ドルであることを踏まえると、メモリ 8GB、LTE対応であること考慮し 単体価格は280ドルあたりと予想します。

 

AliExpress

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました