CHUWI Hi10 Go、Jasper Lake搭載の10型 2 in 1が正式販売に。キーボード・スタイラスペンのセット価格は約35千円

Jasper Lake N4500を搭載する 10.1インチのWindows 10 2 in 1 タブレット「CHUWI Hi10 Go」が、公式オンラインストアにて 319ドル(約35,000円、キーボード・スタイラスペンのセット)で販売開始となりました。3月下旬のアナウンスでは、世界で最初のJasper Lake 搭載機(N5100)として、4月末に発売とアナウンスされていましたが、約2カ月遅れの発売となり、CPUもN5100ではなく 下位のN4500となっています。

2022年1月9日追記。いつの間にか、CPUがJasper Lake N4500からN5100に変更となっていました。詳細は以下の記事を参照ですが、CPUの変更に伴い、スタイラスペンはサポート対象外となっています。

関連記事

CHUWI Hi10 GoのCPUが、待望のJasper Lake N5100にスペックアップ、Amazonと公式ストアで先行販売

スポンサーリンク

CHUWI Hi10 Goのスペック

CPUが当初のアナウンスどおりに Jasper Lake N5100ならよかったのですが、下位のN4500となっています。現行の「CHUWI Hi10 X」のCPCはGemini Lake N4100 あるいはN4120ですが、ベンチマークスコアは N4120が高スコアと思われ(N4500のスコアは、7/10時点では出回っていません)、メモリ 6GB、eMMC 128GBと同じであることもあわせて、体感レスポンスはほぼ同水準だろうと思われます。

CPUJasper Lake (Celeron) N4500、2コア 2スレッド
GPUIntel UHD Graphics
メモリ6GB DDR4
ストレージ128GB eMMC
ディスプレイ10.1インチ、IPS、タッチパネル、解像度 1920 x 1200
WiFi11a/b/g/n/ac
Bluetooth未公開
ポート類USB Type-C(フル機能)、USB Type-C、Micro HDMI
バッテリー容量7.6v 2950mA,22.42W
サイズ(本体)243.9 x 162.6 x 8.5mm、 565g
OSWindows 10 Home

 

Jasper Lake N4500を搭載するCHUWIのPCとしては、以下の「HeroBox Pro」が先行して販売されています。以下の記事でも記載していますが、N4500のベンチマークは、Gemini Lake N4100より下位のN4020 相当。N4020と同水準のN4000の私の使用感では、N4100よりもレスポンスは僅かに劣ります。

このことからも、N4500を搭載のHi10 Goは、N4100 / N4120を搭載のHi10 Xと同水準の体感レスポンスと想定。WebサイトのブラウジングやWordなどのライトユースでは普通に使用できる水準である一方、Windowsの更新前後の高負荷時には、上位のCore iシリーズ以上にレスポンスの悪化が際立ちます。

Jasper Lake N4500を搭載のミニPC「CHWUI HeroBox Pro」のスペックと価格情報
エントリークラスのミニPCとして、Amazonで人気の「CHUWI HeroBox」ですが、CPUに Jasper Lake (Celeron) N4500を搭載する「CHUWI HeroBox Pro」が Amazonで販売されて...

 

▼こちらは引用した「CHUWI Hi10 X」の実機レビュー。

CHUWI Hi10 X 実機レビュー、Gemini Lake N4100搭載でHi10 Pro / Airより快適さは大幅アップ、WiFiの安定度も大きく改善
Gemini Lake N4100を搭載のCHUWI Hi10 X。Hi10 Pro、Airから大幅スペックアップ。Hi10 Proでは遅延を感じていた動作も、CPUの恩恵によりサクサクと動作し、Hi10 Proで課題のWiFiの安定度・速度も大きく改善

 

▼機能アップの事項として、筆圧 4096のスタイラスペンに対応しています。

CHUWI Hi10 Goの外観

CHUWI Hi10は、Android / Windows 10のデュアルOSとして販売されていた 2017年あたりから、大きなデザインの変更がないままでしたが、Hi10 Goではようやく刷新されています。実際に使用してみないと何とも言えないのですが、ややキーが硬い Hi10のキーボードが変更となったことは 進化のポイントとなり得ます。

 

▼左の画像は10インチとしては大きすぎるため、Hi10 Goではないように思います。

 

 

▼背面・サイドのデザイン・赤の縁取り・色合いは、CHUWIのAndroid タブレットにも共通するもの。

 

▼重さは 0.7Kgとありますが、仕様では 0.56Kgとなっています。おそらくは後者が正解でしょう。

なお、イメージ画像ではベゼル幅を狭く見せる傾向あるために断定はできませんが、従来のHi10シリーズよりもベゼルは狭くなっているように感じます。

 

▼明記されていませんが、USB Type-Cの一つは電源・データ専用でしょう。

▲Micro HDMIは、アダプターに負荷がかかり折れやすいために、できれば Mini HDMIがよかったのですが、10.1インチでは止むを得ず。

CHUWI Hi10 X、外部モニター接続、ミニPC代替としての使用感。Micro HDMIに要注意だが、専用キーボードは快適
ライトユースではサクサクと動作する Gemini Lake N4100を搭載しつつも、キーボード・スタイラスペンのセットで249.99ドルの「CHUWI Hi10 X」。ストレージは128GB eMMCの固定であり、SSDは増設でき...

 

▼日本語キーボードの設定はありませんが、期待したいのが刷新されたキーボード。従来のHi10シリーズのキーボードは、キーがやや硬く、タッチパッドが敏感すぎましたので。

まとめ

本体・キーボードともにデザインが刷新された「CHUWI Hi10 Go」。CPUが当初アナウンスされた Jasper Lake N5100ではなく N4500であるために、Hi10 Xと比較してのレスポンスアップは望めず、Hi10 Xの代替・買替としては妥当ではありません。

Hi10 Xなどの従来のHi10 シリーズのキーボードは、キーの硬さはともかく、敏感すぎるタッチパッドに難ありな状況であったため、Hi10 Xを購入を検討していた方にとっては、(その価格から)選択肢となる製品でしょう。

 

2022年1月9日追記。いつの間にか、CPUがJasper Lake N4500からN5100に変更となっていました。詳細は以下の記事を参照ですが、CPUの変更に伴い、スタイラスペンはサポート対象外となっています。

関連記事

CHUWI Hi10 GoのCPUが、待望のJasper Lake N5100にスペックアップ、Amazonと公式ストアで先行販売

 

▼N5100版のAmazonでの単体価格(2022年1月9日時点)は、8,000円オフのクーポン利用により 29,999円。公式オンラインストアもほぼ同価格ですが、納期を考慮すると Amazonがおすすめ。

 

▼専用キーボードケースは 5,000円

 

▼こちらは同じく N5100を搭載の「CHUWI MiniBook X」。正式販売前ですが、価格しだいではこちらがおすすめ。Hi10 Goよりも MiniBook Xが高価なことは明らかですが、デザインなどはより洗練されています。

CHUWI MiniBook X、Jasper Lake N5100搭載の10.8型 Yoga スタイルPCが販売開始
CHUWIより CPUにJasper Lake N5100を搭載する、Yoga スタイルの PC 「MiniBook X」がリリースされました。私としては、MiniBookと言えば 8インチ UMPCのイメージが強いのですが、本製品...

 

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました