CHUWI Hi10 Go、Jasper Lake N5100搭載の10型 2in1が発売予定。Hi10 Xから変更のキーボードにも大きく期待

2021年3月20日現在、CHUWIの英語・ロシア語の公式サイトにて、Jasper Lake N5100を搭載する10インチ 2 in 1「CHUWI Hi10 Go」が4月に発売とアナウンスされています。世界最速でN5100を採用するうえに、現行のHi10 XなどのHi10シリーズのボディを変更しているようです。

サイズなどの詳細スペックは明らかになっていませんが、メモリ 6GBにストレージはeMMCとなり、現行のHi10 Xと同様。eMMCにおいて、SSD化してもよかったように思います。なお、私としては、CPUに加えキーボードが刷新されたことは大きな魅力。

 

2021年7月10日追記。以下の記事のとおり、ようやく正式販売となりました。CPUは Jasper Lake N5100はなく N4500となっています。
CHUWI Hi10 Go、Jasper Lake搭載の10型 2 in 1が正式販売に。キーボード・スタイラスペンのセット価格は約35千円
Jasper Lake N4500を搭載する 10.1インチのWindows 10 2 in 1 タブレット「CHUWI Hi10 Go」が、公式オンラインストアにて 319ドル(約35,000円、キーボード・スタイラスペンのセット...
スポンサーリンク

CHUWI Hi10 Goのスペック

3月20日時点にて、上記のニュースリリースから読み取れるスペックは以下です。数日前から詳細情報を探していたのですが、ようやくニュースリリースとして公開されました。

CPUはN5100ではなく、N4500にて正式販売されています。詳細は上記のリンク先記事を参照

CPUJasper Lake (Celeron) N5100、4コア、最大 2.8GHz
GPUIntel UHD Graphics
メモリ6GB DDR4
ストレージ128GB eMMC
ディスプレイ10.1インチ、IPS、タッチパネル、解像度 1920 x 1200
WiFi未公開
Bluetooth未公開
ポート類未公開、画像では USB Type-Cを確認
バッテリー容量未公開
サイズ(本体)未公開
OSWindows 10 Home

 

未公開情報が多いのですが、最大のポイントは冒頭のとおり、Jasper Lake (Celeron) N5100を搭載すること。現行のGemini Lake N4100の次世代版となりますが、10nmプロセスのアーキテクチャを採用し、Gemini Lake世代と比較すると、総合的なアプリケーション性能は35%ほどアップしているようです。

現行世代の体感比較としては、Apollo Lake N3450とGemini Lake N4100の相違ほどでしょうか。 大きな差ではないものの、長時間利用していると、僅かなレスポンスの相違の積み重ねで、作業が効率化できるようなイメージです。

Hi10シリーズは、大ヒットのHi10 Pro (Atom Z8350を搭載)から継続して ストレージにeMMCを搭載していますが、Hi10 GoでもeMMCを踏襲。SSDと比較すると著しい相違はないのですが、そろそろSSD化してもよかったかも。

CHUWI Hi10 Goの外観

これまでのHi10シリーズは、2018年あたりから同ボディを採用していましたが、背面のデザインなど少なからず変更となっています。上の画像のとおり、電源ボタンとカメラ周りは、最近のCHUWIのPCやAndroidタブレットと同様に、レッドで縁取られています。

 

▼こちらは 所有するHi10 Xの背面。アルミ製ですが、素材はHi10 Goも踏襲していると思います。

 

▼Hi10 Xの実機レビュー記事はこちら。

CHUWI Hi10 X 実機レビュー、Gemini Lake N4100搭載でHi10 Pro / Airより快適さは大幅アップ、WiFiの安定度も大きく改善
Gemini Lake N4100を搭載のCHUWI Hi10 X。Hi10 Pro、Airから大幅スペックアップ。Hi10 Proでは遅延を感じていた動作も、CPUの恩恵によりサクサクと動作し、Hi10 Proで課題のWiFiの安定度・速度も大きく改善

 

▼上は Hi10 Go、下は従来のHi10シリーズ 実機のキーボード。新しいキーボードには期待しています。というのも、現行のキーボードはキーがやや硬いうえに、タッチパッドが敏感すぎるため。キーボードは高速タイピングも可能ですが、タッチパッドは常用できず、私は機能をオフにして使用しています。

▲イメージ画像のため、ディスプレイのベゼル幅を狭く見せている可能性もありますが、現行の太いベゼル幅が狭くなっていることにも期待します。

まとめ

CPUがJasper Lake (Celeron) N5100となったことよりも、私としては変更となったキーボードに大きく期待の「CHUWI Hi10 Go」。ちなみに、私が以前に購入したHi10 Proは電源周りの不具合があり、現在は起動しない状態になっており、また、Hi10 Xも付属の電源アダプター関連での不具合もあるようですが(私のHi10 Xでは発現せず)、Hi10 Goでは、このあたりの課題解消にも期待します。

 

2021年7月10日追記。以下の記事のとおり、ようやく正式販売となりました。CPUは Jasper Lake N5100はなく N4500となっています。
CHUWI Hi10 Go、Jasper Lake搭載の10型 2 in 1が正式販売に。キーボード・スタイラスペンのセット価格は約35千円
Jasper Lake N4500を搭載する 10.1インチのWindows 10 2 in 1 タブレット「CHUWI Hi10 Go」が、公式オンラインストアにて 319ドル(約35,000円、キーボード・スタイラスペンのセット...

 

▼7月10日時点のCHUWI オンラインストアの価格は、キーボードケース・スタイラスペンのセットで 319ドル(約35,000円)。

CHUWI オンラインストア

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました