CHUWI HeroBoxを分解、2.5インチ SSDポートとマザーボードなどを確認してみた

AmazonのミニPC カテゴリーでベストセラー1位となったこともある「CHUWI HeroBox」。Gemini Lake N4100、メモリ 8GBを搭載する製品ですが、他のミニPCよりも一回り大きいこともあり、ファンレスであることが大きな特徴。以下の実機レビュー記事では、内部の構成の確認を行なっていなかったため、裏蓋を外して 2.5インチ SSD / HDDの増設ポートとマザーボードなどを確認してみました。

なお、本来はファンレスに貢献するヒートシンクを確認したかったのですが、そのためにはさらに分解する必要があるため、マザーボードの一部の確認にとどまっています。

関連記事

CHUWI HeroBox 実機レビュー、2万円ちょいでGemini Lake,RAM 8GBで快適動作のファンレス ミニPC

スポンサーリンク

HeroBoxの2.5インチ SSDポート、マザーボードを確認

他のミニPCと比較するとネジの数は多いのですが、簡単に裏蓋を外して 2.5インチ SSD / HDDを増設でき、さらにはマザーボードの一部を確認することができます。

 

▼裏面から見えるネジは8個ですが(右下に開封シールあり)、マザーボードにアクセスするには内部にある4個のネジを外す必要があります。

▲2.5インチのSATAポートにアクセスするためには、右下の開封シールも剥がしたうえで、内側の6個のネジを外します。SSDの増設のためには開封シールを剥がすことが必須となるのですが、これらの6個のネジを外しても内部にアクセスできないため、ここにシールを貼る意味がないとも思います。

 

▼プラスチック製の蓋を外した状態。

 

▼2.5インチのSATAポートを確認できました。ケーブルレスで取り付けることができます。

 

▼手元にあった 2.5インチ HDDをはめ込んでみました。スライドするのみで簡単に接続することができます。このままでもグラつきはないのですが、より強固に固定するためには、金具を外しサイドからネジどめする必要があります。

 

▼さらに内部にアクセスするためには、内側の4個のネジを外します。

 

▼内枠が外れました。この内枠もプラスチック製です。

 

▼内枠を外してみて、外周のフィン状のものはプラスチック製であることが判明。さすがに、これをスチールやアルミ製とするとコストアップになってしまいます。

 

▼CMOS電池が備わっている、マザーボードの裏面のみの確認。これ以上の分解を行うと各種ポート類のはめ込みが厳しくなり、組み直し時に建付がズレてしまう可能性もあるので、ここまでで止めておきます。本来はファンレスに貢献するヒートシンクの確認が目的だったのですが。

まとめ

多くのミニPCに共通する事項ですが、建付としてはよく出来ている感のあるHeroBox(ただし、思いのほか、プラスチックを多用しています)。ミニPCのなかには、2.5インチのSSD /HDD増設に使用するケーブルが別売、あるいは販売していないこともあるのですが、HeroBoxはケーブルレスで取り付けることができ安心。

 

▼Banggoodでは、クーポン「BGJPmn7011」の利用により 179.99ドル、7/31まで。

Banggood

 

▼AmazonではCHUWI 直営店が販売していますが、やや割高に。

 

▼なお、Amazonでのレビューでは「有線LANが100Mbpsのリンクにしかならない、シャットダウンしてもUSBの電源が切れない」などの課題が報告されています。今度、課題を再現してみます(しばらく使用していなかったので、課題を確認できていません)。

CHUWI製品で困った場合に参照したいサイト 2020年版。HeroBoxの有線LANに関するトピックスも(解決策見いだせず)
当サイトの記事をご覧になった方から、「CHUWI HeroBoxのAmazon レビューにて、有線LANが100Mbpsのリンクにしかならない、シャットダウンしてもUSBの電源が切れないなどの課題があるようです」とのコメントをいただ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました