CHUWI CoreBox 4th ミニPC、Core i3-1215U / Thunderbolt 4を搭載し、399ドル(約5.8万円)で販売中

CHUWIより、CPUにインテル 第12世代のCore i3-1215Uを搭載する「CoreBox 4th」が販売されています。モデル名通りにCoreBoxの4世代めとなりますが、CPU以外にも Thunderbolt 4を搭載、PD 電源アダプターに対応、メモリ 16GBとハイエンドの構成。CHUWIの製品としてのみならず、他ブランドも含めたミニPCとしても、トップクラスの構成です。

販売元・引用元

CoreBox 4th、CHUWI 公式ストア

スポンサーリンク

CHUWI CoreBox 4thのスペック

モデル名に4thとありますが、私の知る範囲では CoreBoxの従来モデルを時系列で掲載すると以下となります(リンク先はレビュー記事、あるいは製品の紹介記事)。

  1. ミニPC「CHUWI GT Box」のHackintoshの夢が実現、macOS High Sierraが安定動作
  2. CHUWI CoreBox i5 実機レビュー、サクサク動作のCore i5-5257Uに豪華なヒートシンクを装備するミニPC
  3. CHUWI CoreBox X、Core i7-6560U搭載にミニPCがリリース。CoreBox Pro、CoreBox i5とのスペック比較
  4. CHUWI CoreBox Pro 実機レビュー、Core i3-1005G1 / PCIe SSDで快速レスポンス、想定外の静音仕様
  5. CHUWI CoreBox、Core i5-8259U / RAM 16GB版が Amazonにて 44,400円で販売中

 

上記1と2は CPUが第5世代、4と5は CPU違いで併売していたとの記憶があり、1と2、4と5を一括りにすると 今回のモデルは「4th」となります。

なお、1と2のモデルは CPU ファンが喧しかったのですが、4のCore i3-1005G1のモデルは静音仕様となり、メモリ 12GB / PCIe SSDであることも踏まえて、よりよいモデルでした。

今回の4th モデルのスペックは以下となりますが、他社のミニPCと比較してもハイエンドな製品です。また、上記の5製品のボディの素材は スチール or 樹脂とモデルにより異なりますが、4th モデルは アルミ・マグネシウム合金も使用しています。

 

CPUCore i3-1215U
GPUIntel UHD Graphics 620
メモリ16GB LPDDR5
ストレージ512GB PCIe SSD(換装可能)、2.5インチ SSDを増設可能
WiFiWi-Fi6対応
Bluetooth5.1
ポート類Thunderbolt 4、USB 3.0 x 4、HDMI、DisplayPort、有線LAN
サイズ173 x 158 x 73mm
OSWindows 11
その他65W DC アダプタ付属、アルミ・マグネシウム合金製ボディ

 

  • CHUWI 公式ストアでは、上の画像のとおり、CINEBENCH R23、Geekbench 5のベンチスコアも搭載されています。Geekbench 5のスコアは「シングルコア 1657、マルチコア 6342」となり、Core i3ながらも在宅勤務や普段使いでは十分すぎるほどです。
  • こちらの記事にて、私がこれまでレビューしたPC、あるいは紹介したPCのGeekbench 5のスコアを掲載していますが、シングルコアのスコアは Core i7-1165G7やAMD Ryzen 9 5900HXよりも高く、M1 MacBook Airに迫るものです。
  • 映像出力は、HDMI、DisplayPort、Thunderbolt 4の3系統Thunderbolt 4は最大 8Kの出力に対応しています。
  • ファンの騒音レベルは 最小 20dB、負荷をかけた際の最大 35dBとあり、この数値をそのまま捉えると、ファン音がほとんど気にならないほどの静音仕様です。
  • 別途用意の65W / 100WのPD対応 電源アダプターにより、Thunderbolt 4での本体の給電も可能
  • 公式ストアに掲載のPCIe SSDのベンチスコアの指標は、Read 2500 MB/s、Write 1800MB/s。PCIe 4.0対応の記載はありません。

 

CoreBox 4thの外観、機能

上記のスペックと一部重複しますが、外観と機能の概要について記載します。

  • 過去に外付けGPUを搭載するモデルを販売していましたが、この製品と同じボディを採用しています。このため、ボディは標準的なミニPCよりも大きいもの。
  • 私としては前面にUSB ポートがあるとよかったのですが、ポート類は背面に集中しています。

 

 

▼前述のとおり、別途用意の65W / 100WのPD対応 電源アダプターにより、Thunderbolt 4での本体の給電も可能(画像に記載の「急速充電」は誤植と思われます)。

 

CHUWI CoreBox Pro 実機レビュー、Core i3-1005G1 / PCIe SSDで快速レスポンス、想定外の静音仕様
多くのミニPCやノートPCをラインナップに揃えるCHUWIですが、ミニPCの上位となるのが「CoreBox」シリーズ。うち、ハイエンドとなるのが インテル 第10世代のCPU Core i3-1005G1を搭載する「CoreBox ...

▲▼下の写真は、同じボディのCoreBox Proの実機です。素材は異なりますが、参考まで。一般的なミニPCよりも大きな筐体ですが、上の記事にサイズの比較写真も掲載しています。

まとめ、価格

私としては、前面にUSB ポートがあり、よりコンパクトな専用ボディだと更によかったのですが(ただし、この場合には価格に影響)、Core i3-1215U、Thunderbolt 4を搭載、PD 電源アダプターにも対応と、CHUWIの意欲作。

CHUWI 公式ストアでは、通常価格 449ドル(約 6.5万円)のところ、11月12日時点では 50ドルオフの399ドル(約5.8万円)で販売しており、コスパの高さもあり ヒット製品になりそうな予感です。

販売元・引用元

CoreBox 4th、CHUWI 公式ストア

公式サイト情報

CoreBox 4th、公式サイト

公式サイト(日本サイト)

 

▼出荷は11月末。11月12日時点では 399ドル(約5.8万円)

CoreBox 4th、CHUWI 公式ストア

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました