CHUWI CoreBook X Pro、Core i5-8259U搭載の15.6型ノートが公式ストアで販売開始。50ドルオフのキャンペーン情報

CHUWI オンラインストアにて、CPUにCore i5-8259U、メモリ 8GB、PCIe SSD 512GBを搭載する、15.6インチのWindows 10 ノートの販売が開始されています。アルミ製ボディであることは、多くのCHUWIの製品に共通していますが、サイドに赤のラインが入る新鮮なデザインです。

なお、CHUWI オンラインストアでは、8月31日まで「Back to School  キャンペーン (新学期応援キャンペーン)」を行っており、CoreBook X Proは 50ドルオフの549ドルで販売されており、他の製品も最大 100ドルオフとなります。

引用元

公式ストア 詳細ページ

公式ストア、Back to School セール

スポンサーリンク

CHUWI CoreBook X Proのスペック

2021年4月に、Core i5-10210Uを搭載し販売予定であった「CoreBook Xe」の記事を投稿しましたが、Xe は8月17日時点では オンラインストア・海外通販サイトともにラインナップがありません。「CoreBook X Pro」はイメージ画像を見る限りで同デザイン、サイズも同じことから、Xeの仕様を変更し X Proとして販売されているもの、とみています。

CHUWI CoreBook Xe、Core i5-10210Uの15.6型ノートが 100ドルオフの599ドルで発売に。HiPad Xのプレゼント企画も開催中
CHUWIからアナウンスされていたハイエンド寄りの15.6インチ Windows ノート「CHUWI CoreBook Xe」が4月20日に発売となります。CPUにインテル 第10世代のCore i5-10210Uを搭載し、外付GP...

 

さて、「CoreBook X Pro」のスペックは以下となります。

CPUCore i5-8259U、4コア 8スレッド
GPUIntel Iris Plus Graphics 655
メモリ8GB DDR4
ストレージ512GB PCIe M.2 SSD、換装可能
ディスプレイ15.6インチ、IPS、解像度 1920 × 1080
WiFi11a/ac/b/g/n
Bluetooth4.2
ポート類USB-A 3.0 x 2、USB-A 2.0、USB Type-C、HDMI、Micro SD、有線LAN
バッテリー容量69.993Wh (11.55V/6060ma)
サイズ359.4 × 241.5 × 17.9㎜、1.78kg
OSWindows 10 Home

 

▲▼CPUは 第8世代のCore i5-8259Uを搭載しており、同CPUを搭載するPCのレレビューは以下の記事にて掲載していますが、かなりキビキビと動作し、在宅勤務などでも全く問題なく快適に動作します。

上のイメージ画像では、第10世代のCore i7-1065G7よりもベンチマークは高スコアとありますが、CPUのSingle Coreのスコアは、Core i5-8259UとCore i5-1035G1が同水準であり、上の画像は Multi-Core / GPU関連のスコアかと思われます。

MINISFORUM U820 実機レビュー、Core i5-8259U / PCIe SSDの快速仕様に 2.5インチ SSD 2基を簡単に増設可能。静音でバランスのよいミニPC
エントリークラスからハイエンドまで、多くのミニPCを展開する「MINISFORUM」。同社より最近リリースされた製品が、第10世代のCore i5-10210Uを搭載する「U850」と、第8世代のCore i5-8259Uを搭載する...

 

▼なお、私は Core i5-8259UのPCに Windows 11を先行して導入していますが、Windows 11のシステム要件を満たしており、おそらくCoreBook X Proもアップデート可能と思います。

Windows 11、プレビュー版を導入したPC実機でのメニュー・設定画面などの概要。操作性は良好で大きな違和感なし
2021年後半に正式リリース予定のWindows 11ですが、Windows Insider Programのプレビュー版をインストールしましたので、メニュー・設定画面のデザインの概要、Windows 10との機能の相違などの概要を...

 

▼右上に512GBのM.2 SSDは NVMe対応と明記があります。底面を見ると、メモリとSSDを簡単に換装できる仕様です。M.2 SSDは、そのサイズの割にはアクセスする扉は大きいもの。M.2 サイズにあわせた扉では、SSDをやや取り出しにくいこともあるため、この大きさもありです。

なお、CHUWIさんからいただいた情報と以下の画像では、メモリは2スロット形式で増設も可能と推定します(ここでは断定しません)。

 

▼ポート類の配置はこちら。プライバシー保護のため、フロントカメラの物理的なスイッチを備えています。

CHUWI CoreBook X Proの外観

続いて外観について記載しますが、サイドから前面にわたる赤のラインが特徴となっています。また、CHUWIの他の製品では、サイドが下に向かって絞り込まれたものが多いのですが、フラットな作りとなっています。

 

▼ディスプレイの左右のベゼル幅は6mmと薄いもの。キーボードのベゼル幅も同様に狭いです。

 

▼サイドから前面に渡る赤のラインが特徴の一つ。ディスプレイ面・キーボード面ともにサイドはフラットのため、厚みがあるようにも見受けられますが スペック上の厚みは 17.9mmと一般的。

 

▼CHUWIの製品に好感を持っている事項として、シックな色合いで天板のロゴがシンプルなことがあります。

 

▼キーボードはテンキーを備え、電源ボタンはキーボード内ではなく 右上に独立。テンキーの上 4つのキーの印字がありませんが、Home、End、PageUP / Downでしょう。

▲▼英語キーボードですが、「英数・かな」切替は以下のフリーソフト「Alt IME」の利用により、スペースキー両隣のAltキーのワンタッチで行うことができます。

英語キーボードの「かな」「英数」をAlt空打ちで瞬時に切替。alt-ime-ahk.exeで快適な入力環境
日本の店頭に並んでいない、海外通販にて購入したパソコンのキーボードは英語キーボード。私が先日購入した「Jumper EZBook 3 Pro」も英語キーボードです。iPad、iPad miniでは英語キーボードを利用し、慣れたつもり...

 

▼背面には大きな開口部がありますが、ファンを2つ備えています。

価格、新学期応援キャンペーン

冒頭に記載のとおり、CHUWI オンラインストアでは、8月31日まで「Back to School  キャンペーン (新学期応援キャンペーン)」を行っています。カートに入れると割引が適用されますが、CoreBook X Proの場合には 50ドルオフの549ドルで販売中(8月17日時点では、Amazonでの販売なし)。

同キャンペーンでは、X Proと同CPUを搭載し 14インチの「CoreBook X」が 489ドルとなっており、他の製品も安く販売していますが、Amazonが安い事例もあります(CoreBook XのAmazonはこちら)。

 

公式ストア 詳細ページ

公式ストア、Back to School セール

 

▼こちらは 公式ストアのセールよりも Amazonが安い事例です。第6世代のCore i3-6167Uを搭載する 13.3インチの「CoreBook Pro」は公式ストアのセール価格 359ドルに対して、8/17開始のAmazon タイムセールでは 35,500円。

コメント

タイトルとURLをコピーしました