Chromeで表示エラーが頻発するも、Chromeの再インストールで解消

特定のWindows 10 PCにて、Google Chromeの「このページを開けません」「このウェブページの表示中に問題が生じました」が頻発する状況に。一旦は「キャッシュを削除する」ことで解消できたかに思えたのですが、以前と同じ間隔で3分に一度ほどの割合で頻発。これには耐えきれず、Chromeのアンインストールと再インストールを行うことで、エラー表示もなくなり安定しています。

関連記事

Chromeで「このページを開けません」が頻発する際の対応事例

スポンサーリンク

頻発したエラー表示

頻発したエラー表示は、「このページを開けません」と「エラー。このウェブページの表示中に問題が発生しました」の2つ。

画面に記載の対応、あるいは「詳細」から遷移するGoogleサイトに記載の対応は行い(以下の記事を参照)、一旦はエラー表示はおさまったかに思えたのですが、数日経過すると以前と同じよつな頻度で再発です。

Chrome「同期が機能していません」のエラー状況と関連エラーの対応事例
Windows 10にてGoogle Chromeを使用していると、赤文字で「同期が機能していません。同期を開始するには同期設定を確認してください」のメッセージが表示されました。 対応方法の指示どおりに行ったものの、時間をあけ...

エラーが発生するトリガーのようなものは特にないのですが、強いて言えば、Chromのタブが複数ある状態で、しばらく使用していないタブが五月雨式にエラーとなるようなイメージ。エラーとなるタブに傾向はありません。

また、上記のエラーとなるのは特定のPCのみとなり(iPadでも同エエラーがありましたが、これは例外的)、他のPCでは発生していないことも謎です。

Chromeの再インストールでエラー解消

Chromeで何等かのエラーとなる場合や、挙動不審な動きをする場合に、Chromeのアンインストールと再インストールでエラー解消となることは、ありがちなこと。エラーが頻発した初動で再インストールしていればよかったのですが、面倒だったのと、Googleヘルプの記載事項に従ったのが回り道でした。

アンインストールについては、Windowsの設定画面から行ってものかったのですが、今回は関連ファイルとフォルダも削除すべく、以下の記事で記載のフリーソフト Revo Uninstallerで対応。関連ファイルとフォルダの削除の必要性もないのですが、Chromeのアンインストールと再インストールで、Chromeの頻発するエラーも解消となり、数日間使用しても安定動作しています。

Win 10にも使えるRevo Uninstaller Free、True Key削除、各種制御も可能なソフト
以下のリンク先の記事にて、Windowsの標準機能では検出、アンイストールできないTrue Keyを削除する方法として、強力なアンイストールソフトである「Revo Unistaller」を簡単にご紹介しました。 今回はこの、W...

 

▼当初はアンインストールと再インストールを行うことなく対応していたのですが、以下の記事に記載の方法ではエラーを回避できず。

Chromeで「このページを開けません」が頻発する際の対応事例
Windows 10 PCのGoogle Chromeにてサイト記事を編集していると、「このページを開けません」のエラーメッセージが頻発する事態に。自宅には複数台のWindows 10 PCがあるなかで、このエラーとなったのは特定の...

 

Google Chrome
スポンサーリンク
kenkenをフォロー。Twitterでも記事更新を配信しています。
スポンサーリンク
Win And I net

コメント