Chromeで「このページを開けません」が頻発する際の対応事例

Windows 10 PCのGoogle Chromeにてサイト記事を編集していると、「このページを開けません」のエラーメッセージが頻発する事態に。自宅には複数台のWindows 10 PCがあるなかで、このエラーとなったのは特定の一台のみ。そこで、Google Chromeのヘルプを参考に対応してみるとあっさりと解決し、以前よりもレスポンスがよくなったような錯覚も。今回のGoogle Chromeでの「このページを開けません」のエラーメッセージの対応事例を記載します。

スポンサーリンク

「このページを開けません」が頻発の状況

今回、このエラーが生じたPCは、以前から全般的にレスポンスがわるくなったような感覚があったのですが、Google Chromeにて「このページを開けません」のエラーが頻発した状況は以下です。

 

▼特定のサイト(画像編集サイト)でエラーが生じることが多かったのですが、1時間に5回ほど、Webサイトへのアクセス時や更新時に「このページを開けません」のエラー表示が頻発。

 

▼一度のみ、「エラー、このウェブページの表示中に問題が生じました」のメッセージも発生。

 

▼Chromeのタブのアイコンは以下のとおり、タブの絵柄が困ったような表情に。

 

▼タスクマネジャーのプロセスやパフォーマンスの項目をみると、メモリ不足・スワップに陥っているような状況はありません。

エラーが解消した対応事例

私の場合、不要なアプリとChrome拡張機能の削除、Chromeのキャッシュを削除することでエラー解消となり、現在は安定していますが、より重要な対応は「Chromeのキャッシュを削除」であったと思われます。「思われます」と記載したのは、以下のGoogle Chrome ヘルプより引用のとおり、当エラーの解消には複数の手段があり、どの対応により根本的な解決となったのか、特定できないため。

 

エラーページが表示される問題や、ページの読み込みに関するその他のエラーを解決する

  • ステップ 1: インターネット接続を確認する
  • ステップ 2: キャッシュを削除する。ページをシークレット ウィンドウで開く、キャッシュと Cookie を削除する、
  • ステップ 3: 他のタブ、拡張機能、アプリを閉じる
  • ステップ 4: パソコンを再起動する
  • ステップ 5: Chrome を更新する
  • ステップ 6: 迷惑ソフトウェアがないか確認する

▲上記の対応事例としては、ステップ1を除いては、どれも原因・対応の手段となりそうです。私が試してみた手段はステップ4、ステップ3、ステップ2の順ですが、ステップ6はさておき、どうしても解消できない場合には、Chromeのアンインストール・再インストールでエラー解消となるでしょう。

 

▼ステップ2の「キャッシュを削除する」については、Chrome 設定の「詳細設定」「閲覧履歴データの削除」と進むと以下の画面となります。Google Chromeのヘルプ画面に記載の対応方法は、画像のとおり「Cookieと他のサイトデータ」と「キャッシュされた画像とファイル」を有効(つまりはこれらを削除する)とし、「データを削除」を押下すること。ちなみに、これらのデータを削除しても、保存済のユーザーアカウント・パスワードなどが削除されることはありません。

▲私の場合、この対応がエラー解消の最も効果的な対応だったと思いますが、これによりエラーが解消し安定動作しています。

 

▼また、拡張機能を多く導入していると、メモリ消費の増大(バックグラウンドでの稼働)もありますので、使用していない拡張機能の削除も有効でしょう。Chrome 設定の「その他のツール」「拡張機能」で以下の画面を呼び出し削除することができます。

まとめ

Google Chromeにて「このページを開けません」が頻発した場合、Chrome ヘルプ「エラーページが表示される問題や、ページの読み込みに関するその他のエラーを解決する」にある「キャッシュを削除する」が最も有効かと思われます。私の場合、「不要なアプリとChrome拡張機能の削除、Chromeのキャッシュを削除する」ことでエラー解消となりましたが、ヘルプにあるステップ対応後もなおエラーとなる場合には、Chromeのアンインストールと再インストールでエラー解消となるでしょう。

 

Google Chrome
スポンサーリンク
kenkenをフォロー。Twitterでも記事更新を配信しています。
スポンサーリンク
Win And I net

コメント