CHUWI GemiBookなど、CHUWIとJumperの交換用バッテリー、AliExpressでの販売事例

約3年前の2018年11月に購入した「CHHUWI LapBook SE」を Windows 11に更新し、使用する機会が増えているのですが、さすがにバッテリーが劣化しており、10分ほどの使用でも 哀れなバッテリー残量となっています。

このように中国ブランドのバッテリーが劣化した場合に、頼りになるのが中国通販サイトの「AliExpress」。Lenovoはもちろんのこと、中国新興ブランドのなかでも、CHUWIやJumperなどの日本のAmazonでも販売のブランドの人気製品の場合には、AliExpressで互換バッテリーを販売していることが多いです。

今回は、今後のバッテリーを購入する際の備忘録も兼ねて、AliExpressの販売のバッテリーの事例を記載します。

留意事項

最初に留意事項を記載しますが、CHUWI / Teclast / Jumperともに、わるく言えば汎用のマザーボードやパーツなどの集合体のような製品ですので、AliExpressで販売のバッテリーは互換品のさらに互換品と思ったほうがよいです。つまりは、PCに標準装備(新品)のバッテリー持ちよりもよくないリスクがあることを承知のうえで 購入する必要があります。

また、バッテリー本体は安くとも、送料との合計では高くなるケースもあり、安価な本体と比べると バッテリー単体は割高に思えます(ThinkPadの事例を見ても、仮に国内通販で販売されている場合には、さらに割高)。このため、バッテリーを頻繁に使用する外出先での利用も前提とする場合には、新品のPCへの買い替えも含めて検討する必要がありそうです。

CHUWIの事例

上の写真は、充電・起動しなくなった CHUWI MiniBookの動作確認(もしかすると、バッテリーを交換すると復旧するかも、との微かな期待)のために購入した互換バッテリーですが、MiniBook 代替の製品で試したところ 普通に動作しています。

CHUWI MiniBookがついに文鎮化、バッテリーは正常であるものの、充電・起動せず
上の写真の左側は Pentium Siliver N5000を搭載の「IRIE (FFF)の8インチ UMPC」、右側は Core m3-8100Yを搭載の「CHUWI MiniBook」。スペックは違えど同一製造元のOEM製品(あ...

 

以下は動作確認したものではありませんが、AliExpressサイトから検索の CHUWIの製品に適合するバッテリーの事例です。可能な限り、販売数・レビュー数の多い製品をピックアップしています。

  • MiniBook、私が購入した製品ですが、純正と同形状ではないことに注意が必要。
  • AeroBook、送料との合計で 約6,000円で販売されています。
  • LapBook SE、私が購入を検討しているバッテリーです。ただし、常用していないPCに数千円の出費となると、購入するか悩ましいところ。
  • LapBook Plus 15.6、PC自体のリリースは、比較的新しいのですが、バッテリーが出回っています。
  • GemiBook 13.3、新しい端末のため、レビュー数はごくわずか。

Jumperの事例

上の写真は 所有する Jumper EZBook X4 Proの内部の構成です(Jumper EZBook X4 Pro、裏蓋を外しマザーボードやSSD、パーツの構成を確認)。Jumperの製品のなかでは人気だったとは言い難い端末ですが、Jumperの場合にはマイナーな製品の場合にも、バッテリーが販売されています。

Jumperのバッテリーの販売事例は以下です。

  • EZBook X4、私が所有するPCのバッテリーです。Amazonでは同型のPCが他ブランドからも販売されており、流用できそうです。
  • EZBook X4 Pro、適合する製品として X4の記載もあり、X4 / X4 Proのバッテリーは共用のようです。
  • EZBook 3 Pro、かつての大人気製品でもあり、複数のショップから販売されています。私も EZBook 3 Proを所有していおり、しばらく起動していないのですが、おそらく バッテリーは劣化しているはず。
  • EZBook X1、2018年あたりに、Teclast F5と人気を二分した Yoga スタイルの端末のバッテリーです
  • EZbook X3、現在でも現役で販売の X3ですが、一時期(?) Amazonでも販売されていたため、需要は多いように思います。

 

CHUWI、Jumperともにメーカーではなく販売ブランドですが、Jumperのバッテリーの詳細を確認すると、適合するモデルとして Jumperと他ブランドのPCと併記されている事例があり、同型のPCであることが新たに認識することもあります。

まとめ

私の備忘録も兼ねて、AliExpressで販売のCHUWIとJumperのバッテリーの販売事例を記載しました。繰り返しとなりますが、安価なPC本体と比較するとバッテリーは割高に思え、コスパは高くありません。また、互換品となるために、純正ほどにバッテリー持ちがよくないことを前提に検討・購入する必要もあります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました