サクラチェッカーでJumper、CHUWIなどの中国製PCのレビュー信頼度を確認してみた。想像どおりにブランドで異なる結果に

「サクラ・やらせレビューに騙されないで! 購入前の不安を解消します」をキャッチフレーズ的なものとした「サクラチェッカー」。以前からAmazonの妙な日本語のレビューを鬱陶しく感じていた私ですが、瞬時にサクラか否かの指標をチェックしてくれる「サクラチェッカー」は、Amazonで製品を購入する際の大きなヘルプとなります。

私としては、「サクラ」の存在でよい製品も逆に怪しく見せていることに懸念をいただいているのですが、当サイトで多く紹介している中国製PCのうち、4つのブランドの製品を「サクラチェッカー」で試してみました。結果、私がこれまで感じていたとおりにブランドにより危険度は明確です。

参照元

サクラチェッカー

スポンサーリンク

Jumper

以降のJumper以外も同様ですが、サクラチェッカーの結果は一応 モザイクを入れています。それぞれのブランド別のコメントで製品を明記しているので、意味のないモザイクですが。

Jumper EZBook 3 Pro / X4 / X4 Pro、EZPad Mini 8と4製品所有している私としては、一部にキーボードのバグ(X4)やTNパネルの視認性の悪さ(X4 Pro)もあるものの、質感とコスパの高さに概ね好感を持っているJumperの製品。

これまで私が感じていたとおり、サクラチェッカーの危険度はかなり高くなっています。それもそのはず、妙な日本語の支離滅裂な文章のレビューが横行し、サクラチェッカーの要件には当てはまりませんが、本来の製品名ではない名称で販売されていることもあります。

Amazonでは現在販売されていませんが、MacBook Air クローン端末の先駆けとなった 3 Proなど、かなりの人気となった製品もあるJumperですが、サクラの存在はJumperの信用性・ブランドイメージを著しく低下させているように思います。Jumper自体がサクラレビューに関与しているのではなく、おそらくは販売代理店での関与と推測します。

 

▼現在は大学生の息子が使用している 3 Proの実機レビュー。直近でリリースされたPCと比較すると、キーボードの質感が劣りますが、全面アルミ製のボディは今でも存在価値は十分。

Jumper EZBook 3 Pro、2年使用後の再レビュー。今でも人気継続の理由は質感の高さとコスパの高さにあり
2017年8月にJumper EZBook 3 Proを購入していから、約2年が経過。当時は2年先まで人気が継続するとは思いもしなかったのですが、海外通販サイトやAmazonでの販売は現在でも好調のようであり、久しぶりに使用してみる...

▼TNパネルで視認性がよくない X4 Proですが、M.2 SSDの空きスロットを活かし、macOSを導入し、Windows 10とデュアルブート化しています。

Jumper EZBook X4 Pro、HackintoshでmacOSが安定動作。使用感と導入手順の概要
HackintoshによるmacOSの導入を夢見ていた Jumper EZBook X4 Proですが、なんとか常用できる端末となりました。Trackpadが動作しない、サウンドがイヤホンのみの出力となるなどの課題はありますが、Wi...

CHUWI

CHUWIの製品においては、HeroBook Pro、LapBook Pro、UBook、UBook Pro、CoreBoxのチェックを試してみましたが、いづれも合格。実際に日頃からレビューを参照していても、サクラ的な妙な日本語、いかにも日本人を装ったフルネームでの投稿は多くありません。Jumperとはかなりの落差があり、繰り返しますが、Jumperも製品自体はわるくないのですが、サクラの存在が迷惑です。

 

▼CHUWIの製品も複数所有していますが、こちらはHeroBoxとCoreBox、MiniBookの実機レビュー。

CHUWI HeroBox 実機レビュー、2万円ちょいでGemini Lake,RAM 8GBで快適動作のファンレス ミニPC
CHUWIからリリースされた HeroBox。Amazonで人気のGBox Proのアルミ製のボディとファンレスであることはそのままに、CPUをAtom X7-E3950からGemini Lake N4100に、メモリを4GBから8...
CHUWI CoreBox i5 実機レビュー、サクサク動作のCore i5-5257Uに豪華なヒートシンクを装備するミニPC
CHUWIより新たに販売となった「CoreBox i5」。CPUに第5世代のCore i5-5257U、メモリ 8GB、SSD 256GBを搭載するミニPCです。以前に同じボディを採用するGT Boxが販売されていましたが、CPUを...
CHUWI MiniBook 実機レビュー。サクサク動作のCore m3-8100Yに明るい液晶、タイピング感も想像以上。これで5万円台とは満足度高し
7インチのUMPCのキーボードがイマイチだったため、8インチのUMPCにも抵抗があったのですが、CHUWI MiniBookの実機はその懸念を吹き飛ばす出来栄えです。Core m3-8100Yのサクサク動作に明るい液晶、想像以上に快適なキーボード。これで5万円台とは恐るべしコスパ

BMAX

BMAXの製品はレビュー件数不足のために確認したのは11.6インチの2 in 1 Y11のみです。レビューを参照したところ、3割〜4割は本物のレビューであるものの、なかには13.3インチのY13のレビューや、一部のコアな方しか知らない(Y11では関係のない)Bitlockerの記載があり、購入を検討している方の役に立たないコメントも目立ちます。Jumperほどではないですが、これではレビューコメントの信頼性は低くなるのも当然だと思います。

 

▼BMAXのノートPCは所有していませんが、ミニPCは他社の製品と比較するとスペック・機能・価格は優れています。

BMAX B4 Pro 実機レビュー、Core i3-8145UにPCIe SSD、Win 10 Proの快適仕様。4万円未満でメイン利用可能なミニPC
BMAXよりリリースされているミニPCのなかで、ハイエンドとなるBMAX B4 Pro。CPUに第8世代のCore i3-8145Uを搭載し、ミニPCのデフォルトのストレージとしては珍しく、SATAより高速なPCIe 接続のSSDを...
BMAX B2 Plus 実機レビュー、Win 10 Pro、PCIe SSD対応、静音でスピーカー内蔵と意外性のあるミニPC。175.99ドルのクーポン情報も
BMAXより販売されているミニPC「B2 Plus」。Gemini Lake N4100相当のCeleron J4115、メモリ 8GBを搭載する製品ですが、このクラスの他のミニPCにない特徴として、PCIe (NVMe対応)のSS...

Teclast

Teclastの製品もレビュー件数の絶対数が足らないため、チェックしたのは 11.6インチの2 in 1であるX4と、10インチのAndroid タブレット T30のみです。じっくりとAmazonのレビューを参照したことがなかったのですが、私の想像に反し意外と高スコアです。

Jumper、BMAX、Teclastともに概ねPCの品質は同じ、BMAXとTeclastは、同一製品でブランド名・色合いが異なる製品もあるのですが、やはり JumperとBMAXはサクラが多いことで逆にブランドの信用性を損ねています。

まとめ

中国の新興ブランドのうち、サクラチェッカーのレビュー分析件数を満たしている「Jumper」「CHUWI」「BMAX」「Teclast」のチェックを行なってみました。日頃、Amazonのレビューを参照するなかでの想像どおりに、Jumperの危険度の高さが際立ちます。Jumperの製品も、他ブランドと比較して劣るものではないのですが、サクラレビューにより怪しさを醸し出しており、Jumper製品の販売者には即刻 サクラレビューを廃止いただきたいものです。一方のBMAXは、今後 ブランド・製品の認知度・サクラでないレビュー件数が増えるにつれ、サクラレビューでの危険度は低下していくことでしょう。

 

コメント

CHUWI HiPad X

Helio P60、eMMCより3倍高速なUFSを搭載の10型タブレット「CHUWI HiPad X」。Banggoodでは 179.99ドルで予約販売中(キーボードは別売り)

Banggood 販売ページ

▼詳細記事はこちら
CHUWI HiPad X、eMMCより3倍高速なUFS、Helio P60搭載の10型 Androidタブレットがリリース
タイトルとURLをコピーしました