Core i3-6157U、SSD 512GB搭載の15.6型ノートが399.99ドル、CENAVA F158Gのスペックと特徴

第6世代のCore i3-6157Uを搭載する15.6インチノート「CENAVA F158G」が、Banggoodのクーポンコード利用で399.99ドルで販売されています(8/10まで)。メモリは8GBと一般的ですが、SSDは512GBと大容量。同スペックのミニPCの場合にも、300ドル台半ばで販売されていてもおかしくない価格です。

スポンサーリンク

CENAVA F158Gのスペック

私として惜しいと感じるのはSSDがSATA接続となり、より高速なPCIe接続ではないこと。両者にHDDとSSDほどの著しい体感差はないものの、Windowsの起動や終了で体感できる相違があり、このクラスのCPUとなるとPCIe対応であるとより快適になります。

CPUCore i3-6157U
GPUIntel HD Graphics 550
メモリ8GB DDR4
ストレージ512GB SSD
ディスプレイ15.6インチ、IPS、解像度 1920 x 1080
WiFi11 a/b/g/n/ac
Bluetooth4.0
ポート類USB 3.0 x 2、HDMI
バッテリー容量4000mAh/11.1V
サイズ(本体)360 x 238 x 18mm、1.68kg
OSWindows 10
その他アルミ製ボディ、バックライト付きキーボード

 

全般的に、Banggoodの販売ページでは情報が不足しているのですが、ブランドの蘭にYEPOとあります。ASUSへの供給実績のあるYEPOであり、製品自体はしっかりしているように思います。また、現在販売中の中国ブランドの製品も、オリジナルはYEPOの製品であることが多々あります。

中国製の15.6インチのこのクラス(第6世代以上のインテルCPU搭載機種)ノートPCとなると、デフォルトのSSD以外に、M.2 SSD、あるいは2.5インチ SSDの空きスロットのある製品が多いのですが、記載がありません(空きスロットがない)。これも、PCIe SSD対応の記載がないのと同様に惜しい事項の一つです。

 

▼こちらは CHUWI AeroBook Plus。M.2 SSDの空きスロットのある事例。ディスプレイは4Kとなりますが、CPUはCENAVA F158Gと同クラス。

CHUWI AeroBook Plus、4Kパネル,Core i5-6287U搭載の15.6型ノートが販売開始。動画レビューを観て再燃した物欲
クラウドファンディングで人気を集めた「CHUWI AeroBook Plus」の一般販売が開始となりました。CHUWIの4K 解像度 15.6インチノートとしては、LapBook Plusが販売されていますが、AeroBook Pl...

外観と機能

シルバーのロゴなしの天板が好印象の外観。ボディはアルミ製としていますが、おそらくは天板と底板がアルミ製でキーボード面はプラスチック製だろうと思われます。

 

▼シルバーのキーボードであることにより、印字の視認性を心配したのですが、シルバーに(やや薄い)黒の印字であり特に問題はなさそうです。シルバーに白、シルバーに極端に薄い黒の組み合わせでは、バックライトを点灯しても、印字の視認性はかなりわるくなります。

 

▼画面占有率が95%とありますが、私がこれまで見てきたなかでは高くても90%程度。ここまで高いと疑いたくなります。

 

▼これほどまでの薄さではないのですが、極端に薄く見せすぎです。ポート類にUSB Type-Cはありませんが、USB 3.0 x 2にHDMIポートがあるため、困ることはないでしょう。

まとめ

第6世代のCPUを搭載しながらも 399.99インチと格安であるため、ストレージの空きスロットとPCIe SSDまでを求めない方には魅力的な製品です。ただし、文中に記載のとおり、画面占有率と薄さを強調しすぎているようであり、この2点については差し引いて見る必要がありそうです。

 

▼クーポン「BGCENAI3」の利用により 399.99ドル、8/10まで。

CENAVA F158G

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました