スマートウォッチ

スマートウォッチ

Amazfit、iOS 14に更新後にSNS通知が未連携となるも、アプリとファームウェアの更新で復旧

iPhone XS MaxをiOS 14にアップデートとすると、iPhoneからAmazfit GTRへのSNS・アプリ通知の連携が全く不可能な状況となりました。スマホアプリの通知設定を変更しても状況は変わらずに数日間すごしていたの...
スマートウォッチ

DM28、Android 7.1ベースの背面カメラ付きスマートウォッチの特徴

今までありそうでなかったスタイルのスマートウォッチ「DM28」。上の画像のとおり、文字盤が直立し背面にカメラを装備。また、CPUは4コア、メモリ 3GB、ストレージ  32GB、OSはピュアなAndroid 7.1など、スペックとし...
スマートウォッチ

Amazfit GTR 47MMが119.99ドル、T-Rexが115.99ドルなど、Xiaomi関連スマートウォッチのクーポン情報(Banggood,10/31まで)

Banggoodにて、10月31日を期限として Xiaomi関連のスマートウォッチが大量のクーポンセールを行っています。事例としては、私が使用している 「Amazfit GTR 47MM」が119.99ドル、タフネスなスマートウォッ...
スポンサーリンク
スマートウォッチ

Kospet Raptor、約3,500円で55℃の耐熱性、‐35℃の耐寒性、金属ベゼルのスマートウオッチの売れ行きが好調

先日、70℃の耐熱性、-40℃の耐寒性を持つ「Amazfit T-Rex」を紹介しましたが、この廉価版とも言うべき「Kospet Raptor」がリリースされています。55℃の耐熱性、‐35℃の耐寒性とAmazfit T-Rexには...
スマートウォッチ

Huawei Watch GT 2e 実機レビュー、画面の鮮やかさと機能、装着感はAmazfit GTR以上。ただし、iPhoneのアプリ連携は要注意

家族用に購入した「Huawei Watch GT 2e」を受領しましたので、実機レビューをお届けします。AliExpressでの注文から受領まで約1ヶ月半かかり、受領前には一時 購入したことを後悔しましたが、実機を手にするとその後悔...
スマートウォッチ

Amazfit GTR 47mmに取り付けたベゼルリング。デザイン・質感ともによく、傷つき防止にも最適

Amazfit GTR 47mmを使い始めて約7ヶ月。そろそろ新鮮味に欠けてきたところで、また、時々ベゼル部分を机やドアにぶつけることがあり、その傷つき防止のため、Amazonで販売のベゼルリングを取り付けました。取付時には、やや賑...
スマートウォッチ

やはりポチった「Huawei Watch GT 2e」、私が購入を決めた5つの理由

家族が使用するスマートウォッチを物色していた私ですが、Amazfit GTR Lite、Honor Watch Magic 2などと迷った結果、Huawei Watch GT 2eを購入し受領待ちです。私がAmazfit GTRを使...
スマートウォッチ

Huawei Watch GT 2e、AMOLEDパネルのデザインに優れたスマートウォッチ。日本語対応で海外通販では約14千円で販売中

家族用のスマートウォッチを物色していた私ですが、Huawei Watch GT 2eのイメージ画像を見て最有力候補に。Amazfit GTRを所有している私としては、GTR LiteとHuawei Watch Magic 2を候補と...
スマートウォッチ

Amazfit X、 92°の曲率でピッタリフィットのスマートバンド、ファンディングサイトの人気が凄まじい

Indiegogoサイトでクラウドファンディング中のスマートウォッチ(スマートバンド)「Amazfit X」がかなりの人気となっています。4月29日時点ではファンディング終了の1ヶ月前にして、目標額の13倍もの資金を集めています。そ...
スマートウォッチ

約3,700円で血中酸素濃度を計測可能なスマートウオッチ「BlitzWolf BW-HL2」の特徴

家族用のスマートウォッチを物色している私ですが、Amazfit GTR Lite、Huawei Watch Magic 2が100ドル超となるなかで、より割安で機能を犠牲にしない製品はないかと探していたところ、目に留まったのが「Bl...
スマートウォッチ

Honor Watch Magic 2、ビルトインスピーカー装備・日本語対応のスマートウォッチは Amazfit GTRと同じくおすすめ

家族用のスマートウォッチを物色していたところ、HuaweiのHonor Watch Magic 2が日本語対応しているのを確認し興味津々。初代のWatch Magicはコスパに優れており、Amazfit GTRを購入する際に比較検討...
スマートウォッチ

Amazfit T-Rex、70℃の耐熱性・-40℃の耐寒性をもつタフネス スマートウォッチの特徴

Xiaomiの関連企業であるXiaomi Ecosystem Productからリリースされた Amazfit T-Rex。T-Rexのネーミングはタフネスであることを表していますが、1.3インチのAMOLEDパネル、Amazfit...
スマートウォッチ

GearBestにて、Amazfit GTR Liteが99.99ドルの安値更新。Amazfit T-Rexの販売情報も

GearBestにて Amazfit GTR Liteがさらに値下がりし 99.99ドルで販売されています。ただし、販売情報をよく見ると、送料が別途 7.79ドル要するため、合計ベースでは当初価格から僅か2ドルほどの値下がりですが、...
スマートウォッチ

OUKITEL Z32、4コアCPUのフルAndroid スマートウォッチが新登場。バッテリーは本体とチャージャー合計で1800mAhと大容量

OUKITELよりリリースされた フル Androidのスマートウォッチ「Z32」。4コアのMTK6739、メモリ 4GB、ストレージ 32GB、2カメラを搭載することは「KOSPET Prime」と同じですが、最大の特徴は「本体・...
スマートウォッチ

2.86型、4コアCPUのスマートウオッチ「Ticwris Max」。フルAndroidでスマホとの中間的な製品に

フル Androidを搭載するスマートウオッチの「KOSPET Prime」を購入したものの、円型サイズで操作が不便なこと、バッテリーが持たないこと、BluetoothによるSNSの連携が不安定なことなどにより、そのチューニングで試...
スマートウォッチ

Amazfit GTR、3カ月使用後の再レビュー。バッテリー消費、画面の鮮やかさ、カスタマイズ性ともに抜群のスマートウォッチ

Amazfit GTR 47mmを3ヵ月使用後の再レビューです。驚異のバッテリー持ちは変わらずに、太陽光のもとでも視認性は抜群。47mmのサイズはビジネスの使用においても違和感はありません。さらには待望の日本語対応となり、おすすめの製品です
スマートウォッチ

Amazfit GTRのバンドを約6ドルのステンレス製に交換。この価格としては上出来だが、より高価な製品がよかったかも

バッテリー持ちがよく質感も高いスマートウォッチ「Amazfit GTR」。平日に休日にと毎日便利に使用中。同時購入のステンレス製のバンドを今更ながらに取付。約6ドルとしては上出来ですが、より高価な製品を購入すべきだったかもと少し後悔
スマートウォッチ

Amazfit GTR クローンのスマートウォッチがスペックを抑えて約2,500円でセール中

驚異のバッテリー持ちと鮮やかなスクリーンで私がイチオシのスマートウォッチ「Amazfit GTR」。そのコピー製品との名目の製品が、海外通販サイトでは約2,500円から販売されています。販売店の謳い文句で「Amazfit GTRのス...
スマートウォッチ

Huawei Watch GTが約11,500円のセール情報、GT 2の販売により価格低下で狙い目

Amazonでは視認性のよい円型のスマートウォッチが多く販売されていますが、安価な製品は見知らぬブランドの製品も多く、レビューでよい評価でもやや不安になることも。そんな場合に、おすすめな製品が1万円台のHuawei Watch GT...
スマートウォッチ

KOSPET Prime、スリープ時のバッテリー消費が劇的に改善した諸設定

1260mAhの大容量バッテリーを搭載する、フル AndroidのKOSPET Prime。デフォルトの状態ではスリープ時のバッテリー消費が激しかったのですが、バッテリー消費抑制の対応を行い、1時間あたり約1.4%のバッテリー消費と...
スマートウォッチ

Amazfit GTRのウォッチフェイスをTAG HeuerやOMEGA風などに変更する方法(AmazFaces アプリを利用)

驚異のバッテリー持ちと太陽光のもとでも視認性のよいスクリーン、しかも待望の日本語対応となり、便利に利用しているAmazfit GTR。デフォルトの文字盤の種類も豊富ですが、やはりデザインでは海外有志の作成による文字盤が優れており、T...
設定・アプリ

フルAndroidのスマートウォッチの設定をPC画面で行う方法。文字入力やアプリ導入が各段に効率的に

先日、スマホの画面をPCにミラーリング可能な無料アプリの「ApowerMirror」を紹介しましたが、このアプリで本領を発揮するのが、Android WatchのPCへのミラーリング。KOSPET PrimeなどのフルAndroid...
スマートウォッチ

KOSPET Primeの文字盤をWebからダウンロードし導入する手順。Prime以外のフル Android Watchにも対応

フル Androidを搭載するスマートウォッチのKOSPET Prime。Wear OSの場合には、Google PlayにWatch Faceのアプリが多数ありますが、フル Android用となると限定的。そこで、Web サイトで...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました