BMAX Y13、13.3型 YOGAスタイルPCの初値は359.99ドル。Gemini Lake N4100、RAM 8GB、SSD 256GBとスペックも充実

先日ご紹介の13.3インチのタッチパネル、360°回転機能付きのディスプレイを持つ「BMAX Y13」が、GearBestにて359.99ドルと私の想像よりも安く正式販売となりました。Gemini Lake N4100にメモリ 8GB、SSD 256GBとスペックも充実。

スペックなどの詳細は以下の記事に掲載していますが、あらためてそのポイントを記載します。先行してリリースされた、11.6インチの「BMAX 11」が人気となっていますが、13.3インチの「BMAX 13」の動向にも注目しています。

 

関連記事

13.3型 YOGAスタイルのGemini Lake機「BMAX Y13」がリリース。Teclast F5Rと同型のBMAX Y11を大型化

BMAX Y11、11.6型 YOGA PCが新規リリース。Teclast F5RのGemini Lake版となり100個限定 299.99ドル

スポンサーリンク

BMAX Y13のスペック

通常のPCスタイルにタブレットモード、動画視聴に適したテントモードと複数のモードを楽しめるYOGAスタイルの本機ですが、スペックも充実しています。

  • CPU : Intel Gemini Lake N4100
  • GPU : Intel UHD Graphics 600
  • メモリ : 8GB DDR4
  • ストレージ : 256GB M.2 SSD
  • ディスプレイ : 13.3インチ、IPS、解像度 1920 x 1080 (FHD)、タッチパネル、360°回転機構
  • フロントカメラ : 1百万画素
  • WiFi : 11 a/b/g/n
  • Bluetooth : 5.0
  • ポート類 : USB Type-C x 2
  • バックライト付きキーボード、アルミ製ボディ、
  • OS : Windows 10 Home
  • サイズ : 30.75 x 20.80 x 1.47 cm、1.25 kg
  • 2019年9月24日時点では、バッテリー容量の明記なし

 

Gemini Lakeの供給不足となっていたため、一時期はGemini Lake N4100からApollo Lake N3450あるいはN3350へとCPUを変更する機種が多かったのですが、このBMAX Y13、そして11.6インチのY11など、Gemini Lake N4100搭載機が復活しつつあります。

Apollo Lake N3450とGemini Lake N4100には、大きく体感できるほどのレスポンスの相違はないのですが、数時間使用していると、小さなレスポンス差の積み重ねで、Gemini Lake N4100が快適です。

BMAX Y13のスペックとしては、メモリ 8GBにSSD 256GBと、一般用途では十分。背面から容易にアクセスできるSSDスロットの存在は確認できていないのですが、SSDの換装も問題なく可能でしょう。

デザインなど

タイトル下の画像の再掲ですが、製品紹介画像のために多少の誇張はあるにしても、その薄さが際立ちます。もちろんボディはアルミ製。おそらくはキーボード面のみプラスチック製だと思いますが、2018年以降に発売のPCは、キーボード面がプラスチック製と言えども、塗装によりアルミに近い質感となっているため、特に気にする必要はないでしょう。

 

▼13.3インチのディスプレイは、FHDのタッチパネル。左右のベゼル幅は5mmと細いものですが、タッチパネルの場合にはディスプレイ下のベゼル幅がポイント。イメージ画像では特にベゼル幅を狭く見せる傾向にあるのですが、他製品の傾向からも、ディスプレイ下はそれなりの太さかと思います。

 

▼キーボードの主要キーは、タイピングしやすいように中央が窪んでいるように見えるのですが、真偽のほどは不明。

 

▼左右の両サイドにUSB Type-Cが備わっているのはよいのですが、USB 3.0もしくは2.0ポートが欲しかった。例えば、USB ワイヤレスマウスを使用する場合には、別途変換アダプターが必要となります。

 

▲▼昨今のPCと同様にバックライト付きのキーボードです。デザインを優先してか、シルバーのキーに白の印字となりキーの視認性が心配ですが、以下の画像どおりに受け止めると、バックライトを点灯することにより、その懸念も払拭されます。

まとめ

私としては国内外の反応が楽しみなBMAX Y13。11.6インチのBMAX Y11の販売が好調なことから、このY13も注目度抜群なのですが、13.3インチと家庭内での使用がメインとなる端末だけに、大型のYOGAスタイルがどれほど受け入れられるかがポイント。

私としては、当初価格を370~380ドルと予想していたのですが、以下のGearBestの画像のとおり359.99ドルと、予想以上に安く販売しています。このためか、販売直後にもかかわらずGearBestでの9月24日時点の販売数は出足好調のようです。

Gearbest BMAX Y13
BMAX Y13

 

▼より詳細な情報は以下の記事を参照ください。

13.3型 YOGAスタイルのGemini Lake機「BMAX Y13」がリリース。Teclast F5Rと同型のBMAX Y11を大型化
BMAXより、13.3インチ YOGAスタイルのWindows 10 ノート 「BMAX Y13」のリリースです。CPUはGemini Lake N4100、メモリ 8GB、ストレージ 256GBと無難なスペックに、13.3インチで...

 

コメント