BMAX X15、15.6インチ アルミ製 Gemini Lakeノートのスペックと特徴

Amazonでも販売されている「BMAX X15」。Gemini Lake N4100を搭載する15.6インチノートですが、メモリ 8GBにSSD 128GBと、Teclast その他の中国製ノートと同様のスペック。このため差別化しにくいのですが、BMAXのノートPCらしく、スペック・デザインともに無難にまとめているのがポイントの一つ。

BMAXの製品は同じようなモデル名が多いため、紹介したつもりでいましたが、記事としては未掲載だったため、リリースから数ヶ月遅れての紹介です。

スポンサーリンク

BMAX X15のスペック

BMAX X15は既に記事として紹介済と思っていましたが、その理由以下で紹介のS15の存在でした。15.6インチ、Gemini Lake N4100、メモリ 8GB、SSD 128GBの基本スペックは、X15と全く同じですが、ボディの材質が異なります。

S15のABS樹脂製に対して、X15はアルミ製。製品情報では「ABS + Metal」とあり、おそらくは天板と底板はアルミ製、キーボード面のみプラスチック製かと思いますが、質感・剛性・放熱効果ともにアルミ製が優れているのは明らか。BMAXの場合、Sシリーズはプラ製、Xシリーズはアルミ製との棲み分けです。

BMAX MaxBook S15、Gemini Lake N4100の15.6型ノートが新登場。ボディはABS製だが 269.99ドルとコスパ高
BMAXより、コスパ高の15.6インチ Gemini Lake ノート「BMAX MaxBook S15」が登場です。ボディはABS製ながらも、Gemini Lake N4100、メモリ 8GB、SSD 128GBを搭載し、Bang...

 

CPUGemini Lake (Celeron) N4100
GPUIntel UHD Graphics 600
メモリ8GB DDR4
ストレージ128GB SSD、M.2 2280サイズ
ディスプレイ15.6インチ、IPS、解像度 1920 x 1080
WiFi11ac/a/b/g/n
Bluetooth5.0
ポート類USB 3.0 x 2、Mini HDMI
バッテリー容量10000mAh/3.8V
サイズ(本体)375 × 243 × 20.0mm、2kg
OSWindows 10 Home

 

上表のとおり、Gemini Lake N4100にメモリ 8GBと、エントリーノートとしては一般的なスペック。私は同スペックのノートPCとミニPCを多く所有していますが、軽めのオフィスソフトなどでは遅さを感じることなく動作します。

ただし、Windows 10の更新前後のシステムプロセス稼働時など、上位機と比較するとCPU使用率が100%となる時間帯が長くなり、カクカクとした動きになることに注意が必要。システム更新の頻度が多いWindows 10だけに、「想像以上にレスポンスがよくない」とかじる方も多いかと思います(更新が落ち着くと普通に動作します)。

スペックで気になることは、重さ2kgと15.6インチとしてはやや重いこと。あと200gほど軽くなるとよいのですが。

BMAX X15の外観

私は以下のミニPCですっかり慣れてしまいましたが、BMAXのPCの場合、大きなロゴがマイナスポイント。ロゴなしで片隅にBMAXのテキストのみとすると、さらによくなると思います。なお、他の中国ブランドのPCと同様に、イメージ画像は実機よりもディスプレイのベゼル幅を狭く、厚みを薄く見せる傾向があるために注意が必要です。

BMAX B4 Pro 実機レビュー、Core i3-8145UにPCIe SSD、Win 10 Proの快適仕様。4万円未満でメイン利用可能なミニPC
BMAXよりリリースされているミニPCのなかで、ハイエンドとなるBMAX B4 Pro。CPUに第8世代のCore i3-8145Uを搭載し、ミニPCのデフォルトのストレージとしては珍しく、SATAより高速なPCIe 接続のSSDを...

 

▲USキーボードに10キー付き。USキーボードを懸念する方も多いはずですが、英数・かな切替(IMEオンオフ)は以下のフリーソフト「Ale-IME」の利用により、スペースキー両隣のAltキーのワンタッチで行うことができます。@などの一部のキーの日本語キーボードとの配置の相違は慣れでカバーでき、使い込んでいると日本語キーボード以上に快適なタイピングも可能です(私の場合。好みは人それぞれ)。

 

▼標準装備のSSDは128GBと控えめですが、背面からSSDスロットにアクセスできるため、簡単により大容量のSSDに換装できます。

 

▼USB Type-Cは未装備ですが、左右にあるUSB 3.0、Mini HDMIにより拡張性は十分。

▼脚色なしの実機かと思いますが、サイドから見るディスプレイ幅やデザインはよい感じ。

 

▲▼10キー付きのキーボードのため、タイピング重視の場合にはディスプレイの中心とキー・視線の中心がずれることになり、疲れやすく感じる方も多いと思います。

ノートPC 10キー付きキーボードのタイピング、中心線のズレに違和感あるも、ThinkPadはやはり快適
15.6インチクラスの10キー付きキーボードを敬遠していた私。タイピング時に画面とキーボードの中心線がずれてしまうことがその理由。にもかかわらず、10キー付きキーボードのThinkPad T550を中古で購入したのですが、やはり中心...

まとめ

中国ブランドの15.6インチ、Gemini Lake ノートとしては標準的な構成のBMAX X15ですが、安価な15.6インチノートをライトユース目的(Webサイト閲覧やブログ記事編集、軽めのオフィスソフトなど)でお探しの場合、背面のロゴに違和感がなければ「買い」で問題ないかと思います。

 

▼Banggoodではクーポン「BGBXX15N2」の利用により 279.99ドル、10/22まで。

BMAX X15 (Banggood)

 

▼Amazonでの販売価格も大差ないため、納期などを考慮するとAmazonもよいでしょう。

 

コメント

CHUWI HiPad X

Helio P60、eMMCより3倍高速なUFSを搭載の10型タブレット「CHUWI HiPad X」。Banggoodでは 179.99ドルで予約販売中(キーボードは別売り)

Banggood 販売ページ

▼詳細記事はこちら
CHUWI HiPad X、eMMCより3倍高速なUFS、Helio P60搭載の10型 Androidタブレットがリリース
タイトルとURLをコピーしました