Core i3-5005U搭載の「BMAX B3」ミニPC、約22,000円のクーポン情報(7/16まで有効)

低価格のミニPCのCPUは、Celeron (Gemini Lake あるいは Apollo Lake)を搭載することが多いのですが、インテル 第5世代のCore i3-5005Uを搭載する製品もかなり安価で販売されています。そのうちの一つが「BMAX B3」。

メモリ 8GB、SSD 128GBを搭載し、Banggoodのクーポン価格は約22,000円。Amazonのクーポン価格よりも約45,000円ほど安く販売されています。

関連記事

BMAX B3、Core i3-5005Uを搭載のミニPCのスペック。人気のB2 Plusの上位機となり クーポン価格は約28千円

BMAX B3のスペック

ミニPCとしてはエントリー寄りのBMAX B3ですが、そのスペックは以下となります。

CPUCore-i3 5005U、2コア 4スレッド、最大 2.7GHz
GPUIntel HD Graphics 550
メモリ8GB DDR3
ストレージ128GB SATA M.2 2280 サイズ、2.5インチ SSD / HDDを増設可能
WiFi11a/ac/b/g/n
Bluetooth4.2
ポート類USB 3.0 x 2、USB 2.0 x 2、有線LAN、HDMI、Mini Display Port
サイズ12.5 x 11.2 x 4.7 cm
OSWindows 10
その他

 

私はBMAX B3と同じく Core i3-5005U、あるいは同世代・同水準のCPUを搭載する以下のPCを所有しています。

  1. CHUWI GT Box 実機レビュー、ベンチマークと第一印象編。Core i3 5005U、上位機のボディ流用により「買い」で間違いなしのミニPC
  2. Jumper EZBook X4 Pro レビュー、実機 ベンチマークスコアとシステム情報
  3. 1万円で購入の中古 ThinkPad T550 実機レビュー、液晶は難あるも拡張目的では面白い。Hackintoshも対応中
  4. CHUWI CoreBox i5 実機レビュー、サクサク動作のCore i5-5257Uに豪華なヒートシンクを装備するミニPC

 

上記のうち1の「CHUWI GT Box(現在は流通せず)」は、大学生の息子がオンライン授業や就活などで利用中、3のThinkPad T550は私の記事編集用のサブ機として時々使用しています。

Gemini LakeやApollo LakeのCeleronよりもワンランク上の動きであり、在宅勤務や普段使いではキビキビと動作し、ライトユース中心では十分です。

 

▼ストレージは高速なPCIe SSDではなく SATA接続のM.2 SSDですが、普段使いではSATA接続で十分。メモリは2スロットとの記載がなく、1スロットかと思います。

2.5インチ SATA SSD / HDDの接続端子もあるはずですが、ケーブルの入手に難があり、実質 ストレージは SATA M.2のみと捉えるべき。

 

▲USB x 4を備え、ポート類は充実。また、蛇足ですが Mini DPポートを備え、Mini DPポートを備えた 旧型 iMac (2009 or 2010)を外部ディスプレイとすることもできるはず(断定はしませんが、私の手持ちのPCは接続できています)。

古いiMacでのターゲットディスプレイ、Win 10 PC 5台で試してみた。GPU統合型PCでは即認識し安定動作
旧モデルの iMacのターゲットディスプレイの機能において、Windows パソコンを接続して利用できる・できないの様々な見解があります。今回、Mini DisplyPortを装備する「iMac 27インチ Mid 2010モデル」...

クーポン価格情報

Banggoodでは、7月16日までの10個限定となりますが、クーポン「BGJPB3H」の利用により 196.99ドル(約22,000円)で販売しています。納期は10日〜2週間となりますが、Amazonのクーポン適用価格よりも 約4,500円安、この差額で(国内通販などで)キーボード・マウスを取り揃えることもできます。

 

▼クーポン「BGJPB3H」の利用により 196.99ドル(約22,000円)

Banggood

 

▼Amazonの7/11時点の価格は、クーポン利用により 26,590円

コメント

タイトルとURLをコピーしました