Blackview Tab 12、10.1型タブレットのスペックと特徴。LTE対応にケースも付属、従来のTab 8からデザインも刷新

Blackviewより、10.1インチのAndorid 11 タブレット「Blackview Tab 12」が発売となりました。CPUは UNISPC SC9863A、メモリ 4GB、ストレージ 64GBのエントリークラスのタブレットとなり、基本スペックが同じ端末としては「Tab 8」が販売されていますが、ボディなどを刷新しての販売です。

特筆すべきは約430gと軽量なこと。10インチタブレットでは500g台前半の製品も多数ありますが、この軽さは大きなメリットです。

スポンサーリンク

Blackview Tab 12のスペック

Blackview Tab 12のスペックは以下となります。従来版とも言える Tab 8と比較して優位な項目に黄色網掛けしていますが、スペックに表れないデザインやDual Box スピーカーも変更・新たに装備となっています。

CPUUNISOC SC9863A 8コア、最大 1.6GHz
GPUIMG8322
メモリ4GB
ストレージ64GB
ディスプレイ10.1インチ、解像度 1920 x 1200、IPSパネル
WiFi11a/b/g/n/ac
Bluetooth / GPSBluetooth 5.0、GPS 搭載
LTEFDD-LTE: B1/B3/B7/B8/B20/B40
カメラリア 13百万画素フロント 5百万画素
バッテリー容量6580mAh、充電はUSB Type-C
サイズ(本体)厚み 7.4mm、430g
OSDoke OS P2.0(Android 11 ベース)
その他金属製フレーム、ケース付属

 

上のリンク先記事にて、従来版のTab 8、Tab 8 / Tab 12と同じく UNISOC SC9863Aを搭載し、Tab 8と似たデザインの「Dragon Touch NotePad 102」のレビューを投稿しています。

UNISOC SC9863Aは2020年に発売されたタブレットに多く搭載されたCPUであり、AnTuTu ベンチスコアは約10万。後発で現在 搭載事例の多い UNISOC T610 / T618と比較すると パフォーマンスは劣り、速さは感じないものの、Web サイトのブラウジングやYouTubeの視聴などでは十分に実用的です。

 

▼ディスプレイはFHDの10.1インチ。画面専有率の80%は一般的なものであり、ベゼル幅は太くもなく細くもなく標準的。

 

▼Dual Box スピーカーとしたことも、従来機 Tab 8から進化のポイントの一つ

 

▼私が感じる最大の特徴は 430gと軽量なこと。従来機のTab 8の重さは600g、Fire HD 10は465g、他社製の10インチタブレットでは500g台前半の製品も多いことを考慮すると、特筆すべき軽さです。

Blackview Tab 12の外観

以下の画像のとおり、背面はホワイト・グレイ・ブルーの3色展開ですが、上の画像のグレイがシックでよいように感じます。

 

▲▼下の画像は13百万画素のリアカメラについての説明ですが、サイドはフラットなデザインとなっています。ホールドしやすさで言えば カーブしたデザインが適切とも思いますが、iPadなどの最近の傾向としては フラットなサイドも多くなっています。

▲背面は金属製となり、樹脂製のタブレットにありがちな「ホールドした際のきしみ音」もなく、剛性も高いものと思われます。

 

▲▼発売直後の海外製品はケースを探しにくいのですが、角度を2段階で調整できるケースも付属しています。

まとめ、価格情報

CPUのUNISOC SC9863Aは2020年に発売のタブレットに多く搭載されたものであり、昨今ではUNISOC T610 / T618にシフトしています。このなか、SC9863A / Android 11(他のSC9863Aの端末は Andorid 10が多い)を搭載し、ボディを刷新・約430gと軽量化したことに目新しさを感じます。

 

▼AliExpressのBlackview 公式ストアの価格情報。標準構成でケースは付属していますが、キーボード(専用ではなく、Bluetooth接続の汎用品)とのセット販売も用意されています。

Blackview Tab 12、AliExpress

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました