Blackview BV5200 Pro、セール価格 99.99ドルのタフネススマホ、従来版よりCPUはスペックアップ、ストレージも増量

Blackviewより、AliExpressのセール価格 99.99ドルのタフネススマホ「BV5200 Pro」が販売されています。無印のBV5200はCPUに 4コアのHelio A22、ストレージ 32GBの製品ですが、BV5200 Proは CPUに8コアのHelio G35 、ストレージ 64GBとスペックアップしています。

引用元

Blacview BV5200 Pro、AliExpress

スポンサーリンク

Blackview BV5200 Proのスペック

タフネススマホとしては、ミドルレンジからハイエンド寄りの製品も多く展開する Blackviewですが、本製品は99.99ドルのセール価格からもエントリー構成のスペックです。

CPUMedia Tek Helio G35、8コア
メモリ4GB(3GB 拡張機能あり)
ストレージ64GB
ディスプレイ6.1インチ、明るさ 500 cd、解像度 1560 x 720
リアカメラ13百万画素 SONY IMX258
フロントカメラ8百万画素
SIMDual nano SIM
LTE 対応バンドFDD:B1/B3/B7/B8/B20 TDD: 40
バッテリー5180mAh
サイズ161.6 x 77.86 x 13.65mm、268g
OSDoke 3.0 OS、Android 12ベース
その他IP68 / IP69K / MIL-STD-810H

 

Blackview Oscal S60 Pro、タフネススマホの実機レビュー、ナイトカメラは暗闇での撮影で想像以上の効果を発揮
Blackviewより販売の「Oscal S60 Pro」。Oscal シリーズは同社のエントリースマホの位置づけとなりますが、従来版のタフネススマホ「S60」のCPUとメモリなどを強化した Pro版となり、暗闇での写真撮影に効果的...
UleFone Power Armor 14 実機レビュー、10000mAhの大容量バッテリーを搭載し、18千円と安価ながらも高品質なボディに好感
2022年3月13日現在では、国内未販売のタフネススマホ「UleFone Power Armor 14」。CPUにHelio G35、メモリ 4GBと、スペックとしてはエントリー構成ですが、タフネススマホとして IP68 / IP6...

▲同クラスのタフネススマホとして、上の記事の「Blackview Oscal S60 Pro」と「Ulefone Power Amor 14」を実機レビューしています。このうち「Blackview BV5200 Pro」と共通する事項の使用感などは以下です。

  • CPUは「Ulefone Power Armor 14」と同じ Helio G35。AnTuTu ベンチスコアは約12万と高くはないのですが、100ドルスマホとしては実用的。
  • 上記の「実用的」のレスポンスについて、「Ulefone Power Amor 14」のレビュー記事にて記載していますが、SNSやAmazonなどのアプリでは遅くはないものの、スリープからの復帰直後の画面遷移や Google Chromeなどのタブの切替などでカクツキを感じることがあります。
  • ディスプレイの解像度はFHDではなく解像度 1560 x 720ですが、FHDのスマホと並べて じっくりと見ない限り 粗さを感じることもありません。

 

▲▼5180mAhのバッテリーは、出力 5Wと使用できる機器は限定されますが、イヤホンやスマートウォッチに充電することができます(Reverse Charging)。このクラスでReverse Chargingに対応しているスマホは多くないです。

 

▲リアカメラは13百万画素のシングルカメラであるものの、BV5200 Proの製品情報のカメラに関する事項となっています。その多くは、BV5200とBV5200 Proは「ArcSoft」ソフトのアルゴリズムに対応し、以下などを実現とするもの。製品紹介には、多くの写真が掲載されており、ぜひ実機で確認してみたいものです。

  • ユーザーの写真撮影を最大限にサポートし、よりプロフェッショナルな撮影を可能とする。
  • 360°のパノラマ撮影、Night Mode、Beauty Mode、Portrait Mode、ぼかし撮影などに対応し、上の画像のパーセンテージは 無印のBV5200との比較・向上を示しています。
  • 撮影時の歪みにに対処し、画像の忠実に再現。

外観と機能

タフネススマホとして、IP68 / IP69Kの防水・防塵に対応し、アメリカ国防総省制定のMIL規格(MIL-STD-810G / 810H)のテストに準拠しています。

なお、ディスプレイは 6.1インチとコンパクトなこともあり、268gとタフネススマホとしては軽量、厚みも13.65mmと薄いもの。

 

▼他の多くのタフネススマホと同様に、サイドにショートカットボタンを装備し、特定のアプリも含めて任意の機能を割り当てることができます。

 

▼ブラック、グリーン、オレンジの3色展開。四隅のプロテクションの厚みは、一般的なタフネススマホと比較すると抑えられています。

まとめ

2022年12月7日時点のAliExpress セール価格 99.99ドル(日本円換算 約14千円)の「Blackview BV5200 Pro」。CPUに AnTuTu ベンチスコア  約12万となる Helio G35、メモリ 4GBにストレージ 64GBと、この価格としては実用的なスペックです。もちろん、防水・防塵に対応していることから、タフネススマホの入門用として適しているように思います。

引用元

Blacview BV5200 Pro、AliExpress

コメント

楽天市場 人気製品

タイトルとURLをコピーしました