Beelink SER6 Pro+、AMD Ryzen 7 7735HS / DDR5 RAM / PCIe 4 SSD / USB4搭載のハイエンド ミニPCのスペックと外観

Beelinkより ハイエンドなミニPC「SER6シリーズ」から「SER6 / SER 6 Pro / SER 6 Pro+」の3製品がリリースされています。DDR5 メモリとPCIe 4.0 SSD、USB 4を搭載することは共通ですが、SER6のCPUは AMD Ryzen 5 6600H、SER 6 Proは Ryzen 7 6800H、SER6 Pro+は Ryzen 7 7735HSを搭載しています。

 

2023年3月5日追記。「Beelink SER6 Pro+」は Amazonにおいても販売開始(販売ページはこちら)となりました。なお、MinixPC サイトで購入の場合、クーポンコード「winandinet」の利用により 5%オフとなります。

引用元

Beelink SER6 Pro+、MiniXpc サイト

Beelink SER6 Pro+のスペック

ボディ色は SESR6がブラックですが、SER6 ProとPro+は上の画像の色となるようです。金属製ボディに、CPUファンと PCIe SSD / メモリ / ユーザーで増設のSSD・HDD用のファンを備えています。

 

▼こちらはSER6 Pro+、MiniXpc サイトでの販売モデルのスペックです。

CPUAMD Ryzen 7 7735HS、8コア 16スレッド、最大 4.75GHz
GPUIAMD Radeon 680M
メモリ32GB(16GB x 2) DDR5-4800、2スロット
ストレージM.2 PCIe 4.0 SSD 512GB、2.5インチ HDD / SSDを増設可能
WiFiWiFi6 対応
Bluetooth5.2
ポート類USB4、USB 3.2 Gen2 x 3、USB 2.0、HDMI x 2、有線LAN
サイズ126 x 113 x 42mm
OSWindows 11 Pro
その他金属製ボディ、ファン 2基搭載

 

スペックの補足は以下です。

  1. AMD Ryzen 7 7735HSを搭載するPCの事例としては、ASUSのゲーミングノート「ASUS TUF Gaming A16 Advantage Edition(ASUS ストア)」があります。
  2. メモリはCrucialのDDR5 メモリ 16GB x 2のデュアルチャネル。
  3. PCIe 4.0のM.2 SSDを搭載し、Readの速度は3500MB/s。BeelinkのミドルレンジからハイエンドのミニPCの傾向としては、KingstonのSSDを搭載と思われます。
  4. 映像出力対応のUSB4を搭載し、PD3.1による100Wまでの電源供給に対応。
  5. 前述のとおり、CPUファンに加え、 PCIe SSD / メモリ / ユーザーで増設のSSD・HDD用のファンを備えています。

 

▼上記3のPCIe 4.0のSSDですが、インテル / Kingston / CrucialのいづれかのSSDと明記されていました。ミニPCに搭載のSSDは、冷却対応とコストの関係から よくとも PCIe 3.0の搭載事例が多いのですが、本製品では冷却対応を考慮したうえで、Read 3500MB/sのPCIe 4.0のSSDです。

 

▲▼以下で実機レビューの「SER5」はファン一つですが、BeelinkのミニPCは冷却対応もしっかりしており、かつ静音な製品が多いことも特徴の一つ。上の画像はSER6 ProのCPU温度を示すものですが、このように数値で示してくれることに安心感があります。icon

Beelink SER5 ミニPC 実機レビュー、AMD Ryzen 5 5560U / RAM 16GBを搭載しキビキビ動作、通常作業時には無音で作業効率もアップ
今回レビューする製品は、CPUに6コア12スレッドの「AMD Ryzen 5 5560U」を搭載するミニPC「Beelink SER5」。標準構成でメモリ 16GB、PCIe SSD 500GBを装備し、OSはWindows 11 ...

 

▼増設した 2.5インチ HDD / DDR5 メモリ /PCIe SSDを効率よく冷やせるよう、ファンブラケットとファンを装備しています。

Beelink SER6 Pro+の外観

BeelinkのミニPCは、Celeronやミドルレンジのインテル CPU搭載の製品のボディは樹脂製、それ以上の製品は金属製とすみ分けされていますが、SER6は後者です。前述のとおり、SER6はブラックボディ、SER6 Pro / Pro+は上の画像の色となります。内部の2.5インチ SATA HDD / SSD ポートには、底板のネジを外してアクセスする仕様です。

 

Beelink SER5 ミニPC 実機レビュー、AMD Ryzen 5 5560U / RAM 16GBを搭載しキビキビ動作、通常作業時には無音で作業効率もアップ
今回レビューする製品は、CPUに6コア12スレッドの「AMD Ryzen 5 5560U」を搭載するミニPC「Beelink SER5」。標準構成でメモリ 16GB、PCIe SSD 500GBを装備し、OSはWindows 11 ...

 

▲▼サイズは 126 x 113 x 42mmと、上の記事で実機レビューのSER5と同サイズ。SER5はUSB6ではなく、データ専用のUSB Type-Cとなりますが、ポート類の配置や サイドのパンチパネルも同じです。

 

▲▼電源ボタンは電源オンで白のLEDが点灯する仕様です。USB4ポートを搭載しているため、以下などのUSB4対応のM.2 SSDケースにより、外付けのPCIe SSDの速度を活かすことができます。

M2 Mac mini / M1 MacBook Air、Thunderbolt 3/4対応 外付SSDケースでのPCIe 3.0 SSDのベンチスコアを計測してみた
Thunderbolt 3/4に対応のNVMe SSD ケースを購入し、PCIe 3.0 M2 SSDのベンチスコアを M1 MacBook Air / M2 Pro Mac miniにて計測してみました。 それほど高速でない...

価格情報

大手ブランドのミニPCを多く販売する MinixPCサイトでは、2月23日まで有効のクーポンコード「WTGVCC3DRCZ1 」の利用により、SER6 / 6 Pro / 6 Pro+が50ドルオフとなるクーポンを配布しています。クーポン利用により、メモリ 32GB / SSD 500GBのSER6 Pro+は以下のとおり 649ドルでの販売です。

クーポンセールは終了となりましたが、MinixPCサイトにて649ドルで販売されています(青枠のクーポンコード利用により、さらに5%オフ)。円貨換算は約9万円となり、同CPUを搭し 16インチのゲーミングノート「ASUS TUF Gaming A16 Advantage Edition(ASUS ストア)」が約20万円であり、SER6 Pro+のコスパ度は十分です。

 

2023年3月5日追記。「Beelink SER6 Pro+」は Amazonにおいても販売開始(販売ページはこちら)となりました。なお、MinixPC サイトで購入の場合、クーポンコード「winandinet」の利用により 5%オフとなります。

 

▼青枠に記載の「windandinet」のクーポンコードの適用事例はこちら。「SER6 Pro+」に限らず、全製品が5%オフです。

▲▼クーポンの使用方法は以下の記事に記載しました。

MinixPCサイト、全製品で使用可能な5%オフのクーポン情報とクーポンの使用方法
香港を拠点とする海外通販サイト「MinixPC」の5%オフのクーポン情報について記載します。同社では、MINISFORUM、Beelink、GMKTEC、CHUWIなどの主要ブランドのミニPCをメインとし、GPDとONE-NETBO...

 

コメント

楽天市場 人気製品

タイトルとURLをコピーしました