Gemini Lake N5000を搭載のWin 10 ミニPC、Beelink N50のスペックと特徴

多くのミニPC、Android TV BoxをラインナップするBeelinkから、Gemeni Lake N5000を搭載するWindows 10 ミニPC「Beelink N50」がリリースされました。N5100以外にメモリ 8GBを搭載し、DDR4メモリの価格のためにメモリ搭載量を抑えがちなGemini Lake機としては貴重な存在。

GearBestでは早くも246.99ドルのセールを行っていますが、今回はこの「Beelink N50」の特徴とスペックについて記載します。

スポンサーリンク

Beelink N50のスペックと特徴

Beelink N50の競合機はズバリ 同じくBeelinkのGemini X55。以下のスペック表では、Gemini X55と、Gemni Lake N4100相当を搭載し、私が所有するGemini X45とAlfawise T1を比較しています。

AlfawiseはBeelinkの別ブランドであるため、実質 Beelinkのみとなります。Beelinkを狙ったわけではないのですが、Beelinkは製品数も多く、造りの堅実さでおすすめできるのは断トツでBeelinkの製品となるためです。

 

さて、Beelink N50とGemini X55に絞り、その特徴や相違を記載すると以下となります。

  • CPUはN50がGemini Lake N5000であるのに対し、X55はJ5005
  • 海外サイト「UserBenchmark」によると、Graphics Base FrequencyはN5000が200MHzであるのに対し、J5005は250MHz。この影響によるものか、ベンチマークではJ5005が僅かに優位。N4100とJ4105の関係と同様ですが、体感できないほどに互角と言ってよいでしょう。
  • ストレージは、N50が2242サイズのM.2 SSDであるのに対し、X55はmSSD。性能的には互角なのですが、換装する際に入手しやすいのはM.2 SSD。mSSDの場合には選択肢が狭まります(Amazonで流通しているので問題ありません)。
  • X55は2.5インチ HDDを増設可能ですが、N50は対応せず。これにより、N50の高さは18.5mmほど低くなっています。
  • この低さで言えば、私は所有するGemini X45の小さなサイズに驚いたのですが、高さが低いN50はさらにコンパクトなものでしょう。
  • 海外通販サイトの製品説明では読み取れないのですが、N50はおそらくはCPUファンありと推察。Beelink S2 = Alfawise T1はやや大きめなサイズのためにファンレスとなっていますが、N50の小さなボディでファンレスはさすがに無理かと思います。N50とサイズの近いGemini X55も静音ながらもファン付ですし。

 

スペックと特徴を画像で補足

▲ストレージは2242サイズのM.2 SSD。Alfawise T1のM.2 SSDの増設はマザーボード自体を外す必要があったのですが、N50のイメージ画像を見る限りは裏蓋を開けると簡単に換装可能かと思われます。

Gemini Lake Alfawise T1を4,000円の出費でSSD化、取付工程とeMMCとのベンチマーク比較
CPUにGemini Lake N4100を搭載するミニPC「Alfawise T1(Beelink S2と同製品)」。多くのミニPCと同様に起動ドライブをSSDに換装できることを特徴の一つとしていますが、本日 SSDに換装しました...

 

▼製品紹介に記載がなく、イメージ画像でも確認できないのがボディの材質。Alfawise T1はプラスチック製、Gemini X45はプラスチックとスチール双方を使用していますが、N50の材質は判断できず。CNC加工しているために金属か?

 

▼ミニPCらしく、HDMI × 2、USB 3.0 × 4とポート類は充実。多くのミニPCと異なり、2.5インチHDDを増設できないため、高さは抑えられています。

まとめ

Gemni Lake N5000、メモリ 8GB、ストレージ 128GB SSDと無難にまとまったBeelink N50。このクラスのミニPCを検討している場合、悩ましいのは同じくBeelinkのGemini X55とどちらを選ぶべきか。N50の内部構造を確認していないため断定できないのですが、現在のところは造りのしっかりしているGemini X55が優位との認識です。ただし、その時点でのセール価格にもよります。

 

▼GearBestサイトでの、Beelink N50とGemini X55の価格情報。ほぼ同価格であり、やはりGemini X55が優位か。

Gearbest Beelink N50
Beelink N50

Gearbest Beelink Gemini X55 Ultimate
Beelink Gemini X55 Ultimate

 

実機レビューの関連記事

Win 10 ミニPC Beelink Gemini X45の実機レビュー、Gemini Lake/RAM 6GB搭載でサクサク動き、静けさも特筆もの
多くのミニPCをリリースするBeelink。Gemini LakeのミニPCとしては、Beelink S2とGemini Xシリーズをリリースしていますが、うち Gemini X45 PremiumをGeekbuyingさんよりサン...
Gemini Lake Win 10ミニPC Alfawise T1の実機レビュー、ベンチマークスコアも
Gemini Lake Celeron N4100を搭載するWindows 10 ミニPC「Alfawise T1」。DDR4のメモリ 4GB、ストレージは64GB eMMCとなる本製品ですが、拡張性の高いミニPCらしく、M.2 S...

 

ミニPCWin 10 製品情報
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
コスパの高いノートPC
Jumper EZBook 3 Pro

・13.3インチ Apollo Lake N3450、メモリ 4GB搭載で2万円台。私のメインPCとして活躍中
・ストレージは64GB eMMCですが、SSDに換装可能
・2017年度のファンレスPCでは定番の製品であり、国内外ともに評価は高くユーザーも多いです
・価格はセールにより流動的ですが、セール中には210ドル前後になることも

Jumper EZBook X4 IPSパネル版

・EZBook 3 Proの後継となるEZBook X4。注目度も抜群
・14インチ Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・TNパネル版も併売していますが、おすすめはもちろんIPSパネル版
・IPSパネル版の価格は279.99ドルが基準に(セールにより変動あり)
・詳細ページに実機レビューあり

Chuwi LapBook SE

・13.3インチ IPSパネル、Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、128GB SSD搭載
・通常のセール価格は279.99ドル
・アルミを主体としたボディにシックな色調で質感高い
・Gemini Lake ノートの定番となりそうな予感

おすすめのWindows 10 ミニPC
Beelink Gemini X45 Premium

・Gemini Lake J4105を搭載。N4100より僅かながらも優位
・メモリ 6GB、ストレージはSSD 128GB
・11cm角の小さなボディに2.5インチHDDも増設可能
・ファンを搭載しながらもファンレスなみに静か
・このスペックで3万円未満

Alfawise T1

・Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、ストレージ 64GB
・SSDを増設、起動ドライブとして使用可。HDDの増設も可能
・ファンレス機のため静かで作業に集中できます
・2万円ちょいの価格でコスパ高い

VORKE V2 Pro
iconicon

・500ドル台半ばの価格となるハイエンド機
・第8世代のCore i7-8550U、メモリ8GB
・256GB NVME SSDの速さは圧巻、SATA接続とは別次元
・プレインストールのOSはUbuntu16.04

Win And I net

コメント