これは買い! Pentium J4205 搭載のWin 10 ミニPCが200ドル。Beelink J45のスペックと特徴

Windows 10のミニPCのなかでも特におすすめのメーカー・ブランドはBeelinkと直販。製品数も多く、造りもしっかりしたBeelinkと、EGLOBALに代表されるハイスペックな直販は、いづれもコスパの高い製品です。

そして、Beelinkのなかでも購入しやすいのがApollo Lake / Gemini LakeのミニPCですが、Apollo Lakeでも最高峰のJ4205を搭載するBeelink J45が199.99ドルで販売しています。

2022年4月8日追記。記事の内容が古くなりましたが、2022年4月8日時点のBeelinkの製品としては、CPUがJasper Lakeとなった、以下のU59がおすすめです。レスポンスは大幅にアップしています。また、Beelink J45と同じく、Pentium J4205を搭載する「ドンキ NANOTE NEXT」の詳細情報の記事も投稿しています。 
Beelink U59、Jasper Lake N5095を搭載し、RAM 16GB,SSD 512GB版が約31千円のミニPC、Win 11に更新可能
今でこそ多くのブランドからミニPCが販売されていますが、海外通販サイトでは老舗と言えるのが「Beelink」。私が初めて手にしたミニPCもBeelinkの製品ですが、 Jasper Lake N5095を搭載する「U59」が販売され...
ドンキ NANOTE NEXT、SSD搭載 7型UMPCのスペックと留意事項。Pentium J4205のレスポンス
7インチのUMPC ドンキ「NANOTE」のストレージがeMMCからSSDに変更され、2022年5月16日から「NANOTE NEXT」として販売、4月9日時点では以下の楽天市場にて 税込 32,780円で予約販売を行なっています。...
スポンサーリンク

Beelink J45のスペックと特徴

上の写真は、私が所有するBeelink X45 (Gemini Lake N4100を搭載)ですが、今回紹介のJ45はおそらくは同じボディを採用し、N4100が供給不足に陥っているためにApollo Lakeを搭載しているものと思われます。

さて、そのスペックは以下となります。

  • CPU : Intel Pentium J4205 4コア
  • GPU : Intel HD Graphics 505
  • メモリ : 4G / 8GB DDR4 (選択可)
  • ストレージ : 128GB / 256GB SSD (選択可)2.5インチ HDD / SSD 増設可
  • WiFi : デュアルバンド対応
  • Bluetooth : Bluetooth 4.0
  • ポート類 : USB 3.0 x 4、HDMI x 2、有線LAN
  • 重さ : 0.6700 kg
  • サイズ : 11.50 x 10.20 x 4.30 cm
  • OS : Windows 10 Home

 

見どころの多数あるBeelink J45ですが、ミニPCらしくポート類が豊富、2.5インチ HDD /SSDを増設可能であることを除いても以下の魅力があります。なお、私が同型のX45を使用して感じるメリットも記載しています。

  • CPUは、多くのミニPCで搭載のApollo Lake N3450 / Gemini Lake N4100ではなく、Apollo Lakeの最高峰 J4205を搭載。前記の2つと比較し大きく体感できるほどではないのですが、同一価格帯でスペックアップはうれしい仕様。
  • メモリ固定のミニPCが多いなか、メモリ・ストレージ容量とも選択制。
  • 間違いなく私が所有するX45と同じ構成だと思いますが、その場合 スチールを採用したボディの剛性は高く、また、CPUファンの音はファンレスと変わらないほどに静か。

 

なお、 J45が搭載するPentium J4205は、データ量が5万行程度のExcelでもスムーズに動作し、Webサイト閲覧やWordなどのライトユースで遅いと感じることは全くありません。

Apollo LakeでのOffice 365 Excelの使用感、大量データでも意外と動作はサクサク
エントリークラスのCPUであるApollo Lake N3450のWindows 10 PCにて、Office 365 SoloのExcelを、データ量 5万行の仕事用のファイルで使用してみると意外とサクサクと動作します。今回は、A...

Beelink J45の外観と機能性

続いて外観と機能性について記載します。ミニPC、TV Boxを多くリリースしているBeelinkのこと、さすがに他社のミニPCと比べると、HDDの取付部などの細かなところでも、造りはしっかりしています。

 

▼ミニPCらしく豊富なポート類。私のX45と同型のはずですが、とするとボディはプラスチック製ではなくスチール製。

 

▲▼2.5インチ HDD / SSDの取付部は簡易的なものではなく、ネジでの固定によるしっかりとしたものです。ただし、私のHDD 取付事例では、熱がこもりやすいのか、HDDを取り付けるとファンの稼働する頻度が高くなり、現在はHDDを外しています。

 

▼参考までに、所有するBeelink X45のレビュー記事です。ボディの構成・各種増設なども記載しています。

 

▼参考ですが、私がX45で使用しているキーボードはロジクールのK380。小さなX45 / J45にマッチし、コンパクトなキーボードながらも快適にタイピングできます。また、マルチペアリングに対応しており、3台のPCを瞬時に切り替えて使用可能です。

ロジクール K380、長期運用再レビュー。快適タイピングの3つの特徴
2017年10月に購入したロジクールのキーボード「K380」ですが、暖かくなりコタツでのノートPCを使用する頻度が少なくなったこと、そして23.6インチの液晶モニターを購入しこと(机上での作業時間が増えたこと)に伴い、このK380を...

まとめ

ボディの剛性も高く、メモリ・ストレージの容量を選択可能なBeelink J45。Apollo Lake / Gemini Lake クラスのミニPCで迷った場合には、J45を選んでおけば間違いなし。

 

▼メモリ 4GB / ストレージ 128GB SSDの最小構成の 199.99ドルから。2019年5月7日時点の価格となり、その価格は流動的です。、AliExpressでの価格は199ドル(2022年4月8日時点)。

Beelink J45、AliExpress

 

 

2022年4月8日追記。記事の内容が古くなりましたが、2022年4月8日時点のBeelinkの製品としては、CPUがJasper Lakeとなった、以下のU59がおすすめです。レスポンスは大幅にアップしています。また、Beelink J45と同じく、Pentium J4205を搭載する「ドンキ NANOTE NEXT」の詳細情報の記事も投稿しています。 
Beelink U59、Jasper Lake N5095を搭載し、RAM 16GB,SSD 512GB版が約31千円のミニPC、Win 11に更新可能
今でこそ多くのブランドからミニPCが販売されていますが、海外通販サイトでは老舗と言えるのが「Beelink」。私が初めて手にしたミニPCもBeelinkの製品ですが、 Jasper Lake N5095を搭載する「U59」が販売され...
ドンキ NANOTE NEXT、SSD搭載 7型UMPCのスペックと留意事項。Pentium J4205のレスポンス
7インチのUMPC ドンキ「NANOTE」のストレージがeMMCからSSDに変更され、2022年5月16日から「NANOTE NEXT」として販売、4月9日時点では以下の楽天市場にて 税込 32,780円で予約販売を行なっています。...

 

▲▼Beelink U59と同スペックのミニPCのレビュー記事はこちら。

TRIGKEY Green G2、Jasper Lake N5095搭載 ミニPC 実機レビュー。ベンチスコアはCore i5-5200U相当、かなりおすすめの200ドルPC
2021年11月26日時点では、CPUにJasper Lakeを搭載する製品は多くないなか、Banggoodから販売の「TRIGKEY Green G2」は Jasper Lake N5095を搭載し、メモリスロットを2つ装備してい...
ミニPC
スポンサーリンク
kenkenをフォロー。Twitterでも記事更新を配信しています。
スポンサーリンク
Win And I net

コメント

タイトルとURLをコピーしました